ハーブティー

風邪予防や便秘対策に最適!ペパーミントティーの効果やおすすめの飲み方とは

ペパーミントは、ガムや歯磨き粉などにも使用されることの多い清涼感が高いハーブとして有名ですよね。

そこで今回は、「風邪予防に最適!」「便秘対策になる」と評判のペパーミントティーを詳しくご紹介していこうと思います。

効果や効能を詳しくお伝えしていくとともに、気になる味や美味しい飲み方についてもお伝えしていきましょう。

ペパーミントティーの効果効能


ペパーミントの葉を使用しているペパーミントティーには、以下のような効果効能があると言われています。

便秘対策に

ペパーミントは胃腸の調子を整えてデトックス効果が期待できることから、「便秘対策にいい」と評判のハーブです。

さらにはデトックス効果だけではなく、消化促進効果や利尿作用・免疫力を高める働きも確認されているペパーミント!

頑固な便秘に悩まされている人は、朝一番で温かいペパーミントティーを飲む習慣をつけてみましょう。

風邪予防に

ペパーミントには、免疫力を高めてくれる効果に加えて「抗菌作用」もあります。
そのため、体の中に何らかの菌が侵入しても増殖を抑制してくれる作用が期待できます。

リフレッシュ効果

ペパーミントはメントール成分が配合されていますが、メントールは香りとして体内に入り込むと神経系に作用することがわかっています。

脳内のドパミン濃度を増加させると言われていることから、ペパーミントティーを飲むことで気分がリフレッシュし、集中力がUPしたり精神的な緊張感をリラックスさせる作用も期待できるでしょう。

気管支系の不調に◎

ペパーミントに含まれている成分「メントール」は、スーッとした独特の清涼感を持っています。

そのため、鼻詰まりや気管支系の不調時に利用すると症状の緩和が期待できるとされています。

アレルギー症状を抑える

ペパーミントに含まれている「ルテオリン」「ミントポリフェノール」「アズレン」「ロズマリン酸」といった成分は、ヒスタミンやロイコトリエンといったアレルギーを引き起こす原因と言われている物質の発生を抑制します。

したがって、ペパーミントティーを飲むことで花粉症や様々なアレルギー症状の緩和が期待できるでしょう。

鎮痛作用

ペパーミントには痛みの原因となる物質の分泌を抑制する働きがありため、生理痛や偏頭痛・胃痛・歯痛などの痛みを緩和させる効果が期待できます。

口臭予防

ペパーミントはスーッとした清涼感あふれる香りが特徴的で、口臭ケアグッズなどにも積極的に取り入れられている成分です。

口臭が気になる人はもちろんですが、胃腸の不調から口臭を発生させている人にとっては「口臭をスッキリさせる」「口臭の原因となる胃腸の不調を整える」と言ったWの働きが期待できるでしょう。

美肌効果

ペパーミントには過剰な皮脂分泌を抑え、肌を引き締めるという効果もあります。

ペパーミントティーを飲む習慣をつければ、上記でご紹介した様々な効果に加えて綺麗なお肌も手に入れることができるかもしれません!

ペパーミントティーの味はまずいって本当?

ペパーミントティーを飲み慣れていない人にとって、清涼感のある独特の香りや味を「まずい」と感じてしまう人も少なくありません。

味覚は人それぞれ異なるので一概に「ペパーミントティー=まずい」とは言い切れませんが、通常の紅茶やルイボスティー・レモンティーなどに比べるとやや飲みにくく後味が苦手という人も多いはず。

そこでおすすめしたいのが、ペパーミントティーを「冷やして」飲むことです。

温かなペパーミントティーは胃腸の不調を整えてくれたり風邪対策や便秘対策に最適ではありますが、どうしてもホットだとペパーミントの癖が強く出てしまいがちです。

温かいペパーミントティーが苦手な人は、水出しして冷やしたペパーミントティーをぜひ試してみてください!

