ハーブティー

ルイボスティーは妊活に効果なし?副作用を知って正しく飲む方法

紅茶とハーブティーを販売している、linkteaのwebマガジンです。

ノンカフェインでさまざまな栄養素を含むルイボスティーは、しばしば「妊活」に取り入れられることがあります。

ルイボスティーを飲むことで美容や健康方面に確かな効果を感じている方も多い一方で、「妊活への効果はなし」と感じている方も少なくありません。

そこで今回の記事では、ルイボスティーは妊活におすすめできるハーブティーかどうかについて詳しく解説します。

ルイボスティーとは

ルイボスティーそもそもルイボスティーとは、南アフリカの一部分でのみ育つ植物です。古くから「不良長寿のお茶」として親しまれてきただけあり、美容や健康などさまざまな効果が期待できます。

特に、老化の原因になると考えられている「活性酵素」を除去する抗酸化作用に優れ、体の内側から若々しさや健康のサポートをしてくれるそうです。

さすが「不老長寿のお茶」といわれているだけに、健やかな体を維持したい方や、老化の進行を食い止めたいという方にも人気です。

ルイボスティーには2種類ある

一口にルイボスティーといっても、その種類は「発酵させたレッド・ルイボスティー」「未発酵のグリーン・ルイボスティー」の2つに分類されます。

市場に出回っているルイボスティーとは「レッド・ルイボスティー」のことを指し、赤ワインのような鮮やかな水色とほのかな甘さが魅力的。

一方で、発酵させずに作られたグリーン・ルイボスティーは製造方法が特殊であることから大量生産できず、希少価値が高くて手に入りにくいという特徴があります。

また、グリーン・ルイボスティーはレッド・ルイボスティーよりも栄養価が高く、フラボノイドはレッドの10倍以上、アスパラチンは約81倍も含まれています。

味わいもレッドに比べるとさっぱりしているため、日本食などの食事を重視したい方や緑茶好きの方にもぴったりでしょう。

グリーンルイボスティーの効果効能について、こちらの記事でも解説しています。

グリーンルイボスティーの効果とは?ルイボスティーとの違いを解説ルイボスティーには「グリーンルイボスティー」と呼ばれる、従来のルイボスティーよりも希少価値の高い種類があることをご存じでしょうか?ここではグリーンルイボスティーの効果や味だけではなく、ルイボスティーとの違いについてもご紹介していきたいと思います。...

妊活に効果なし?ルイボスティーの働きとは

ルイボスティールイボスティーにはさまざまな健康効果が期待されていますが、中でも優れているのは「抗酸化作用」です。

ルイボスティーの中には優れた抗酸化作用がある「ポリフェノール」や、ホルモン分泌に欠かせない物質である「亜鉛」も豊富に含まれています。

妊娠するためには、女性だけではなく男性のホルモン分泌バランスも大切。

ルイボスティーには「ホルモン分泌を整える」という作用に加えて「生殖機能の老化防止効果」も期待できることから、妊活に励む男女から支持されています!

ただし、ルイボスティーは薬ではありません。数日飲んだからといってすぐ妊娠に結びつくわけではなく、妊娠につながりやすいい体質に整えてくれるサポート的な存在。

「ルイボスティーを飲んでいるのに全然妊娠しない」と感じている方は、ルイボスティーの正しい飲み方を再確認してみたり、ルイボスティーの種類を変えてみたりするのもひとつの方法です。

妊活・妊娠中におすすめのルイボスティーについて、こちらの記事でも解説しています。

妊活・妊娠中におすすめの「ルイボスティー」とは?効能や種類まとめカフェインが入っていないことから、妊娠中・妊活中の女性から絶大な支持を得ている「ルイボスティー」! 今回はルイボスティーの効能や効...

妊活中のカフェイン摂取は?

