紅茶

紅茶が苦い!渋い!その理由は○○だった!

紅茶の味わいの特徴には「苦味」や「渋み」がありますが、その特徴を好む人もいれば好まない人もいますよね。

特に紅茶を飲む機会が少ない人にとっては、苦〜い渋〜い紅茶は結構飲みにくいものです。

そこで今回は、紅茶を「苦い」「渋い」と感じる原因について考え、過度な苦味や渋みを抑えるためのポイントをご紹介します。

「紅茶の苦味や渋みが苦手」「紅茶を上手に淹れられない」「何度やっても苦味や渋みが出てしまう」と悩んでいる人は、ぜひここでご紹介する対策方法を試してみてくださいね!

苦い!渋い!紅茶の味に関わる不思議

紅茶を「苦い!」「渋い!」と感じる理由は、紅茶の主成分である「タンニン」という成分が大きく関わっています。

ここでは、紅茶が苦くなってしまったり渋くなってしまったりする原因について詳しくご紹介します。

茶葉の種類

一口に紅茶といっても、その種類は実に様々。

世界最大級の紅茶生産国である「インド」「スリランカ」「ケニア」はもちろん、お茶の生産が盛んな中国や日本などのアジア圏でも紅茶は栽培されています。

茶葉の産地が異なると紅茶の味わいにも大きな変化がもたらされ、茶葉の苦味や渋みの度合いが異なります。

苦味や渋みの多い紅茶といえば、ミルクティーに合うようなコクの深い茶葉「アッサム」「ウバ」をはじめ、紅茶の王道としてよく知られる「ダージリン」「セイロンティー」など。

一方で、苦味や渋みの少ない茶葉は「キャンディ」「日本産の和紅茶」など。

特にマイルドで飲みやすいと感じるのは「ネパール産の茶葉」で、紅茶の苦味や渋みが苦手な人たちからも絶大な支持を集めているんですよ!

「なんだか紅茶が渋い…」と感じるのであれば、真っ先に茶葉の種類をチェックしてみてください。

抽出時間が長い

私は仕事柄、様々な紅茶を毎日のように飲みます。

そこで感じるのが、一般的に「渋みが少ない」と謳われている茶葉であっても、淹れ方によって苦味や渋みが出やすいということ。

紅茶の抽出時間は、ティーバッグタイプであれば1〜3分、リーフタイプであれば5分程度です。

基本的には各メーカーが指定する抽出時間を守っているのですが、たまに時間オーバーしてしまうことがあるんですよね…。

指定された蒸らし時間を大幅に超えてしまったときに必ず感じることは、きちんと淹れたときよりも紅茶の苦味や渋みが強調されているということ!

うまく表現できませんが、抽出時間が極端に長くなってしまったときの苦味や渋みは、紅茶の深みやコクにつながるインパクトではなく、明らかに「飲みにくさ」を感じさせます。

茶葉の種類や形状・グレードなどによって適切な抽出時間は異なるので、余計な苦味や渋みを抑えるためにも、抽出時間は必ずメーカーが指定する時間にしてみてください。

茶葉の量が多い

「苦味や渋みの少ない茶葉を使っている」「きちんと抽出時間を守っている」のに、紅茶の苦味や渋みが気になる場合もありますよね。

そんなときに考えられるのは、水の量に対して使用する茶葉の量が多すぎてしまっているというトラブルです。

「200ml程度の水に対してティースプーン1杯分(3g)の茶葉」が美味しい紅茶を淹れる基準の量なので、ぜひ覚えておきましょう。

ただし、この適量も各メーカーや茶葉の種類によって微妙に異なります。必ず紅茶のパッケージを確認し、淹れ方を確認することが大切ですよ!

軟水を使用している

水には「軟水」と「硬水」がありますが、この違いは紅茶の味わいに大きく関わっていることをご存知でしょうか?

