ハーブティー

【レモングラスティー】効果効能と気になる副作用

妊娠中にはカフェインの入っていないハーブティーを取り入れる女性も多いですが、中でもスッキリとしたレモンの味わいを楽しめるレモングラスティーが人気を集めています。

今回はレモングラスティーに期待できる効果効能や副作用、妊娠中の飲用について詳しくご紹介します。

レモングラスとは?

レモングラスティーの原料になっているハーブは「レモングラス」といい、レモンのような爽やかな香りとほのかな甘みを楽しめるハーブです。

家庭菜園でも栽培できる人気のハーブで、手作りレモングラスティーを楽しむ人も少なくありません。

レモングラスはレモンの香りがするため柑橘系の植物と勘違いされやすいですが、実は「イネ科」の植物。

トムヤムクンなどアジア料理に欠かせないハーブとしても有名で、料理のスパイスとしてはもちろん、虫除け効果も期待できる多様性を持ったハーブです。

別名「アジアの薬草」

レモングラスはその多様性からか、アジアでは「アジアの薬草」という別名がつけられています。

インドでは薬として用いられていたり、中国では古来より漢方として体の不調に役立てられたりしていたそうです。

体にしっかりと働きかけてくれそうなので、ぜひ取り入れてみたいハーブティーだといえるでしょう。

レモングラスティーの効果

「アジアの薬草」と呼ばれているレモングラスですが、ハーブティーとして乾燥させたものを「レモングラスティー」といいます。

ここでは、レモングラスの効果を凝縮したレモングラスティーの効果効能について詳しくまとめてみたいと思います。

疲労回復効果

レモングラスティーはレモンの香りがしますが、レモンの香りの元になっているのは「シトラール」という芳香成分です。

シトラールは心身の疲れをリフレッシュさせて疲労感を改善し、集中力を高めたり気分の切り替えをサポートしたりしてくれる働きも期待できます。

疲れが溜まってしまってなかなかやる気が出ないときはもちろん、仕事や勉強の休憩時間にもぴったりです。

消化器官系の不調緩和

また、シトラールには消化器官系の不調をサポートする効果も高いと考えられています。

「食欲不振」「消化不良」「胃痛」などに悩まされている人は、レモングラスティーを取り入れてみるといいかもしれません。

消化不良を起こしやすい人は食後に、食欲不振で悩んでいるなら食前にレモングラスティーを取り入れてみるのもよさそうです。

胃腸が弱りやすい夏バテの時期には、常温のレモングラスティーを飲む習慣をつけてみてもいいですね!

