ハーブティー

グリーンルイボスティーの効果とは?ルイボスティーとの違いを解説

南アフリカのごく一部分でしか採取されることのないルイボスティーは、ノンカフェインなのに高い栄養素が含まれているハーブティーとして注目を浴びています。

そんなルイボスティーには「グリーンルイボスティー」と呼ばれる、従来のルイボスティーよりも希少価値の高い種類があることをご存じでしょうか?

ここではグリーンルイボスティーの効果や味だけではなく、ルイボスティーとの違いについてもご紹介していきたいと思います。

グリーンルイボスティーとは?


ここでは、グリーンルイボスティーの味わいや栄養素に加えて、従来のルイボスティーとの違いについてまとめています。

グリーンルイボスティーの味

グリーンルイボスティーの味は、従来のルイボスティーに比べるとかなりさっぱりとしていて後味にクセがありません。

従来のルイボスティーの水色は赤ワインを思わせるような茶褐色ですが、グリーンルイボスティーは緑茶のような黄色味がかかった薄い水色。

飲み口も緑茶のようにすっきりとしているので、日本人が好みやすい系統の味といえるでしょう。

従来のルイボスティーとの違い

グリーンルイボスティーと従来のルイボスティーとの違いは、製造過程における「茶葉の発酵度合いの違い」だけです。

従来のルイボスティーは酵素の力で発酵させているため茶葉が赤茶色に変色していますが、グリーンルイボスティーは発酵させずに茶葉を乾燥させたもの。

発酵の過程ではミネラルなどの栄養素が失われてしまいますが、発酵させていないグリーンルイボスティーにはより多くの栄養素が残されています。

グリーンルイボスティーの栄養素

多くの栄養素を失ってしまう発酵工程を行わないため、グリーンルイボスティーにはルイボスティーをはるかにしのぐ優れた栄養素が含まれているといわれています。

中でも、抗酸化作用のある「フラボノイド」という成分は、従来のルイボスティーの10倍以上!

血糖値の上昇を抑制して糖尿病を予防する効果がある「アスパラチン」にいたっては、はなんと約81倍もの数字に!

グリーンルイボスティー1杯飲めば、ルイボスティーを10〜80杯飲んだことになるという驚きの結果になりました。

グリーンルイボスティーにはこの他にも、抗酸化作用のある「ルテリオン」「ケルセチン」
、血流改善効果のある「ルチン」といったフラボノイドの一種が豊富です。

また、マグネシウムや鉄分などのミネラル分も豊富なので、体の調子を整える作用も期待できます。

グリーンルイボスティーは高価

グリーンルイボスティーは「発酵させない」ことに特徴がありましたが、実はルイボスティーはもともと「発酵しやすい」植物。

ルイボスの葉についている傷から自然に発酵が進んでしまうことも珍しくなく、発酵させないグリーンルイボスティーを作ろうと思うとかなりの手間と管理体制が必要になってきます。

製造に手間がかかるグリーンルイボスティーの製造量は、従来のルイボスティーよりも圧倒的に少ないため、希少価値の高いハーブティーともいわれています。

希少価値が高くなれば価格も当然高騰するので、飲み続けることを考えるとルイボスティーよりも手が届きにくい存在になるといえるでしょう…。

グリーンルイボスティーの効果効能


従来のルイボスティーの10〜80倍以上の栄養素を含むグリーンルイボスティ!

こんなに栄養素が高いのであれば、健康維持や美容のために利用しない手はないですよね。

ここでは、グリーンルイボスティーに期待できる効果効能についてまとめていきたいと思います。

いつまでも若々しく!

グリーンルイボスティーに含まれている「フラボノイド」には、体の細胞にダメージを与える活性酵素を除去してくれる効果が期待できます。

活性酵素が体内に大量発生してしまうと「シワやシミ」「肌トラブル」「さまざまな臓器期間の不調」などにつながってしまうため、活性酵素は「老化の原因」としても多方面で取り上げられていますよね。

グリーンルイボスティーに含まれるフラボノイドの量は従来のルイボスティーの「10倍以上」ですので、より効率良く活性酵素を取り除いてくれるでしょう。

また、フラボノイドには髪や爪にうるおいを与える・血液循環改善効果などといった作用もあるため、いつまでも若々しくありたいと願う人に最適です!

生活習慣病予防効果

先ほどご紹介した、血糖値の上昇を抑制し糖尿病を予防する効果がある「アスパラチン」を覚えていますか?

グリーンルイボスティーには約80倍のアスパラチンが含まれているため、生活習慣病を予防したい人にとってはうってつけの飲料といえるのではないでしょうか。

アスパラチンの研究はどんどん進められていて、近年ではアスパラチンが持つ医療効果に高い関心と注目が集まっています。

「傷ついた細胞の回復促進」「動脈硬化の改善」「ガン細胞の抑制効果」など、さまざまな病気や疾患に対して働きかけてくれます。

グリーンルイボスティーで子宮筋腫が消える?

子宮筋腫が判明した女性にグリーンルイボスティーをすすめる医師がいるようですが、これはグリーンルイボスティーに「抗糖化作用」があるから。

「グリーンルイボスティーを飲めば子宮筋腫が消える」というわけではありませんが、実際にグリーンルイボスティーを飲んで子宮筋腫が小さくなったという人は存在している様子です。

グリーンルイボスティーが子宮筋腫に与える影響について、信憑性の高いデータを見つることができませんでしたが、グリーンルイボスティーの優れた栄養効果を考えると頭から否定することはできないと感じます。

生理痛の緩和

生理痛が発生する原因のひとつとして取り上げられる「活性酵素」ですが、活性酵素は生理痛を引き起こす「プロスタグランジン」という物質を子宮内に発生させてしまいます。

グリーンルイボスティーには活性酵素を強力に除去する働きを持つフラボノイドが豊富に含まれていることから、「生理痛緩和に役立つ」と考えられています。

実際に、子宮筋腫のためにグリーンルイボスティーを飲み始めたという人からは「生理痛が劇的に良くなった!」という声も。

グリーンルイボスティーで健康を徹底的にサポート!


いかがでしたでしょうか?

発酵するかしないかで味わいや香りだけではなく、ルイボスティーの中に含まれる栄養素にも大きな差が生じてくるのは不思議ですよね。

すっきりとしたクセのない味わいは、食事との相性も抜群!

従来のルイボスティーも美味しいですが、「とにかく健康に気を使いたい!」という人は、栄養価の高いグリーンルイボスティーもぜひ試してみてくださいね。

“gift”

Linkteaは紅茶情報を更新していきます!

Linkteaはネパール紅茶をベースにした紅茶を専門販売しております。
リアルタイムで情報の発信や質問にお答えしたいと思い、LINE@をオープンしました。

・最新情報やイベント出店情報
・LINE@限定で無料で商品プレゼント(不定期)
・Linkteaの紅茶で分からないことがある
・購入前に聞いてみたい方
・紅茶を取り扱いたい方

LINE@にてお気軽にお問い合わせください!

“buyer”
ABOUT ME
Aさん
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎
人気のLinkTeaの紅茶を皆さまへ

LinkTeaではネパールのお知り合いのオーナーから直接仕入れた紅茶を販売しております。
ネパールの紅茶を美味しさを皆さんにも是非。
\\2019年の茶葉も入荷しました//

▶︎LinkTeaの紅茶とは?