妊活中、カフェインの摂取には注意が必要です。

過剰なカフェイン摂取は、妊娠の確率を低下させることが研究で示されており、また妊娠初期に多くのカフェインを摂取すると流産のリスクが高まることが報告されています。

一般的に、妊活中の女性は1日あたりカフェイン摂取量を200mg以下に抑えることが推奨されています。これは、約2杯のコーヒーに相当します。

このような背景から、カフェインフリーの飲み物が妊活中におすすめされます。その中でも、ルイボスティーは妊活に最適な選択肢の一つです。

ルイボスティーは、南アフリカ原産のルイボスという植物から作られた赤茶で、カフェインを一切含まず、さらに鉄分やポリフェノールなどの栄養素が豊富に含まれています。

これらの成分は、妊娠を望む女性の体に有益な効果をもたらすことが期待されています。

妊娠中のルイボスティーの適量は?

ルイボスティーはカフェインフリーであるため、妊娠中の女性にとって嬉しい飲み物です。妊娠中でも、一日に2~3杯のルイボスティーを飲むことが一般的に推奨されます。

ただし、特に妊娠初期には、体質や体調により異なる反応があるかもしれないので、適量を守りつつ、自分の体調をしっかりと確認しながら飲むようにしましょう。

毎日の摂取量を一定に保ち、突然大量に飲むことは避け、常に体の反応を注意深く観察することが大切です。不安な点があれば、必ず医師や専門家に相談してください。

ホットルイボスティー

温かいルイボスティーは、体を温めるだけでなく、リラクゼーション効果もあるので、妊娠中のストレス軽減に役立ちます。

カップにルイボスティーのティーバッグを入れ、熱湯を注いで約5分間蒸らして完成です。

ティーバッグを取り出した後、お好みでハチミツやレモンスライスを加えると、風味が豊かになります。

冬の時期には、シナモンスティックを一緒に入れることで、暖かさとスパイシーな香りが楽しめます。

毎日のリラックスタイムに、このシンプルながらも味わい深いルイボスティーを楽しんでください。

アイスルイボスティー

妊娠中は体温が上がりやすいため、冷たいルイボスティーは爽快感を提供してくれます。

作り方は温かいティーと同じで、蒸らした後に冷蔵庫で冷やします。しかし体を冷やしすぎないよう、飲み過ぎには注意しましょう。

甘みやトッピング

ルイボスティーの風味を引き立てるために、ハチミツやレモンなどを加えると良いでしょう。ただし、妊娠中は糖分の摂りすぎに注意してください。

ルイボスティーは妊活に効果なし?その理由は

ルイボスティー「ルイボスティーを飲んでもなかなか妊娠しない…」と悩んでいる方もいますが、なぜルイボスティーが妊活に効果なしといわれているのでしょうか。

ここでは、ルイボスティーを飲んでもなかなか妊娠しない場合、考えられる原因をご紹介します。

ルイボスティーは薬ではないから

妊活中のカップルのなかには、体質改善や食事改善・適度な運動など、妊娠しやすくなるためにさまざまな努力をしている方たちが目立ちます。

ルイボスティーの摂取もその取り組みのひとつですが、ルイボスティーは薬ではないため即効性が期待できたり、明らかな妊娠につながる傾向が見られたりするわけではありません。

ルイボスティーはあくまでも「体の調子を整えやすくする飲み物」であって、飲めば必ず妊娠できるものではありません。

ルイボスティーに過度な期待をするのではなく、食事改善や生活習慣改善などの取り組みの一環として、日々に取り入れてみましょう。

正しく飲めていないから

ルイボスティーの中には妊娠しやすい体調に整えてくれる成分が豊富ですが、ルイボスティーを淹れる際にはちょっとしたコツがあります。

妊活におすすめの抗酸化作用がある「ポリフェノール」は、熱湯で5分程度煮出すことでその成分が水中に抽出されると考えられています。

そのため、ルイボスティーを入れる際に十分に抽出していない場合は、抗酸化作用の高いポリフェノールがしっかりと摂取できていない可能性もあるでしょう。

体に疾患があるから

「不老長寿のお茶」といわれているルイボスティーですが、すでに体のどこかに疾患がある場合は、ルイボスティーの作用も感じにくくなってしまうかもしれません。

例えば、生殖器になんらかの問題や疾患がある場合がその代表例です。「無排卵」「無精子症」など、妊娠の妨げになってしまう疾患が潜んでいる可能性も!

