紅茶

究極のロイヤルミルクティー!おすすめの茶葉や作り方とは?

紅茶とハーブティーを販売している、linkteaのwebマガジンです。

濃いめに抽出した紅茶液に、たっぷりのミルクを入れたミルクティーは、飲むだけでほっとする優しい味わいですよね。

一言でミルクティーといっても、紅茶にミルクをいれたものから鍋で煮出すものまで、種類や作り方はさまざまです。

そんなミルクティーの中でも、特に人気が高いのがロイヤルミルクティーです。コクのあるリッチな味わいは、誰もが大好きな味ではないでしょうか?

そこで今回はいつもと一味違った、濃厚な味わいのロイヤルミルクティーの作り方について紹介したいと思います。

おすすめの茶葉や、美味しいロイヤルミルクティーのアレンジレシピ、ミルクティーにぴったりな牛乳なども解説しているので、ぜひ参考にして下さいね!

ロイヤルミルクティーは日本だけ?


ロイヤルミルクティーというと、ミルクをたっぷり入れて煮出したリッチなミルクティーのイメージがあると思います。

「ロイヤル」と名前がつくだけあって、イギリスの伝統的なミルクティーと思われがちですが、実は日本の飲料メーカーが作った和製英語です。

ミルクたっぷりの紅茶ドリンクを売り出すときに、高級感がありリッチなミルクティーのイメージで、英国のロイヤルから「ロイヤルミルクティー」と名付けました。

日本でしかロイヤルミルクティーという言葉は存在しないので、海外に行ってミルクティーを注文する時は気をつけてくださいね。

また、ロイヤルミルクティーには厳密な定義はなく、ミルクと水の比率が半々、またはミルクの方が半分以上使われているミルクティーのことを一般的に指すようです。

ミルクをたくさん入れた方がコクが出て美味しく感じますが、ミルクのみで紅茶を煮出しても紅茶の味やうまみをしっかり抽出できないので、必ず水も使うようにしましょう。

作り方
ミルクティー紅茶を作ってから、その中に牛乳を加える紅茶のリッチな味わいと牛乳のコクを楽しめる
ロイヤルミルクティーお湯と牛乳で茶葉を煮出すミルクティーよりも濃厚で深みのある味わい

ミルクティーもロイヤルミルクティーも同じミルクティーですが、細かな作り方に違いがあります。

ミルクティーは「できた紅茶に牛乳を注ぐだけ」なので比較的簡単に作れますが、ロイヤルミルクティーは小鍋でお湯と牛乳を煮出さなければいけません。

また、国内でも地域によってはミルクティーとロイヤルミルクティーの定義が異なることもあります。小鍋で煮出さなくても「お湯より牛乳の割合が多ければロイヤルミルクティー」だと考えるケースも少なくないようです。

ミルクティーに合う牛乳の話

牛乳にも様々な種類がありますが、美味しいミルクティーを淹れるには牛乳選びもとても大切。

日本で一般的に売られている牛乳は、イギリスで売られている牛乳よりも薄く、乳脂肪分が3.5以下のものが多いです。

それに対してイギリスでは乳脂肪分4.0以上のものが多く、そのためイギリスで飲む紅茶はこのミルクに合うように作られています。

本格的な美味しいミルクティーを淹れる場合は、乳脂肪分が4.0以上の牛乳を選ぶのがおすすめです。

また、低温殺菌の牛乳も高温殺菌の牛乳に比べて、甘みやコクがあり美味しいミルクティーを作ることが出来ます。

美味しいロイヤルミルクティーを作る時は、「乳脂肪分4.0以上」または「低温殺菌」の牛乳を選ぶのがおすすめです。

以下の一般的な乳脂肪分の比率を参考にしてみてください。

スキムミルク乳脂肪分:ほぼなし
低脂肪牛乳乳脂肪分1〜2%
高脂肪牛乳乳脂肪分約3%

 