また、腸内に溜まったガスの排出もサポートしてくれるため、お腹が張ってしまいやすいときにもおすすめです。

美肌効果

シトラールには血管を広げてくれる働きもあり、血流促進効果が期待できます。

血流が促進されると、必要な栄養素が血液によって肌細胞に運ばれ、美肌効果につながります。

血流が悪いとどうしても顔色が悪く見えたりくすんで見えたりしてしまいますが、血流が促進されるだけで肌トーンがぱっと明るくなるもの。

また、血流促進以外にも「皮脂分泌量を調整する」「毛穴を引き締める」などの効果も期待できることから、ニキビ肌に改善にも役立ちそうです。

「顔色が悪い」「肌にツヤが欲しい」「ニキビができやすい」などと感じている人は、ぜひレモングラスティーを試してみてください。

殺菌作用

レモングラスは他のハーブの隣に植えておくと、害虫からハーブを守ってくれるといわれているほど「殺菌作用」の高いハーブです。

アジア料理にレモングラスが活用されるのは、食材に付着している菌や毒素を緩和させる目的でもあるんですよ。

古代ではレモングラスを感染症予防や発熱時・下痢時などに利用していたことからも、優れた殺菌効果が期待できます。

風邪が流行りだす時期や風のひき始めなどは、いつもの飲み物をレモングラスティーに置き換えてみるのもひとつの方法です。

口臭予防効果

レモングラスティーの優れた殺菌作用は、口内の雑菌にも効果てきめんです。

口臭の原因は口内で増殖した菌によることが多く、いくら歯磨きをしても菌の繁殖を抑えなければ意味がありません。

食後にレモングラスティーを飲むことで口内の雑菌の繁殖を抑えれば、爽やかな息が続くでしょう。

また、清々しいレモンの香りも口臭ケアにぴったりなので、ぜひ取り入れてみてください。

母乳の出をよくする

レモングラスティーには「母乳の出をよくする」効果もあるといわれていますが、これは専門家によっても異なる意見があがっています。

インドの伝承医学「アーユルヴェーダ」では、授乳婦にレモングラスが処方されることもあるほど、母乳の出をよくする効果があると考えられています。

レモングラス中の成分「シトラール」には血流促進効果があるとお伝えしましたが、母乳の原料となるのは母親の血液。血流がよくなれば当然、母乳の出にもいい影響が現れると予想できます。

一方で、レモングラスティーの授乳婦に対する安全性は確立されておらず、不安視する女性も少なくないようです。

妊娠中は飲める?レモングラスティーの注意点

さまざまな効果が期待できるレモングラスティーですが、妊娠中でも安心して飲めるハーブティーなのでしょうか?

ここでは、レモングラスティーを飲むときの注意点について詳しくまとめます。

妊娠中は飲用を避けるほうが無難?

レモングラスティーは比較的安全性が高く、年齢を問わず飲めるハーブティーです。

しかし、中には「レモングラスティーは子宮の収縮を引き起こす」と指摘する専門家も!

子宮の収縮につながるということは流産や陣痛につながる可能性も否定できないため、特に妊娠初期の飲用は気をつけたいところです。

妊娠中の有害性は観察されなかった!

一方で、レモングラスティーは妊娠中でも安心して飲めるハーブティーと考える専門家も少なくありません。

「メディカルハーブ安全性ブック第2版」「アロマテラピー図鑑」などの著書中では、妊娠中にレモングラスティーを飲んでも胎児に影響はなく、妊娠中の有害性は観察されなかったとの研究結果が示されています。

妊娠過程が安定していて切迫流産やお腹の張りなどがない場合は、妊娠中でも飲めるハーブティーと考える専門家もたくさんいます!

授乳中は飲み過ぎに気をつけて

レモングラスティーは母乳の出をよくする効果がるとお伝えしましたが、「メディカルハーブ安全性ブック第2版」によると、授乳中の飲用に関する最終的な安全性は確立されていないそうです。

しかし、授乳中の飲用で問題が発生したことも確認されていないため、そこまで神経質にならなくても大丈夫といえるのではないでしょうか。

ただし、あまりに飲みすぎると不安になってしまう人もいると思います。授乳中にレモングラスティーを飲む場合は、かかりつけ医に適量を相談してみるといいでしょう。

「糖尿病」傾向がある人は気をつけよう

妊娠中・授乳中の飲用での有害性は確認されていませんが、レモングラスティーは血糖値の数値を変化させる可能性があると指摘されています。(「メディカルハーブ安全性ブック第2版」による)

そのため、血糖値コントロールを実践している人や糖尿病の薬を飲んでいる人などは、レモングラスの飲用を控えておいたほうが無難です。

レモングラスティーは甘くて爽やかな香りの「万能薬草ハーブティー」

レモングラスの甘くて爽やかな香りは、疲労が溜まってしまったときや気分をスッキリさせたいときにおすすめです。

消化器官系の不調を整えてくれたり美肌効果も期待できたりするため、ぜひ毎日の水分補給として取り入れてみましょう。

ただし、妊娠中・授乳中の人は念のために専門家やかかりつけ医に相談すると安心です。糖尿病の人は控えるように注意してくださいね。

【送料無料】linkteaオリジナル飲み比べセット

Linkteaはネパール紅茶をベースにした自然派ブランドになります。

  

今だけ!ネパール産の最高級紅茶を3つ(春夏秋)摘みの紅茶(1,080円)を公式サイトの方限定でご提供いたします!

ダージリンに負けない茶葉で皆さん驚かれております。

ご購入はこちら→
ABOUT ME
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