ヨーロッパ圏では「軟水用の紅茶」「硬水用の紅茶」など、水の種類に合わせた紅茶が発売されているほど、水によって紅茶の味に変化がもたらされるんです。

紅茶が苦くなってしまう原因のひとつとして考えられるのは、苦さや渋さを引き立ててしまう働きを持つ「軟水の水」を使用していること。

紅茶を淹れる際には、ぜひ水の硬度にも注目して選んでみるといいですね。

ちなみに、日本の水道水はほとんどが硬度100未満の「軟水」です。

軟水は紅茶の苦さや渋さを引き立ててしまうとはいえ、裏を返せば「紅茶の成分をしっかりと抽出することができる」ことにもつながっています。

紅茶を淹れるのに軟水はぴったりですが、苦味や渋みを抑えたいのであればミネラルウォーターなどの硬水を利用してみるのもいいでしょう。

苦い紅茶や渋い紅茶が苦手な人は…

紅茶の苦味や渋みは「紅茶の特徴」として捉えられ、その味わいに魅了される人も少なくありません。

しかしながら、紅茶市場を見てみると、苦味や渋みの少ない種類に人気が集まっているのも事実。

「紅茶の苦味が好きになれない」「渋くならない紅茶が飲みたい」という場合は、ここでご紹介する対策を取り入れてみてください。

タンニンが少ない種類をチョイス!

紅茶に含まれる成分である「タンニン」は、紅茶の苦さや渋みの元になっている成分。タンニンの量が少ない紅茶を選ぶことで、感じられる苦味や渋みは少なくなります。

タンニンが少ないおすすめ紅茶は「ディンブラ」「キャンディ」「和紅茶」など、クセが少なくて飲みやすい種類。

最近話題になっているネパール紅茶も驚くほど苦味や渋みが少ないので、ぜひ試していただきたい種類です。

LINK TEAの「オータムナル」は、今まで私が飲んできた紅茶の中でダントツに苦味と渋みの少ない味わいです。

抽出時間をかなりオーバーしてもほとんど渋みを感じることがなく、オータムナル本来の甘さやコクをしっかりと感じられる口あたり!

苦味や渋みが気になる人にはぴったりの味わいなので、ぜひ試してみてくださいね。

茶葉の収穫時期も要チェック!

紅茶には「ファーストフラッシュ」「セカンドフラッシュ」「オータムナル」といって、1年に3度の収穫時期があります。

紅茶の魅力といえば、同じチャの木から採取される茶葉でも、収穫時期の違いによって味わいが大きく変化することです。

その年の1番最初に摘まれるファーストフラッシュは新芽なので味わいがスッキリとしていて、緑茶のような爽快感ある苦味や渋みが特徴的!

夏頃に採取されるセカンドフラッシュは最もクオリティーの高い茶葉に仕上がるといわれていて、ファーストフラッシュよりも青臭さが控えめでまろやかです。

葉が成熟した秋頃に採取されるオータムナルは、コクがあって力強い飲み口!種類によっては最も苦味や渋みが抑えられることもありますが、反対に渋みが強くなってしまうこともあります。

同じ種類の茶葉でも収穫時期によって味が180度変わるので、収穫時期にも注目してみてください。

紅茶を「苦い」「渋い」と感じるには理由があった

紅茶を「苦い」「渋い」と感じるには、茶葉の種類だったり淹れ方だったり、様々な原因や理由がありました。

まずは「茶葉の分量を守る」「抽出時間を守る」ことに意識を向けてみて、それでも苦味や渋みに変化が現れない場合は茶葉の種類を変えてみてもいいかもしれませんね!

《限定》Linkteaのお試し秋摘み紅茶をプレゼント!

Linkteaはネパール紅茶をベースにした紅茶を専門販売しております。

  

今回、LINE@に登録していただいた《紅茶好きの方》に、
好評である秋摘み紅茶を無料プレゼントさせていただきます!

・最新情報やイベント出店情報
・LINE@限定で無料で商品プレゼント(不定期)
・Linkteaの紅茶で分からないことがある
・購入前に聞いてみたい方
・紅茶を取り扱いたい方

LINE@にて気軽にお問い合わせください!

“buyer”

ABOUT ME
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