ミルクティーの種類と特徴


一口にミルクティーといっても、茶葉の種類や形状・容器の違いなど豊富な種類があります。ここでは、市販品に多く見られるミルクティーを紹介します。

ペットボトル

市販されているミルクティーの多くは、手軽に飲めるペットボトルタイプです。コンビニエンスストアやスーパーなどでもよく見かけますよね。

持ち運びもできて便利ではありますが、やはり気になるのはペットボトルによる害です。プラスチック製の容器や食器から有害物質が溶け出す…と心配する人も増えてきました。

ペットボトルにおける害の有無は明らかになっていませんが、環境問題を考慮しても多用を控えたい種類です。

自動販売機などでよく見かける缶タイプのミルクティー。近年ではミルクティーだけではなく、ロイヤルミルクティーなどの種類も充実してきました。

缶タイプのミルクティーはホットにしても冷めにくく、温かさを楽しめるので冬場にぴったりです。

インスタント粉末

茶葉・砂糖・乳粉末がブレンドされているインスタントタイプは、お湯や水を注ぐだけで手軽にミルクティーが作れる便利な種類です。

忙しい朝の時間帯はもちろん、持ち運びもしやすいので会社の休憩時間にも利用しやすいでしょう。

ティーバッグ

ティーバッグタイプのミルクティーは、ティーバッグの中に茶葉とクリーミーパウダーがブレンドされているので、普通の紅茶のように簡単に淹れられます。

メーカーによって「砂糖あり」「砂糖不使用」などこだわりが見られますので、好みに合わせたものを選んでください。

ミルクティーは茶葉から作るのがおすすめ!

市販のミルクティーは手軽で便利ですが、より紅茶の味わいやミルクティーの魅力を感じたい場合は「茶葉から作る」のがおすすめです。

茶葉から作るミルクティーは、紅茶の華やかさ・深いコク・ミルクの重厚感などをしっかりと楽しめます。マイボトルなどに入れて持ち運びもできるので、ぜひ作ってみてください。

また、小鍋で茶葉と牛乳を煮出す時間がない場合でも大丈夫!マグカップで簡単に作る方法もあるので、後ほど詳しく紹介しますね。

ミルクティーといえば「紅茶がベース」はもう古い?ハーブティーを利用したミルクティーが絶品!以下の記事をご覧ください。

カモミールミルクティーの効果と美味しいレシピ 紅茶とハーブティーを販売している、linkteaのwebマガジンです。 カモミーティーはカフェインが入っていないハーブ...

ミルクティーに合うおすすめの茶葉


ミルクと相性が良い茶葉は、基本的にはタンニンの含有量が多い、濃厚な味わいと濃い水色の紅茶がおすすめです。

ここではミルクティーのタイプ別におすすめする、茶葉をご紹介します。お好みのミルクティーはどんなタイプですか?以下の記事も参考にしてみてください。

ミルクティーに合う!おすすめの紅茶葉5選 紅茶とハーブティーを販売している、linkteaのwebマガジンです。 寒い季節は無性に「ホットミルクティー」が飲みた...

濃厚なコクを楽しむミルクティーには

コクのある味わい深いミルクティーを作るには、渋み成分がしっかりある茶葉がおすすめです。渋み成分のタンニンは、牛乳と合わさることによって濃厚なコクへと変わります。

砂糖をたっぷり入れるとさらに味わいが深くなり、飲むだけで心がほっと落ち着くような優しいロイヤルミルクティーができあがります。

おすすめ茶葉:CTC茶葉、アッサム、ブレックファーストなど

CTC茶葉 500g 少し大きなグレードの高い茶葉 業務用 マサラチャイ用 BOPS

ネパール産のCTCの茶葉を、茶園より直輸入!一般的なCTC茶葉に比べて形状がやや大きく、ミルクティーはもちろんストレートでも楽しめるグレードの高さが魅力的です。

夏はストレートでアイスティー、冬はスパイスをたっぷりと加えてホットマサラチャイで楽しんでみてはいかがでしょうか。

スパイス・ミルク・砂糖を入れると紅茶のコクがより深まり、どっしりとした飲み口を堪能できます。

爽やかなミルクティーには

さっぱりした後味で軽やかな味わいの紅茶が好みの方は、爽やかな香りの茶葉を使ったミルクティーはいかがでしょうか?

ミントのようなメンソール香があるクオリティーシーズンのウバや、柑橘類のベルガモットの香りをつけたアールグレイなどもミルクティーにとても合います。

後味が爽やかなので、食事と合わせても美味しいですよ。

おすすめ茶葉:ウバ、アールグレイなど

linkteaのアールグレイは天然のベルガモット香料や柑橘系のハーブをブレンド。

自然なベルガモットの香りを楽しめると好評のフレーバーティーです。

ちょっと変わった大人ミルクティーには

いつもはアッサムやアールグレイなどでミルクティーを楽しんでいるけれど、時にはちょっと変わったミルクティーを飲みたい!という方には個性的な茶葉がおすすめです。

紅茶の中でも、スモーキーな燻製香がある中国紅茶のキーモンや、スリランカの低地産紅茶のルフナなどで作るミルクティーは、まさに大人な味わいです。

ストレートで飲むときよりもクセがまろやかになるので、キーモンやルフナが苦手な方もミルクティーにすると美味しく感じるかも知れませんね。

おすすめ茶葉:キーモン、ルフナなど

ミルクティーに合う茶葉は、こちらの記事でも解説しています。

ミルクティーに合う!おすすめの紅茶葉5選 紅茶とハーブティーを販売している、linkteaのwebマガジンです。 寒い季節は無性に「ホットミルクティー」が飲みた...

