紅茶

「ハイティー」とは?アフタヌーンティーとの違いや歴史

イギリスでは有名な「アフタヌーンティー」。

午後のゆったりとした時間を使い、ミルクたっぷりの紅茶やスコーンなどの焼き菓子を楽しむイギリス独自の習慣です。

一方で「ハイティー」とは、アフタヌーンティーよりも遅い時間に楽しむお茶習慣。

この2つは同じように捉えられがちですが、実は明確な違いがあり、イギリスの歴史が色濃く反映されてもいるのです。

そこで今回は、ハイティーとアフタヌーンティーの違いについて詳しく解説します。

ハイティーとは?

ハイティーとは、午後のティータイム習慣に用いられる言葉。ハイティーを飲む時間帯は「17時以降」のことが多く、17〜18時頃から始まるため、ほぼ夕食を兼ね合わせているのが特徴的です。

そのため、ハイティーとともに用意される食べ物は「サンドイッチ」「お菓子」などの軽食はもちろん、肉や魚などを使用した「メイン料理」も見られるのが一般的。

ハイティーの名前の由来

ハイティーという名前の由来は「high(高い)」という単語から来ています。

これは、ハイティーを楽しむ際に使用されるテーブルが、食卓のテーブルとして使用される「ハイテーブル」であったため。

後に紹介するアフタヌーンティーではローテーブルが使用されますが、ハイティーは夕食も兼ね合わせているため、基本的にハイテーブルで楽しむことが多かったようです。

また、ハイティーで用意される食べ物は肉料理を中心としていたことから、ハイカロリーな食事が多く「ハイティー」「ミート(肉)ティー」などの別名もあります。

アフタヌーンティーとは?

ハイティーを語る上で避けて通れないのが「アフタヌーンティー」です。アフタヌーンティーとはイギリスで始まったお茶習慣で、15時頃に軽食とともに楽しみます。

アフタヌーンティーは主に貴族や上流階級者が嗜む娯楽として定着していて、友人や来客を誘って豪華なお茶会を開催することが爆発的に流行りました。

アフタヌーンティーでは紅茶はもちろん提供されますが、スコーンやサンドイッチなどの軽食を添えることが圧倒的に多く、夕食までの空腹を紛らわすためだとも考えられています。

また、アフタヌーンティーは脚の短い「ローテーブル&ローチェア」で楽しむのが基本!別名「ローティー」ともいわれていますよ。

ハイティーの歴史

ハイティーが誕生したのは1800年代後半。北イングランドやスコットランドの労働階級者や農民など、上流階級以外の労働者によって定着されました。

もともと、紅茶は非常に入手困難で貴重な嗜好品として重宝されていた飲み物。

中流階級以下の労働者や農民が気軽に楽しめる飲み物ではありませんでしたが、革命産業や茶葉の生産料増加などにともない、一般階級の労働者でも紅茶を楽しめる時代になりました。

しかし、朝から夕方まで労働している中流階級以下の労働者にとって、昼下がりの「優雅なティータイム」は非現実的。昼下がりに優雅なお茶会を開けるのは、上流階級やごく限られた一部の人だけです。

そのため、労働階級者や農民は「仕事が終わる時間帯」にお茶を楽しむようになりました。これがハイティーの始まりです。

シンガポールのハイティー文化

現在はイギリスだけではなく、アメリカや日本でもハイティーという言葉が知られるようになりましたが、世界的にハイティーの歴史が古いのはシンガポールでしょう。

シンガポールではイギリス植民地時代の影響が今でも色濃く残っていて、ハイティーもその中の一つ。

イギリス周辺では「夕食を兼ねたお茶習慣」として定着したハイティーですが、シンガポールのハイティーは少し考え方が異なります。

シンガポールでハイティーが根付いたのは、植民地時代にシンガポールに滞在していたイギリス人女性が「涼しくなった夕方以降にお茶会を楽しんでいた」ことがきっかけです。

そのため、シンガポールでハイティーといえば、夕食を兼ねたお茶会というよりも「優雅な空間を楽しむため」のお茶習慣と位置付けられています。

シンガポールでのハイティーは、どちらかというと「イギリスでのアフタヌーンティー(=貴族が楽しむ娯楽の一環)」に近い考え方だといえるでしょう。

ハイティーとアフタヌーンティーの違いとは?

ハイティーとアフタヌーンティーの違いは、お茶を飲む時間帯と添えられる食べ物の2つです。以下にハイティーとアフタヌーンティーの違いをまとめているので、参考にしてください。

 

  ハイティー アフタヌーンティー
時間帯 午後17時頃 午後15時頃 
食べ物 メイン料理が中心 焼き菓子などのお菓子が中心
テーブル ハイテーブル使用 ローテーブル使用
目的 夕食も兼ね合わせた労働者の習慣 貴族の娯楽として習慣化された

一見、飲む時間帯だけが異なり、そのほかは大差なく感じられるハイティーとアフタヌーンティー。

しかし、ハイティーやアフタヌーンティーが誕生した経緯や歴史的背景を見てみると、両者の目的や違いがはっきりと浮き上がってきます。

ハイティーは主に「食事と兼ね合わせた労働者の習慣」であるのに対して、アフタヌーンティーは「貴族や上流階級者の娯楽」です。

ハイティーではより「食事を主体としたカジュアルな飲み方」がされていたはずですし、反対にアフタヌーンティーでは「娯楽を主体とした豪華なお茶会」が開催されていたことでしょう。

ハイティーとアフタヌーンティーは根本の目的が異なるため、添えられる食べ物の質や内容に差が生じるのはもちろん、ティーカップなどの器具にも違いが生まれていたことが予測できます。

ハイティーの歴史を知って紅茶文化をもっと楽しもう!

今回は「ハイティー」「アフタヌーンティー」について詳しく紹介しました。

今までなんとなく聞き流していたこれらの言葉ですが、始まりのきっかけや目的の違いなどを意識するだけで、より充実したティータイムにつなげられそうです。

「ハイティーは17時以降に楽しむ夕食兼用のお茶会」「アフタヌーンティーは15時頃に楽しむ娯楽の一環」という明確な違いがあるため、ご自身のティータイムに生かしてみるのもいいでしょう。

【送料無料】高級ネパール紅茶の春夏秋の3種類飲み比べセット

Linkteaはネパール紅茶をベースにした自然派ブランドになります。

  

今だけ!ネパール産の最高級紅茶を3つ(春夏秋)摘みのお試し紅茶を公式サイトの方限定『送料無料』でご提供いたします!

ダージリンに負けない茶葉で皆さん驚かれております。

下記通販サイトより、ご覧くださいませ。

詳細はこちら→
ABOUT ME
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