ペパーミントの癖が弱まり、反対に清々しい清涼感がUPして飲みやすくなりますよ。

ペパーミントティーは水出しで!おすすめの飲み方

ペパーミントティーを「美味しいな」と感じる人もいれば、上記でご紹介したように「まずい」と感じる人もいます。

そこでここでは、ペパーミントティーをより美味しく楽しむために、おすすめの飲み方やアレンジ方法などをご紹介していきたいと思います。

「まずい!」と感じる人はぜひ「水出し」を

ペパーミントティーを飲みやすくするためには、ホットよりも水出しをしたアイスティーで飲むのがおすすめです。

フィルター付きボトルの中にペパーミントティーの葉と、常温の水(水道水を利用する場合は1度沸騰させてから常温に冷ます)を入れます。

ペパーミントを入れる分量はメーカーによっても異なるので、お持ちのペパーミントティーの記載事項を確認してくださいね。

水出しをする際のポイントとしては、しっかりとペパーミントの味を出すために「やや多めのペパーミント」を容器に入れること。

濃いめに水出しをする方が、アレンジをした際にペパーミントの味が引き立って美味しいですよ!

ミントスカッシュ

濃いめに水出ししたペパーミントティーに炭酸水を加えれば、あっという間にミントスカッシュの出来上がりです。

炭酸水をお好みで「レモンフレーバー」に替えれば、レモンのスッキリ感とミントの爽やかさが合わさって爽快な飲み口に。

また、甘めのテイストがお好きな方には「ミントティー+スプライト」など、炭酸飲料との組み合わせがおすすめです。

ルイボスティーとブレンド

ペパーミントティーだけではどうしても飲みにくい…という場合は、水出しをする際に「ルイボスティー」をブレンドしてみてください。

ルイボスティーは様々なハーブティーと相性が良く、ブレンドしやすいハーブです。

独特の香りと甘みがあるので、ペパーミントの癖を穏やかに抑えてくれるはず。

チョコミントティー

寒い冬に飲みたくなるチョコミントティーは、かなり濃く抽出したペパーミントティーにチョコレートソースやホイップクリームなどを加えて甘めに仕上げます。

チョコを入れると一気に味が変わるので、ペパーミントティーは濃く抽出しないと「チョコレートの味しかしない…」なんてことになりかねないので注意しましょう。

ミントミルクティー

ペパーミントティーに砂糖と牛乳を混ぜれば、簡単にミントミルクティーが出来上がります。

ペパーミントの独特の臭みをミルクとお砂糖が上手くカバーしてくれていて、とても飲みやすくなりますよ。

ペパーミントティーにはカフェインがある?ない?

ペパーミントティーはカフェインが含まれていない「ノンカフェインハーブティー」ですが、以下に当てはまる人の飲用はおすすめできません。

  • 3歳以下の子ども
  • 妊婦さん
  • 授乳中のママ

ペパーミントティーはノンカフェインなので安心して飲めそうな気がしてしまいますが、そもそもハーブティーにはそれぞれに異なった「働き」があるもの。

ペパーミントティーには「神経毒性」「子宮の筋肉を収縮させる」といった作用があるため、妊婦さんが飲みすぎるとお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性も…。

また、授乳中のママもペパーミントティーを控えた方がいいと言われていますが、それはペパーミントティーに「母乳の出を抑制させる」という働きがあるからです。

ペパーミントティーにはカフェインが含まれてはいませんが、上記の理由からおすすめできない人もいるということを頭に入れておいてください。

ペパーミントティーで爽やかにリフレッシュ!

いかがでしたか?

ペパーミントティーはスーッとした清涼感が特徴的なハーブティーでした。

味に関しては賛否両論あるところですが、風邪予防や便秘対策としても高い効果が期待できるので、ぜひ生活の中に取り入れたいハーブティーのひとつと言えるでしょう。

ABOUT ME
Aさん
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎
今だけ!LinkTeaの最新情報を更新しています


LinkTeaではネパールのオーナーから直接仕入れた紅茶を販売しております。
出店やセール情報などLINE@の方限定情報を今後発信してまいります!

LinkTeaのLINE@はこちら