ハーブティー

グリーンルイボスティーの効果とは?ルイボスティーとの違いを解説

南アフリカのごく一部分でしか採取されることのないルイボスティーは、ノンカフェインなのに高い栄養素が含まれているハーブティーとして注目を浴びています。

そんなルイボスティーには「グリーンルイボスティー」と呼ばれる、従来のルイボスティーよりも希少価値の高い種類があることをご存じでしょうか?

ここではグリーンルイボスティーの効果や味だけではなく、ルイボスティーとの違いについてもご紹介していきたいと思います。

グリーンルイボスティーとは?


ここでは、グリーンルイボスティーの味わいや栄養素に加えて、従来のルイボスティーとの違いについてまとめています。

グリーンルイボスティーの味

グリーンルイボスティーの味は、従来のルイボスティーに比べるとかなりさっぱりとしていて後味にクセがありません。

従来のルイボスティーの水色は赤ワインを思わせるような茶褐色ですが、グリーンルイボスティーは緑茶のような黄色味がかかった薄い水色。

飲み口も緑茶のようにすっきりとしているので、日本人が好みやすい系統の味といえるでしょう。

従来のルイボスティーとの違い

グリーンルイボスティーと従来のルイボスティーとの違いは、製造過程における「茶葉の発酵度合いの違い」だけです。

従来のルイボスティーは酵素の力で発酵させているため茶葉が赤茶色に変色していますが、グリーンルイボスティーは発酵させずに茶葉を乾燥させたもの。

発酵の過程ではミネラルなどの栄養素が失われてしまいますが、発酵させていないグリーンルイボスティーにはより多くの栄養素が残されています。

レッドルイボスティーのダイエット効果について詳しく知りたい人は、以下の記事もチェックしてみてください。

【ルイボスティーでダイエット】飲むだけで痩せやすくなる理由とはルイボスティーはノンカフェインで、赤ちゃんから妊婦さん、お年寄りまで幅広く飲めるハーブティーとして有名です。 そんなルイボスティー...

グリーンルイボスティーの栄養素

多くの栄養素を失ってしまう発酵工程を行わないため、グリーンルイボスティーにはルイボスティーをはるかにしのぐ優れた栄養素が含まれているといわれています。

中でも、抗酸化作用のある「フラボノイド」という成分は、従来のルイボスティーの10倍以上!

血糖値の上昇を抑制して糖尿病を予防する効果がある「アスパラチン」にいたっては、はなんと約81倍もの数字に!

グリーンルイボスティー1杯飲めば、ルイボスティーを10〜80杯飲んだことになるという驚きの結果になりました。

グリーンルイボスティーにはこの他にも、抗酸化作用のある「ルテリオン」「ケルセチン」
、血流改善効果のある「ルチン」といったフラボノイドの一種が豊富です。

また、マグネシウムや鉄分などのミネラル分も豊富なので、体の調子を整える作用も期待できます。

グリーンルイボスティーは高価

グリーンルイボスティーは「発酵させない」ことに特徴がありましたが、実はルイボスティーはもともと「発酵しやすい」植物。

ルイボスの葉についている傷から自然に発酵が進んでしまうことも珍しくなく、発酵させないグリーンルイボスティーを作ろうと思うとかなりの手間と管理体制が必要になってきます。

製造に手間がかかるグリーンルイボスティーの製造量は、従来のルイボスティーよりも圧倒的に少ないため、希少価値の高いハーブティーともいわれています。

希少価値が高くなれば価格も当然高騰するので、飲み続けることを考えるとルイボスティーよりも手が届きにくい存在になるといえるでしょう…。

グリーンルイボスティーの効果効能


従来のルイボスティーの10〜80倍以上の栄養素を含むグリーンルイボスティ!

こんなに栄養素が高いのであれば、健康維持や美容のために利用しない手はないですよね。

ここでは、グリーンルイボスティーに期待できる効果効能についてまとめていきたいと思います。

いつまでも若々しく!

グリーンルイボスティーに含まれている「フラボノイド」には、体の細胞にダメージを与える活性酵素を除去してくれる効果が期待できます。

活性酵素が体内に大量発生してしまうと「シワやシミ」「肌トラブル」「さまざまな臓器期間の不調」などにつながってしまうため、活性酵素は「老化の原因」としても多方面で取り上げられていますよね。

グリーンルイボスティーに含まれるフラボノイドの量は従来のルイボスティーの「10倍以上」ですので、より効率良く活性酵素を取り除いてくれるでしょう。

また、フラボノイドには髪や爪にうるおいを与える・血液循環改善効果などといった作用もあるため、いつまでも若々しくありたいと願う人に最適です!