なかなか妊娠につながらない場合は、早めに医療機関を受診してみるのもいいでしょう。

飲む量や頻度が少ないから

ルイボスティーは毎日飲むことで、体の中のミネラル分や鉄分・亜鉛などをサポートします。

そのため、1日に飲む量が少なすぎたり飲む頻度が少なかったりする場合は、ルイボスティーの効果を実感しにくいかもしれません。

1日に何杯飲めば効果的かとういう結果は出ていませんが、まずは毎日1杯きちんと飲み続けることを意識してみましょう。

ルイボスティーの副作用は?

ルイボスティーには大きな副作用はありませんが、飲みすぎるとお腹がゆるくなってしまうこともあります。

個人の体質によっても異なるため、まずは1日1〜2杯から始め、体調を見ながら適量を決めましょう。

ちなみに、我が家は大人も子どももルイボスティーが大好き!夏場は麦茶代わりにごくごく飲んでいますが、お腹を下したことはありません。

ルイボスティーの選び方

ルイボスティー一口にルイボスティーといっても、種類は「レッドルイボス」「グリーンルイボス」「ブレンドルイボス」など様々。

そこでここでは、ルイボスティーの選び方について紹介してみたいと思います。

味で選ぶ

ルイボスティーの種類によって味が異なります。以下の一覧を参考に、好みの種類を見つけましょう。

種類特徴
レッド茶葉を発酵させて作る。色は赤ワインのように鮮やかで、まろやかなコクと甘さが際立つ。ルイボスティーといえば、一般的にレッドのことを指す。
グリーン未発酵で作られる。レッドよりも爽やかな風味で、緑茶を思わせる飲み口。爽快な渋みも楽しめる。レッドよりも栄養価が高く希少価値も高い。
ブレンドルイボスティーに様々なハーブがブレンドされている。ハーブの種類によって多種多様な飲み口に仕上げられる。

効果効能で選ぶ

一般的に、レッドルイボスティーよりも栄養価が高いとされているのはグリーンルイボスティーです。

グリーンルイボスティーには、抗酸化作用のある「フラボノイド」という成分が豊富に含まれていて、塩の量はレッドルイボスティーの10倍以上にもなります。

グリーンルイボスティーには「血糖値の上昇を抑制して糖尿病を予防する」「生活習慣病を予防する」などの効果が期待されていることから、健康維持に役立てたいという人はグリーンがおすすめ!

一方で、ハーブとブレンドされているルイボスティーの場合は、ハーブの効果効能も一緒に期待できるところが魅力的です。

飲みやすさで選ぶ

ルイボスティーは、とても飲みやすいことで知られるハーブティーです。ただし、種類の違いによって香りや味わいも大きく異なるため、意識して選びましょう。

種類味わい
レッドほのかに甘い香りと味わい。かすかな土の香りが感じられ、ハーブティー特有のフルーティーさは皆無。
グリーンレッドよりもさっぱりとしていて緑茶寄り。人によっては渋さが気になることも。あっさり飲みたい人におすすめ。
ブレンドブレンドされるハーブの種類や量によって、かなり差が出る。ルイボスティーと相性のいいハーブは「ミント」「レモングラス」など。

安全性で選ぶ

水分補給のためにルイボスティーを毎日飲みたいという人にとっては、安心して飲める品質であることが欠かせません。

様々なメーカーがルイボスティーを製造販売していますが、できるだけ「オーガニックなもの」「JAS認定を取得しているもの」を選ぶといいでしょう。

ルイボスティーはこんな人におすすめ!

ルイボスティールイボスティーがおすすめな人は、以下のような悩みや特性を持った人です。

  • 便秘気味だ
  • ミネラルやビタミンが足りない
  • 肌荒れが気になる
  • 水は味がなくて飲みにくい
  • ハーブティーのフルーティーさが苦手
  • 麦茶代わりに飲めるハーブティーを探している
  • 家族みんなで飲めるハーブティーが欲しい
  • 妊娠中や授乳中でも飲めるものがいい