 

濃厚な味わいのロイヤルミルクティーの作り方


ロイヤルミルクティーにも色々な作り方がありますが、今回は茶葉を多めに使い乳脂肪分の高い牛乳をたっぷり使った、究極のロイヤルミルクティーの作り方をご紹介します!

今までのロイヤルミルクティーに満足出来なかった方や、濃厚なミルクティーが好きな方はぜひ試してみてください。

紅茶のコクと香りが広がるロイヤルミルクティー

【材料】2杯分

  • 熱湯/200㏄
  • 牛乳(乳脂肪分4.0以上のもの)/200㏄
  • 砂糖/20g
  • 茶葉(アッサムCTCがおすすめ)/18g

【作り方】

  1. ティーポットに熱湯を入れて温めておく。お湯をすて、茶葉を入れる。
  2. 熱湯を注ぎ、蓋をして3分ほど蒸らす。(リーフタイプの茶葉は5分)
  3. 茶こしでこしながら、温めたセカンドポットに最後の一滴までしっかり移す。
  4. 紅茶が熱いうちに砂糖を加え、スプーンで混ぜてしっかり溶かす。
  5. 手鍋に牛乳を入れ、弱火で沸騰させないように温める。④のセカンドポットに静かに注ぎ、スプーンで軽く混ぜて出来上がり。

通常のミルクティーの3倍の茶葉を使って、濃く抽出した紅茶液に、乳脂肪分たっぷりの牛乳を合わせた濃厚なロイヤルミルクティーです。

最初から甘さを加えることによって、まろやかな口当たりになり、角がない丸みを帯びた味わいになります。

ポイントは牛乳を沸騰させないことと、乳脂肪分の高い牛乳を使うことです。

アイスロイヤルミルクティー

アイスでもロイヤルミルクティーを楽しむことができます。氷を入れるので濃いめに抽出しましょう。

【材料】

  • 紅茶袋またはティーバッグ 2個
  • 熱湯 200ml
  • 砂糖 大さじ2
  • ミルク 100ml

【作り方】

  1. 紅茶袋またはティーバッグを2個用意し、カップに入れます。
  2. 熱湯200mlを注いで、5分程度蒸らします。
  3. 砂糖大さじ2を加え、スプーンでよくかき混ぜます。
  4. ミルク100mlを注ぎ入れ、再度かき混ぜます。
  5. カップに氷を入れ、3の紅茶ミルクを注いで完成です。

アイスロイヤルミルクティーの甘さは好みに合わせて調整してください。

また、紅茶の種類によっては蒸らす時間や量を変える必要がある場合がありますので、ご自身のお好みに合わせて調整してください。

ヘルシーなロイヤルミルクティー

ロイヤルミルクティーには砂糖や牛乳が使われていて、美味しいけどカロリーが気になるという方もいるのではないでしょうか。

ここではヘルシーなロイヤルミルクティーのレシピもご紹介します。

【材料】

  • 紅茶(アッサム、ダージリン、セイロンなど): 2ティーバッグまたは大さじ2
  • 水: 200ml
  • 低脂肪牛乳または無脂肪牛乳: 200ml
  • 甘味料(はちみつ、アガベシロップ等): お好みで

お好みで:シナモンスティック、カルダモン、オレンジピール

【作り方】

  1. 水を沸騰させ、紅茶を入れたティーポットや耐熱容器に注ぎます。約3〜5分、お好みの濃さになるまで蒸らします。
  2. 低脂肪牛乳または無脂肪牛乳を別の鍋で温めます。沸騰させないように注意してください。
  3. 紅茶を濾し、温めた牛乳と一緒にカップに注ぎます。
  4. お好みで甘味料を加え、よくかき混ぜます。はちみつ、アガベシロップ、ステビアなど、低カロリーの甘味料を選んでください。

※お好みでシナモンスティック、カルダモン、オレンジピールなどを加えて、風味を変えて楽しむのもおすすめです。

低脂肪・無脂肪の牛乳と低カロリーの甘味料を使用して、カロリーを抑えています。

また、お好みでスパイスやオレンジピールを加えることで、栄養価と風味を向上させることができます。

お好みでアレンジしながら、ヘルシーなロイヤルミルクティーをお楽しみください。

ティーバッグで作る「お手軽ロイヤルミルクティー」

【材料】

  • CTC茶葉のティーバッグ2個
  • 熱湯: 100ml
  • 牛乳:200ml
  • 甘味料(はちみつ、メープルシロップ等): お好みで

【作り方】

  1. 温めておいたカップにティーバッグと熱湯を注ぎ、皿などで蓋をして4〜5分蒸らす。
  2. 牛乳を小鍋で人肌に温め(沸騰はさせない)1に加え、さらに2〜3分蒸らす。
  3. ティーバッグを取り除き、お好みで甘味料を加える。

ロイヤルミルクティーといえば「小鍋で煮出さなければいけない」と思われがちですが、実はティーバッグを使用して簡単に作ることもできます。

ティーバッグで美味しく作るコツは?

