紅茶

効率よく痩せるにはコーヒー?それとも紅茶?

世の中には様々なダイエット方法がありますが、中でも手軽にできるのは「コーヒーダイエット」「紅茶ダイエット」など、飲み物を利用して痩せやすい体質を手に入れるという方法です。

特にコーヒーと紅茶は同じ「嗜好品」であり「細痩効果がある」といわれている飲み物なので、何かと比較されやすい傾向があります。

そこで今回は、コーヒーと紅茶のどちらがより痩せやすい体質に導いてくれるのかを考えていきたいと思います。

そもそもコーヒーや紅茶で痩せられるのか?

ダイエット目的でコーヒーや紅茶を取り入れる方も少なくありませんが、そもそも飲み物を取り入れるだけで本当に痩せやすい体質を手に入れることができるのでしょうか?

コーヒーや紅茶でダイエットができるといわれている理由について、詳しく解説します。

「カフェイン」がキーポイント

コーヒーと紅茶に共通している点といえば、成分中に「カフェイン」が含まれていることです。

カフェインは脳の神経系に働きかけることで「眠気をさます」「集中力を上げる」「活動力を高める」などの効果が期待されていますが、このカフェインには「脂肪を燃焼させる働き」もあるといわれています。

カフェインは溜まってしまった脂肪分を分解する働きがあることから、継続して摂取することで脂肪を減らすことにつながる可能性があります。

また、カフェインによって活動量が増えればその分カロリーを消費できるため、脂肪燃焼が期待できるでしょう。

コーヒーの「クロロゲン酸」

コーヒーの苦味成分でもあるクロロゲン酸はポリフェノールの一種ですが、紅茶には含まれていない成分です。

このクロロゲン酸には脂質の代謝を活発にする働きがあると考えられているため、脂肪燃焼効率のUPが期待できます。

ただし、クロロゲン酸のダイエット効果は未だ研究の途中で確立されているものではありません。

紅茶の「テアフラビン」「テアニン」

紅茶に含まれる「テアフラビン」というポリフェノールの一種には、摂取した脂肪分が体内に吸収されるのを防ぐ働きがあります。

「テアニン」という成分には自律神経を安定させて腸のぜん動運動を整える働きもあり、腸の働きを活性化させて便秘改善へと導くといわれています。

便秘が続いてしまうと栄養がきちんと取り入れられなくなったり代謝が悪くなったりしやすく、ダイエットにも悪影響を及ぼします。

紅茶を飲むことで便秘解消につながる可能性があるため、紅茶はダイエットに効果的だといえるでしょう。

【コーヒーor紅茶】痩せやすいのはどっち?

飲み物ダイエットを取り入れたい人にとって、最も興味深いのは「コーヒーと紅茶どちらがより効果的か」ということではないでしょうか?

