紅茶

紅茶を美味しく淹れるには?おすすめの道具と使い方をご紹介

美味しい紅茶を淹れるには、新鮮な茶葉としっかり沸騰したお湯が必要ですが、道具選びもとても大切な要素です。

皆さんは紅茶を淹れる時、どんな道具を使っていますか?

今回は紅茶の美味しさを最大限に楽しめるような、紅茶の道具選びと使い方をご紹介します。きっといつもの紅茶がワンランク上の味わいになりますよ。

紅茶を淹れるための基本の道具

まず、紅茶をはじめて淹れる方にもおすすめする基本の道具です。それぞれの選び方・使い方もぜひ参考にしてください。

ティーポット

ティーポットはその名の通り紅茶を淹れるためのポットですが、色々な種類のものがありますね。美味しい紅茶を淹れるなら、丸みがあり白い陶器のものがおすすめです。

紅茶を美味しく淹れるには、茶葉をお湯の中で対流させることが大切で、これを「ジャンピング」といいます。

丸いフォルムのティーポットは、ジャンピングの動きを邪魔する事なく、しっかり起こすことができます。

また、白いポットは紅茶の水色を美しく見せてくれますし、何よりも手入れが楽です。

紅茶はタンニンが多く、どうしても茶渋が着きやすいですが、白いポットならそれが一目でわかるので衛星的。漂白すればいつもきれいな状態で使えます。

ティーストレーナー

ティーストレーナーは紅茶から茶葉を取り除く「茶こし」のことですが、こちらもさまざまな種類があります。おすすめはシンプルな取っ手付きのもの、素材はステンレスが一般的です。

ティーストレーナーには、ボール状の中に茶葉を淹れティーカップの中にいれて抽出する「ボール型茶こし」や、カップのふちにかけて使う「受け皿つきティーストレーナー」など、便利なものもあります。

しかし、美味しい紅茶を淹れるには茶葉のジャンピングができるよう、やはりティーポットで淹れて、手持ちのティーストレーナーで茶葉を濾した方がおすすめです。

タイマー&砂時計

紅茶を美味しく淹れるコツは、茶葉の蒸らし時間を正確に計ることも重要です。

茶葉の種類や大きさによっても蒸らし時間は変わってくるので、まずは購入した紅茶に表記されている蒸らし時間の通りに淹れてみましょう。

何度か淹れていくうちに自分好みの味になるよう、蒸らし時間を調節すればいつでも同じ味を楽しむことができます。細かい時間まで計れるキッチンタイマーなどがおすすめです。

また砂時計は3分など決まった時間しか計れないので、紅茶を淹れる時間ごと楽しむ道具としておすすめします。

紅茶を淹れる気分が上がるような、素敵なものがたくさんありますね。あなたの好みによって使い分けるのも良いでしょう。

ティースプーン(ティーメジャー)

茶葉の分量を量るためのスプーンです。ティーメジャーはデザイン性の高いものもたくさんありますが、機能的にはシンプルなティースプーンがおすすめです。

ティースプーンやティーメジャーは、サイズが統一されていないので茶葉を量るときはいつも同じスプーンを使いましょう。

そうすれば計量のぶれが少なくなり、いつでも同じ味の紅茶を楽しむことができます。

ティーカップ&ソーサー

カップ&ソーサーにはコーヒー用と紅茶用がありますが、紅茶を美味しく飲むなら紅茶用に作られている「ティーカップ」が一番です。

ティーカップとコーヒーカップの違いはカップの背の高さで見分けます。

コーヒー用は淹れたての温度で美味しく飲むために保温性の高い背の高いカップ、対して紅茶用は香りや水色を楽しむため口が広くて背の低いカップとなっています。

紅茶の水色を楽しむなら、やはり白いシンプルなものがおすすめです。

紅茶の種類ごとの水色の違いも見ていて楽しいですよね。あなたのお気に入りのティーカップを用意しましょう。

お湯を沸かすためのケトル

紅茶を美味しく淹れるには、空気のたくさん含んだ新鮮な水を沸騰させたお湯を使います。

そのためにはケトル(やかん)で沸かすのが一番。保温ポットのお湯は空気も抜けて、お湯の温度も低いのであまりおすすめしません。

ボコボコと500円玉くらいの大きさの気泡が沸いている状態のお湯を使い、素早くティーポットに注ぐと、茶葉がくるくるとジャンピングします。美味しい紅茶を淹れるためにお湯はとても大切です。