ティーバッグで美味しいロイヤルミルクティーを作るコツは、ティーバッグを倍量準備することです。煮出すことをしない代わりに、茶葉をたっぷり使用して紅茶の濃さを調節してください。

また、紅茶成分をしっかりと抽出しようと思って「ティーバッグをスプーンなどで圧迫する」「ティーバッグを揺すりすぎる」ことはNG!

これをしてしまうと、紅茶のえぐみや苦味が出てしまうので控えてください。煮出さなくてもしっかりとコクのあるロイヤルミルクティーにするには、CTC製法の茶葉を選ぶのも大きなポイントです。

ちょい足しでさらに美味しい!メープルロイヤルミルクティー


そのままでも美味しいロイヤルミルクティーですが、ちょっと材料を足すだけでさらに美味しく変身します。

今回は砂糖の代わりにメープルシロップを加えた、優しい甘さのロイヤルミルクティーの作り方をご紹介します。

メープルロイヤルミルクティー

材料/2杯分

  • 茶葉(クセのないもの)/6g
  • 水/150㏄
  • 牛乳/250㏄
  • メープルシロップ/30g

作り方

  1. 手鍋に水を入れ沸騰させる。茶葉を入れ火を止め、蓋をして5分ほど蒸らす。
  2. 牛乳を注ぎ入れ、弱火で沸騰させないように温める。
  3. 温めたティーカップにメープルシロップを15gずつ入れておく。
  4. 茶こしでこしながらティーカップに注ぎ、スプーンで混ぜて出来上がり。

ゆるく泡立てた生クリームを表面に浮かべても美味しいです。ぜひ試してみてくださいね!

ロイヤルミルクティーにぴったりなスイーツ

ロイヤルミルクティーのみでも良いですが、スイーツと一緒に楽しむことでその風味はさらに引き立ちます。

ここではロイヤルミルクティーにぴったりなスイーツをご紹介します。

ショートブレッドバターと砂糖のシンプルな風味が、ミルクティーの甘さを引き立てます。
スコーンイギリスの伝統的なお茶うけとして知られるスコーンは、甘さ控えめでさっくりとした食感が特徴。ミルクティーと一緒に食べると、その風味が引き立ちます。
マカロンマカロンの甘さとアーモンドの風味が、ロイヤルミルクティーの芳醇な香りとよくマッチします。
フルーツタルトフルーツの甘酸っぱい酸味がロイヤルミルクティーの甘さを引き立てます。
チョコレートケーキリッチなチョコレートの甘さがロイヤルミルクティーと絶妙に調和し、深い風味を引き立てます。
チーズケーキチーズケーキのクリーミーな味わいと甘さがロイヤルミルクティーの滑らかさと合います。

ロイヤルミルクティーと特別なティータイムを楽しむには、自分の好みに合ったスイーツを見つけることも大切です。

色々なペアリング試して、自分だけの最高の組み合わせを見つけてみてくださいね。

味わいと香り豊かなロイヤルミルクティーを楽しもう


いかがでしたでしょうか?

美味しいロイヤルミルクティーは、タンニンの多い茶葉と乳脂肪分の高い牛乳を使うのがポイントです。

好みのミルクティーに合わせて、茶葉の種類を変えて楽しんでみるのもいいですね。濃厚なロイヤルミルクティーのレシピも、ぜひ試してみてください。

ほっと心が落ち着くロイヤルミルクティーで、贅沢なティータイムを楽しみましょう。

ロイヤルミルクティーのアイスクリームをティータイムにいかがでしょうか♪

濃厚なくちどけ!ロイヤルミルクティーのアイスクリームlinkteaの紅茶を使ったお菓子レシピ第14弾は、暑い季節におすすめのひんやりアイスクリームです。 紅茶の香り豊かなロイヤルミル...

LINE@お友達登録で200円offプレゼント中!

Linktea はネパールから直接茶葉を輸入している紅茶専門店です。

渋みが少なく、芳醇な青々しい香りの茶葉を使用。

ハーブティーも作っています。

今ならLINEにお友達追加で、200円クーポンをプレゼント中です!

【200円OFFクーポン】
LINE@お友達追加はこちら→

Amazonからの
購入はこちら→
ABOUT ME
hana_sora
パティシエ兼ティーインストラクター。今までの知識と経験を活かし、皆様に紅茶の素晴らしさを伝えるため、webライターとして活躍中。美味しい紅茶は人生を豊かにしてくれます。好きな紅茶はダージリンオータムナル