脂肪燃焼効果があるとされているカフェインはコーヒーにも紅茶にも含まれていますし、どちらも効果がありそうに感じられます。

個人の体質にもよるので「こちらの方が効果的」とはいい切れませんが、ここでは様々な視点からコーヒーと紅茶を比較してみたいと思います。

カフェイン量なら「コーヒー」

脂肪燃焼効果があるといわれているカフェインですが、コーヒー1杯分には約60mg・紅茶1杯分には約30mgのカフェインが含まれています。

単純にカフェイン量だけで見てみると、勝者はコーヒーといえるでしょう。

コーヒーには紅茶の倍量のカフェインが含まれているため、溜まっている脂肪をより効率よく減らしたい場合にはコーヒーの方が適しているかもしれません。

穏やかな作用なら「紅茶」

紅茶のカフェイン量はコーヒーの役半量ですが、紅茶のカフェインは即効性が高いといわれています。

即効性が高いのにカフェイン量がそれほど多くないので、体への作用が穏やかで安心して飲めそうですよね。

特に「腸のぜん動運動」に対しての作用が高く、紅茶を飲んでから数時間後には便意を感じることも珍しくはありません。

「便秘を改善したい」「ぽっこりお腹が気になる」という人は、紅茶をチョイスしてみるといいでしょう。

口臭ケアには「紅茶」

紅茶には優れた殺菌作用がありますが、これが口の中の雑菌や細菌の繁殖を防いでくれるため「口臭予防」に役立ちます。

反対に、コーヒーに含まれる微粒子は殺菌作用のある唾液の分泌を低下させてしまうため、口臭予防に役立つどころか口臭をキツくしてしまうともいわれています。

コーヒーを飲んだ後に「なんだか口が気持ち悪い」「口臭が気になるようになった」と感じた人も多いのではないでしょうか?

ダイエットには直接関係のないことですが、体のラインがいくらキレイでも口臭がひどかったら、努力して手に入れた美貌も台無しですよね…。

口臭ケアにも力を入れたい人は、断然「紅茶」がおすすめです!

ダイエットにおすすめの紅茶は?

紅茶には「渋みが弱いもの」「フローラルな香りのするもの」「コクが強くミルクに合うもの」など、様々な種類があります。

紅茶の種類によって含有成分にも差が生じるため、どのような紅茶を選ぶのかということは、ダイエットの効率性を左右する大切なポイントです!

ここでは、ダイエットにぴったりの種類をご紹介します。

ダージリン

ダージリンは「紅茶のシャンパン」との呼び名もあるほど、香り高さと紅茶特有の旨みを感じさせてくれる種類です。

世界三大紅茶の一つとしても称されていることからも、そのクオリティーの高さが伺えますよね。

紅茶ダイエットを成功に導くためには、紅茶の中にミルクや砂糖を入れるのはできるだけ避けたいですよね。

ダージリンなら旨味が強く、種類によっては砂糖なしでもほのかな甘みを感じられる銘柄もあります。

ストレートで飲みやすいダージリンは、ダイエットのお供としてもぴったりでしょう。

アールグレイ

アールグレイティーは、茶葉にベルガモットの香りをつけたフレーバードティーの一種です。

ベルガモットの香りにはストレスを和らげて自律神経を整えたり、消化器系の働きを活性化させたりすることで心身を健康的な状態へと導く効果が期待できます。

「ストレスが溜まって食べすぎてしまう」「不安感が強くて心身に不調が出ている」という方は、きっとダイエットの効果も出にくいはず。

そんなときはベルガモットの清々しい香りが特徴的なアールグレイをゆったりと飲み、体の内側から整えてみましょう。

体調が整えばダイエット効果も発揮されやすくなるだけではなく、代謝も向上しやすくなるため痩せやすい体質に近づきます。

オータムナル

オータムナルとは、秋に採取された茶葉を使用して作られた紅茶のこと。

オータムナルは成熟した茶葉を使用するため味わいにもコクがあり、どっしりとしたフルボディーの飲み口を楽しめます。

また、茶葉に甘みがぎゅっと濃縮されているため、ストレートティーにしても満足感のある飲み口を感じられるでしょう。

コーヒーや紅茶で美味しく痩せる!

コーヒーにも紅茶にも脂肪燃焼効果やダイエットにつながる成分が含まれていますが、総合的に見てみると「口臭予防になる」「様々な種類から選べる」「便秘解消にも役立つ」という特徴を持つ紅茶に軍杯が上がりそうです。

また、紅茶には痩せやすい体質に導く働きだけではなく、インフルエンザウィルスの感染力を無力化させたり風邪の初期症状を緩和させたりする働きもあるため、幅広く活用できますよ。

【送料無料】linkteaオリジナル飲み比べセット

Linkteaはネパール紅茶をベースにした自然派ブランドになります。

  

今だけ!ネパール産の最高級紅茶を3つ(春夏秋)摘みの紅茶(1,080円)を公式サイトの方限定でご提供いたします!

ダージリンに負けない茶葉で皆さん驚かれております。

ご購入はこちら→
ABOUT ME
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