紅茶

世界には「味の違うチャイ」がいっぱい?国別チャイの特徴

「チャイ」と一言で表しても、国が違えばチャイという飲み物の味が全く異なるということをご存知でしょうか?

日本でチャイと聞くと「インドでよく飲まれているミルクティー」を連想する人が多いと思いますが、本場インドのチャイを飲んだことがある人にとってはなんだかしっくりとこない表現です。

そこで今回は、世界中の国々から「チャイ」と呼ばれている飲み物をピックアップし、味や飲み方の違いについて詳しくご紹介します。

そもそも「チャイ」とは?紅茶となにが違うの?

私たち日本人は「チャイ」という言葉を聞き慣れてはいるものの、チャイとはどのような飲み物であるかを深く知っている人は少ないのではないでしょうか。

「チャイは紅茶にミルクを加えた“ミルクティー”のことでしょ?」「牛乳で紅茶を煮出した飲み物でしょ?」などと思っている人も少なくありませんよね。

世界にはさまざまな味のチャイが存在していますが、ここでは世界のチャイ事情をご紹介する前に、「チャイとはどのような飲み物であるのか」という基本的な情報についてまとめています。

チャイは「ダスト」と呼ばれる茶葉を使用する

チャイのベースは紅茶ですが、紅茶の茶葉にはさまざまな形状のものが存在しています。

茶葉の形状を大きく残した「フルリーフ」のものから、少しだけカットしてあるもの、細かく
砕いたものや加工を加えて丸めたものまで!

そして、チャイに使用されている茶葉のほとんどはリーフタイプではなく、「ダスト」と呼ばれる非常に細かな形状の茶葉が使用されているという特徴があります。

ダストとは、実は数ある茶葉の中でも「最低ランク」として位置付けられることの多い種類で、英語で「ごみ」という意味を表します。

ダストという名前がつけられた理由は、茶葉の細かさが「茶工場などで茶葉を加工した際、床に落ちている紅茶のくず(ごみ)に見える」とが始まりであったと考えられています。

茶葉の中で決して高品質とはいえないタイプのダストですが、茶葉の大きなタイプに比べると「成分を濃く抽出することができる」「短時間で淹れられる」という特徴が印象的!

チャイを作るためにはミルクに負けない紅茶の濃い味わいが欠かせませんが、リーフタイプの茶葉では濃く淹れるにも限界があります。

その点、お湯を注いだ瞬間から紅茶の成分がどんどん抽出されるダストはチャイ作りにぴったり!本場インドではもちろんですが、世界のさまざまな国でダストを使用したチャイが広がっています。

なぜチャイにはダストが使用される?

チャイにダストが使用される理由は、ダストに「紅茶の成分を早く濃く抽出できる」という特徴があるからでしたね。

しかし実は、チャイを作るのにダストが最適だからという理由ではなく、ダストを美味しく飲むためには「チャイにする必要があった」と表現する方が適切です。

茶葉として決して高くはないレベルのダストは、紅茶特有の苦味や渋みといった雑味が引き立ちやすく、そのままで飲もうとする飲みにくさを感じる人も少なくありません。

高品質の茶葉は旨みや香りが高いためストレートで飲まれることが多いものですが、雑味の多いダストを美味しく飲むためには「砂糖やミルク」「スパイス」といった調味料を加え、雑味を消す必要があったのです!

品質の悪いダストをどのようにしたら美味しく飲めるのかを考えた結果、現在のチャイが誕生したといっても過言ではないでしょう。

世界には色々なチャイがある!国別チャイの特徴とは

ここからは、世界各国で「チャイ」と呼ばれている紅茶をご紹介します。

同じチャイという呼び名でも、国が違うと笑ってしまうほど味わいや飲み方が異なります!ぜひ、楽しみながらご覧ください。

インドは「激甘スパイスミルクティー」

インドのチャイといえば、ダストやCTC製法の茶葉と牛乳を鍋の中に淹れて煮出し、そこへ大量の砂糖とスパイスを加えて作られる、とっても濃厚で刺激的なミルクティーです。

スパイスによく使用されるのは「シナモン」「カーダモン」「クローブ」の3つですが、人によってはジンジャーやペッパーなどを加えてよりスパイシーにアレンジすることも!

コクと甘みが強いインドのチャイですが、それに負けないスパイスの存在感が最大の特徴でしょう。

ロシアは「ジャムを舐めながら」

ロシアでチャイといえば「ロシアンティー」のことを指します。

ロシアンティーとは一般的な紅茶を飲む前に「ジャムを口に含む」という、一風変わった飲み方が特徴的。

冷えが厳しいロシアでは各家庭に瓶詰めをしたジャムが常備されていることが多く、まだ砂糖が希少だった時代にジャムを舐めながら紅茶を飲んだのが始まりと伝えられています。

ロシアのカフェで紅茶を注文すると、小皿に盛られたいちごジャムやはちみつが提供されることがほとんど!

「ジャムを舐めながら紅茶を飲む」というのがロシア流です。

モロッコは「ミントティー」

モロッコでは紅茶の中に「ミントの葉と砂糖」を入れたものをチャイと呼び、爽やかな飲み口が食後にもぴったりです。

ミントには消化器官系の不調を整えてくれる効果が期待できますが、暑さが厳しくて乾燥しがちなモロッコでは、さっぱりとしたミントの味わいが幅広い層の人たちから支持されています。

お酒を飲む習慣のないモロッコではティータイムがとても大切にされていて、来客時には必ずといっていいほどミントティーを振る舞うのだそう。

もてなしの気持ちからか、モロッコでチャイを入れる際は専用の器やカップにもこだわり、注ぎ方にも独特の作法を用いている人が多く見られます。

トルコは「激甘ストレートティー」

トルコでチャイといえば、ティーカップではなく縦長のグラスに注がれたストレートティー!

しかもただのストレートティーではなく、角砂糖を5〜6個以上入れた「激甘ストレートティー」なんです。

これを1日に10杯以上飲むというトルコ人にとって、チャイは生活の中になくてはならない大切な存在であることはいうまでもないでしょう。

また、トルコでは甘いチャイにこれまた甘いお菓子を合わせるのが一般的で、ちょっと糖分の取りすぎが心配になってしまいますね。

トルコチャイ専用のグラスにはトルコの伝統的な柄が描かれているものも多く、トルコ土産としても人気があります。

世界のチャイを作ってみよう!

いかがでしたか?

インドでは「牛乳とスパイスで煮出したもの」、ロシアでは「ジャムを舐めながら」、モロッコでは「ミントティー」、トルコでは「激甘ストレート」と、国によってさまざまな味わいのチャイが存在していました。

ここでご紹介した国で飲まれているチャイは、日本でも簡単に作ることができます。

スパイスやジャム、ハーブなどを使用してチャイを作ってみるのもいいですし、器を購入してさらに本格的なチャイ作りに挑戦してみるのも面白そうです。

世界のチャイを自宅のキッチンで再現し、よりグローバルなティータイムを楽しんでみてくださいね!

《一時停止中》Linkteaのお試し秋摘み紅茶をプレゼント!

Linkteaはネパール紅茶をベースにした紅茶を専門販売しております。

  

今回、LINE@に登録していただいた《紅茶好きの方》に、
好評である秋摘み紅茶を無料プレゼントさせていただきます!

・最新情報やイベント出店情報
・LINE@限定で無料で商品プレゼント(不定期)
・Linkteaの紅茶で分からないことがある
・購入前に聞いてみたい方
・紅茶を取り扱いたい方

LINE@にて気軽にお問い合わせください!

ABOUT ME
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