生活習慣病予防効果

先ほどご紹介した、血糖値の上昇を抑制し糖尿病を予防する効果がある「アスパラチン」を覚えていますか?

グリーンルイボスティーには約80倍のアスパラチンが含まれているため、生活習慣病を予防したい人にとってはうってつけの飲料といえるのではないでしょうか。

アスパラチンの研究はどんどん進められていて、近年ではアスパラチンが持つ医療効果に高い関心と注目が集まっています。

「傷ついた細胞の回復促進」「動脈硬化の改善」「ガン細胞の抑制効果」など、さまざまな病気や疾患に対して働きかけてくれます。

生活習慣病予防におすすめの「桑の葉茶」について詳しく知りたい人は、以下の記事もチェックしてみてください。

桑の葉茶はダイエットにも効果的!効能や口コミをチェック!私の地元では「桑の葉茶」の生産がとても盛んで、町のあちこちで無農薬の桑の葉茶を見かけます。 桑の葉茶はテレビや雑誌などでも注目され...

グリーンルイボスティーで子宮筋腫が消える?

子宮筋腫が判明した女性にグリーンルイボスティーをすすめる医師がいるようですが、これはグリーンルイボスティーに「抗糖化作用」があるから。

「グリーンルイボスティーを飲めば子宮筋腫が消える」というわけではありませんが、実際にグリーンルイボスティーを飲んで子宮筋腫が小さくなったという人は存在している様子です。

グリーンルイボスティーが子宮筋腫に与える影響について、信憑性の高いデータを見つることができませんでしたが、グリーンルイボスティーの優れた栄養効果を考えると頭から否定することはできないと感じます。

生理痛の緩和

生理痛が発生する原因のひとつとして取り上げられる「活性酵素」ですが、活性酵素は生理痛を引き起こす「プロスタグランジン」という物質を子宮内に発生させてしまいます。

グリーンルイボスティーには活性酵素を強力に除去する働きを持つフラボノイドが豊富に含まれていることから、「生理痛緩和に役立つ」と考えられています。

実際に、子宮筋腫のためにグリーンルイボスティーを飲み始めたという人からは「生理痛が劇的に良くなった!」という声も。

グリーンルイボスティーの副作用は?

ハーブティーの中には副作用反応が出るものもありますが、グリーンルイボスティーには気になる副作用があるのでしょうか?

ここでは、グリーンルイボスティーの副作用について詳しく紹介します。

飲みすぎるとお腹がゆるくなる可能性がある

グリーンルイボスティーはレッドに比べると、抗酸化作用の高いフラボノイドが10倍近く含まれています。

それだけではなく、発酵させずに作ったからこそ様々な栄養価がレッドよりも高くなっており、ミネラル分も豊富に含まれています。

ミネラルを一度に大量摂取してしまうとお腹がゆるくなってしまうこともあるため、栄養価が豊富なグリーンルイボスティーにおいては「こまめに飲むこと」を意識してみるといいでしょう。

体を冷やしてしまうケースも?

グリーンルイボスティーには様々な健康効果が期待されていますが、アイスでの飲み過ぎには注意が必要です。

夏場などの暑い季節は特に、麦茶代わりにルイボスティーを飲む場合もありますよね。暑い中でキンキンに冷やしたアイスグリーンルイボスティーは美味しいと思いますが、飲みすぎてしまうことで体の冷えを招いてしまうことも…。

体を冷やさないためには、夏場でも「常温かホット」でグリーンルイボスティーを楽しむようにしてみましょう。

体の冷えは万病につながる恐れも指摘されているため、意識して取り組んでみてください。

グリーンルイボスティーの美味しい入れ方

ここでは、グリーンルイボスティーの美味しい入れ方を紹介します。

発酵せずに作られたグリーンルイボスの繊細な味わいと香りを楽しむためには、以下の入れ方や飲み方がおすすめです。

水出しグリーンルイボスティー

材料/

  • グリーンルイボス茶葉3〜5g(ティーバッグ1〜2個)
  • 水500〜800ml

作り方/

  1. 茶葉と水をボトルに入れ、冷蔵庫で5時間程度置く。
  2. 時々、ボトルを軽く揺すって撹拌する。

レッドルイボスティーは10分程度煮出すことで成分がしっかりと抽出されますが、グリーンルイボスティーの場合は煮出してしまうとせっかくのビタミンが破壊されてしまうため、水出しでの抽出がおすすめです。