 さらに紅茶の時間を楽しむためのおすすめの道具たち

絶対に必要ではないけれど、あればさらに紅茶の時間が楽しくなる道具たちをご紹介します。ゆったしりたティータイムを楽しんでくださいね。

ガラスのティーポット

ハーブティーやフレーバーティーなど花びらなどが入った美しいお茶を飲むときはガラスのティーポットがおすすめです。

華奢で繊細なガラス素材は紅茶タイムをさらに素敵に演出してくれますね。また、ガラスのティーポットは中身が見えるのでジャンピングの様子を見ることもできます。

しかし残念ながらガラスは保温性に欠けるので、ガラスポットは紅茶抽出用にして淹れた紅茶は陶器のポットへ移すなどするといいかも知れません。その時の紅茶の気分でポットも使い分けたいですね。

ティーコジー&マット

ティーコジーは紅茶が冷めないようにポットにかぶせる保温カバーです。紅茶を飲む時に美味しく感じる温度は70度前後といわれています。

ポットのままだとどうしても紅茶が冷めていってしまいますが、ティーコジーをポットにかぶせることで2杯目も冷めることなく美味しく飲むことができます。

特に冬場はすぐに紅茶が冷めてしまうので、使用することをおすすめします。

シュガーポット&ミルクジャグ

お好みで紅茶に砂糖やミルクをいれて飲みますが、シュガーポットやミルクジャグに用意すれば雰囲気がぐっと上がります。

ティーポットとデザインを合わせればさらに統一感が出てテーブルがより華やかになりますよ。

もし紅茶の道具で淹れても美味しく感じない時はここが原因かも?

ご紹介した道具と正しい紅茶の淹れ方でいれても、紅茶を美味しく感じない時はここに注意してみてください。紅茶の味がぐっと上がりますよ。

水の中の酸素が足りない

紅茶を淹れる時は、酸素がたくさん含まれている水を使いましょう。汲みたての水道水の中には酸素がたくさん含まれているので、紅茶に適している水といえます。

ミネラルウォーターや沸騰を続けた水には酸素が少なくなっているのでおすすめしません。ジャンピングを起こすためには新鮮な水を沸騰させ、すぐに使いましょう。

紅茶の茶葉が古い

もしかしたら、茶葉が古くなって風味が落ちていることはありませんか?

しっかり密閉保存していたとしても、紅茶は食品なので少しずつ劣化してしまいます。開封したらなるべく早めに飲み切りましょう。紅茶は鮮度が一番です!

鉄製の道具を使ってないか

鉄製のケトルやティーポットなどは紅茶との相性がよくありません。鉄分は紅茶のタンニンと結合して、紅茶本来の香味や味わいを損なわせてしまいます。

水色も黒っぽくなり、見た目から美味しく感じないでしょう。もう一度道具の材質を確認してみましょう。

あなたのお気に入りの道具をそろえて紅茶タイムを楽しみましょう!


いかがでしたでしょうか。紅茶を美味しく淹れるには、正しい淹れ方と同じくらい道具選びも大切です。

どんなものを買えばいいか迷ったら、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。あなたのお気に入りの道具をそろえて、素敵なティータイムを楽しんでくださいね。

ABOUT ME
hana_sora
hana_sora
元パティシエのティーインストラクター。今までの知識と経験を活かし、皆様に紅茶の素晴らしさを伝えるため、webライターとして活躍中。美味しい紅茶は人生を豊かにしてくれます。好きな紅茶はダージリンオータムナル