この他にも、むくみが気になる人や美容に興味がある人などにとっても、興味深い効果がたくさん期待できる飲料といえるでしょう。

ストレスや不安を感じやすい人、睡眠の質を改善したい人にもおすすめです。

また、カフェインレスなので夜でも安心して飲むことができ、ルイボスティーの香りでリラックス効果も期待できるでしょう。

ルイボスティーの淹れ方と美味しい飲み方〜アレンジレシピ〜

ルイボスティールイボスティーの効果を最大限に引き出すためには、しっかりと煮出して成分を抽出することがポイントです。

以下にルイボスティーの基本の淹れ方と、美味しい飲み方のアレンジ方法も紹介します。

≪淹れ方≫

  1. 鍋に水とルイボスティーを入れる
  2. 中火で沸騰するまで加熱する
  3. 沸騰したら弱火にして5分程度煮出す

大切なのは、弱火でしっかりと煮出すこと。煮出すことでルイボスティーの成分が抽出されるため、手間を惜しまず作ってください。

多めに作ってボトルなどに入れ、冷蔵庫で保存してもOKです。

ルイボスティーの美味しい飲み方アレンジレシピ

≪材料≫

  • ルイボスティー/200ml
  • 牛乳/10ml
  • スパイスパウダー/適量
  • 砂糖/お好みの量

≪淹れ方≫

  1. ルイボスティーの中に温めた牛乳とスパイスを入れ、よく混ぜる
  2. お好みで砂糖を加えて完成

こちらは、チャイ風のアレンジレシピです。紅茶葉ではなくルイボスの茶葉を使用することで、紅茶のチャイよりもあっさりとして飲みやすく仕上がります。

本格チャイのように牛乳で煮出して作れば、よりコク深い味わいを楽しめるでしょう。

Link teaのルイボスティーがおすすめ!

Link teaのルイボスティーは、栄養価が高い「グリーンルイボス」が使用されています。また、ネパール産の良質なペパーミントとカルシウムや鉄分などを含む桑の葉もブレンド!

食後に1杯飲みたくなるような、すっきりとした飲み口に仕上がっています。

栄養価が高いため、生活習慣病の予防や美肌・健康維持のための飲料としてぴったりです。

created by Rinker
¥1,400
(2024/04/16 13:14:05時点 楽天市場調べ-詳細)

妊活中にルイボスティーを飲む時に気をつけたいこと

女性妊活中にルイボスティーを飲む時は、過剰摂取しないよう注意しましょう。

ルイボスティーにはポリフェノールや鉄分などの栄養素が含まれていますが、過剰摂取は避け、適量を飲むことがおすすめです。

ルイボスティーに含まれる成分が、女性ホルモンに影響を与える可能性も。

ルイボスティーには、イソフラボンなど女性ホルモンに似た働きを持つ成分が含まれています。そのため、過剰摂取によって女性ホルモンのバランスが崩れる場合があります。

特に、体外受精など妊活治療を受けている方は、医師と相談した上で、摂取量に留意するようにしましょう。

妊娠中の方が摂取する場合には、胎児への影響などについても注意が必要です。安全性について確認するため、医師と相談することをおすすめします。

ルイボスティーは妊活におすすめ!効果を焦らず毎日飲み続けてみて

ルイボスティールイボスティーには、抗酸化作用の高いポリフェノールだけでなく、ホルモン分泌をサポートする亜鉛も豊富に含まれています。

ルイボスティーを飲めば必ず妊娠するというわけではありませんが、体の中を健康的に整えてあげることは、正常な生殖機能を維持するためにも大切です。

「ルイボスティーの効果が出ない」と感じた場合は、正しい淹れ方や摂取量を見直してみましょう。

参考:ルイボスティーのすべて(日本SOD研究会)
http://www.sod-jpn.org/pdf/rooibos.pdf

LINE@お友達登録で200円offプレゼント中!

inkteaはネパールから直接茶葉を輸入している紅茶専門店です。

渋みが少ない、芳醇な香りで甘みのある茶葉を使用。

フレーバーティーやハーブティーも作っています。

今ならlinktea公式LINE追加で、200円オフクーポンプレゼント中です!

【200円OFFクーポン】
linktea公式LINE追加でこちら→

Amazonからの
購入はこちら→
ABOUT ME
AYUMI SHIRANE
砂糖・小麦・卵・乳製品不使用!焼かずに作るロースイーツの魅力に取り憑かれ、講師として活動中。また、神が宿る靈草と呼ばれている「まこも」を使ったお茶を開発し、心身の浄化と波動を高めるお手伝いもおこなっております。Link teaのオータムナルの大ファン♡