水出しで入れるとグリーンルイボスの爽やかな香りが残りやすくなり、味わいもよりクリアに感じられるでしょう。

ホットグリーンルイボスティー

材料/

  • グリーンルイボス茶葉4〜5g
  • 熱湯300ml

作り方/

  1. 急須(ティーポット)を分量外の熱湯でしばらく温める
  2. 急須が温まったら湯を捨て、茶葉を入れて熱湯を注ぐ
  3. 蒸らし時間は比較的少なくするのが旨味を引き出すポイント!

ホットで楽しみたい場合は、煮出すのではなく、熱湯を軽くかけて成分を抽出させる方法です。

グリーンルイボスは熱に弱い成分がたくさん配合されているため、長時間煮出してしまうと栄養素も破壊されやすくなってしまいます。

ホットで楽しみたい場合は茶葉の量を少し多めに入れ、短時間で抽出できるように工夫してみるのもおすすめです。

おすすめのグリーンルイボスティー3選

栄養価たっぷりのグリーンルイボスティーは、健康志向派さんにぴったりなハーブティーです。

ここでは、グリーンルイボスティーのおすすめを3つ厳選いたしました。「グリーンルイボスティーを試してみたい!」という人は、ぜひ参考にしてください。

グリーンルイボスティー50包

こちらは、非発酵&急速乾燥によってグリーンルイボスの爽やかな風味を失うことなく製品化に成功した製品です。

グリーンルイボスは生産量が少ないため高価になってしまいやすいのですが、こちらのグリーンルイボスティーは50袋入っていて1,200円+送料無料ととにかくリーズナブル!

毎日続けやすい価格なので、気兼ねなく取り入れられるのも魅力的です。

created by Rinker
八重撫子
¥1,350
(2022/05/28 02:59:21時点 Amazon調べ-詳細)

オーガニック グリーンルイボスティー 3g×30包

有機ルイボスの茶葉を使用し、佐賀県の農園によって製造加工されたグリーンルイボスティーです。

こちらのグリーンルイボスティーは、ルイボス栽培のトップメーカーである「ルイボスリミテット社」から仕入れているこだわりの商品です。

厳しい審査をクリアした新鮮で高品質なグリーンルイボスの茶葉は、残留農薬や放射線などの不安を心配せず毎日飲めるのが魅力的でしょう。

Linktea ミントルイボスティー (ティーバッグ 15P)

こちらは、グリーンルイボス・ペパーミント・桑の葉がブレンドされたハーブティーです。

カルシウムや鉄分を豊富に含む桑の葉に、爽やかな香りのペパーミントと、清涼感や栄養素が高くいグリーンルイボスを組み合わせ。

とても飲みやすく仕上がっているため、健康維持のために取り入れる毎日の飲み物としてぴったりでしょう。

Linkteaは一味違ったブレンドハーブティーやネパールの高品質な茶葉を使用した紅茶など、ほっと一息つきたいティータイムにおすすめの商品が充実しています。

グリーンルイボスティーで健康を徹底的にサポート!


いかがでしたでしょうか?

発酵するかしないかで味わいや香りだけではなく、ルイボスティーの中に含まれる栄養素にも大きな差が生じてくるのは不思議ですよね。

すっきりとしたクセのない味わいは、食事との相性も抜群!

従来のルイボスティーも美味しいですが、「とにかく健康に気を使いたい!」という人は、栄養価の高いグリーンルイボスティーもぜひ試してみてくださいね。

【linktea公式】珍しいネパール紅茶ブランド始めました!

ダージリンに引けを取らないネパール紅茶。

現地に訪れ、厳選した茶園から皆様にお届けさせていただきます。

茶葉はもちろん、フレーバーティー、ハーブティーも作りました。

linkteaの紅茶をお試しで是非お試しください。

公式サイト限定で、LINE@に無料登録していただいた方に5%OFFのクーポンをご提供させていただきます。

【5%OFFクーポン】LINE@の登録はこちら→
ABOUT ME
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