紅茶

食事に合う紅茶はどれ?選び方や味の違いを徹底解説

皆さんは、食事中にどんな飲み物を取り入れていますか?日本人なら「お茶」と答える人が多いかもしれませんね。

紅茶は「お菓子と一緒に楽しむもの」と捉えている人も少なくありませんが、実は「食事と相性抜群」の紅茶がたくさんあります。

そこで今回は、食事に合う紅茶の選び方や、おすすめの茶葉を紹介します。

食事中に紅茶を取り入れることでダイエット効果美容効果・生活習慣病予防効果なども期待できるため、ぜひ取り入れてみてくださいね!

本当に紅茶は食事に合うのか?

「食事中に紅茶…?」と眉をしかめた人はいませんか?

私も以前は「紅茶はケーキなどと一緒に楽しむもの」「ティータイムの飲み物」と考えていました。

しかし、世界中には様々な種類や味の紅茶があります。もちろん、ティータイムやお菓子にぴったりの紅茶もたくさんありますが、中には食事に合う紅茶も見られます。

ティータイムに合う紅茶は「華やか」

ティータイムに合う紅茶の多くは、フローラルな香りや味わいのある「華やかな紅茶」です。

例えば、ベルガモットの香りを茶葉につけたアールグレイティーや、ハーブをブレンドしたものなど。

こうした華やかな紅茶はほっと一息つきたい休憩タイムや、甘いお菓子との相性が抜群です。

食事に合う紅茶は「お茶寄り」

一方で、食事に合う紅茶は「お茶寄り」の味や香りが特徴的です。

麦茶・番茶・緑茶などは食事に合う飲み物の代表格ですが、実は紅茶の中にはこうしたお茶寄りの味わいや香りを持つものが少なくありません。

紅茶特有のフローラル感が抑えられているため食事の邪魔もしにくく、味つけが繊細な日本食との相性も良好です。

食事に合う紅茶は「種類」によって異なる

食事に合う紅茶を見つけるためには、まずは「紅茶の種類」についてある程度の知識が必要です。

「人気商品だから」「クチコミがいいから」「高級メーカーから発売されているから」などという理由だけで選んでしまうのは、正直おすすめできません。

食事に合う紅茶を見つけるためには、紅茶の種類による味や香りの違いを知ることだけではなく、自分の好みをしっかりと把握できているかどうかも大切になってきますよ!

食事に合う紅茶の選び方は?

ここでは、食事に合う紅茶の選び方を紹介!人によって好みの味が異なると思うので、紅茶の味による選び方をまとめてみました。

まずは、普段から食事に合わせている飲み物を思い出して、それに近い味わいの紅茶からはじめてみましょう。

フレーバードティーは避ける!

はじめにお伝えしておきたいのは、食事に合う紅茶選びの中で「フレーバードティー」がおすすめされることは少ないということ。

フレーバードティーとは、茶葉に花や植物の香りをつけて華やかにしたり、茶葉にハーブなどをブレンドしたりして作られる紅茶です。

フレーバードティーはとても華やかな香りや飲み口が特徴で、ティータイムにはぴったりですが、食事との相性はイマイチと感じる人が多い印象を受けます。

フレーバードティーが食事に合うと感じる人もいらっしゃると思いますが、食事に合う紅茶を探している場合は、フレーバードティー以外の種類から試してみられることをおすすめします。

煎茶感覚で飲みたいなら「ファーストフラッシュ」

日本人に馴染み深いお茶といえば、煎茶ですよね。煎茶は清々しい飲み口や適度な渋みがあり、食事との相性も抜群です。

煎茶が好きなあなたにおすすめなのは、1年の中で最初に採取される茶葉を使用した「ファーストフラッシュ」という紅茶。

ファーストフラッシュは、茶の木に生えているまだまだ若い葉を収穫して製茶します。そのためフレッシュな香りや味わい、透明感ある飲み口が楽しめますよ。

紅茶特有の華やかな香りも控えめで、本当に煎茶を思わせるような味わいが特徴的。煎茶好きな人はもちろん、「食事に合う紅茶がどれかわからない」と悩む人にもおすすめです!

紅茶本来の香りを楽しみたいなら「セカンドフラッシュ」

紅茶本来の香りを楽しみたいあなたには、1年の中で2回目に収穫される「セカンドフラッシュ」という茶葉がおすすめです。

セカンドフラッシュは「年間で最も良質な茶葉」といわれていて、紅茶本来の華やかさを堪能できるのが特徴的。

ただし、セカンドフラッシュの紅茶はフローラル感の強いものも多いため、食事とのバランスを考える必要がありそうです。

「キャンディ」「セイロン」など、比較的クセが少なくて飲みやすい銘柄を選んでみるといいでしょう。

番茶系が好きなら「オータムナル」

オータムナルとは、1年の中で最後に収穫される葉を使用して製茶した紅茶です。

秋の終わりに収穫が始まるため、茶葉は成熟しているのが特徴的!熟成された茶葉からは紅茶の奥深さが感じられ、どっしりとした仕上がりになります。

砂糖を入れなくてもほのかな甘みがあり、番茶に似た後味が感じられる銘柄も少なくありません。

セカンドフラッシュに見られる紅茶特有の華やかさも控えめなので、日本食との相性も抜群でしょう。

ほうじ茶系が好きなら「ミルクティー向け茶葉」

ほうじ茶のようなコク深さやフルボディ級の味わいが好きなあなたには、ミルクティー向けの茶葉がおすすめです。

ミルクティー向けの茶葉は、ミルクを入れても紅茶の味わいが消えてしまわないよう、紅茶の味わいを強く感じられるものがほとんどです。

加えて、セカンドフラッシュやフレーバードティーなどに見られるフローラル感は低いので、食事との相性も抜群!

ただし、ミルクティー向けの茶葉は「CTC製法」によって作られているものも多いため、抽出時間には気をつけましょう。

CTC製法とは?

CTC製法とは、採取した茶葉を「Crush=つぶす/Tear=裂く/ Curl=丸める」という風に加工することです。

茶葉をつぶして引き裂き、再び丸く整形することで「短時間で濃く抽出できる」茶葉へと仕上がるのが特徴的。

おいしいミルクティーを作るためには、紅茶の味わいが濃くなければいけません。そのため、CTC製法の茶葉がよく使用されます。

食事に合う紅茶を取り入れて「美肌・健康・ダイエット」を目指そう!

食事と一緒に紅茶を飲むことで、脂肪の吸収率が抑制されたり、抗酸化作用によって美肌になったり、殺菌作用で口臭予防や風邪予防にもなったり!

紅茶には様々な美容健康効果が期待できるため、ぜひ食事に取り入れて身体の内側から健康美を目指してみてくださいね。

【サイト限定】linkteaオリジナル 11種類から選べる紅茶セット

Linkteaはネパール紅茶をベースにした自然派ブランドになります。

  

Linkteaの紅茶を11種類から4つ選べる!よくばりセット(4種類)を公式サイトの方限定でご提供いたします!

『紅茶の旨味が良く分かった。』

『いろんな種類を試せて楽しい。』

『香料臭くなく、素材の味がよくわかった。』

リピーターの多い紅茶セットを是非ご堪能ください。

ご購入はこちら→