ハーブティー

【アロマ香るカモミールティー】妊娠中は飲める?飲めない?

リラックス効果が高く、ヨーロッパ諸国では現在も民間治療薬として活用されるカモミール。

ノンカフェインなので妊娠中も安心して飲めると思いがちですが、専門家によっては「妊娠中は控えたほうがいい」と主張するケースもあるようです。

いろいろ調べてみると、サイトごとに「飲んでも大丈夫!」「飲まないほうがいい!」と意見が異なるので、どちらを信じていいのかわからなくなってしまいますよね。

そこで今回は、妊娠中にカモミールティーを飲んでも大丈夫か、飲めない場合はなぜなのか、詳しく解説していきたいと思います。

カモミールとはどんなハーブなのか

ここでは、カモミールティーについての基本的な特徴や効果をご紹介します。

カモミールの効果

カモミールティーは、数あるハーブティーの中でも代表的なハーブティーとして知られています。

リラックス効果が高くて安眠作用も期待できることから、入眠前のドリンクとしても人気がありますよね。

安眠効果以外にも「粘膜や皮膚を健やかに保つ」「消化器官系の不調緩和」「免疫力強化」「アレルギー症状の緩和」など、幅広い効果が期待できる作用の優しいハーブです。

また、カモミールは「母の薬草」「貴婦人の花」などという別名があることからもわかるように、女性特有の不調に働きかけてくれるハーブといわれています。

女性特有の不調に効果が期待できてノンカフェイン!一見、妊娠中でも飲みやすいハーブティーに見えますが、実は「子宮収縮につながる可能性がある」と指摘する専門家もいます。

カモミールの種類

カモミールには「カモミールジャーマン」と「カモミールローマン」の2種類があり、それぞれに効果や特徴に違いがあります。

カモミールジャーマン

甘くスパイシーな香りでハーブティーに利用されることが多く、古代では病気の治療に使用されていたこともあるメディカル要素の強いハーブ。

女性ホルモン様作用があるため、妊娠初期は利用を控えるように指摘されていることが多い。

カモミールローマン

甘酸っぱい香りが特徴的で、リラックス効果に優れ安眠効果も期待されているハーブ。

体に働きかける作用が穏やかなのでどの年代でも取り入れやすく、ハーブ初心者にも人気が高い。

ハーブティーよりもアロマオイルや化粧品に利用される傾向がある。

このように、カモミールといっても種類によって微妙な違いがあります。特にカモミールジャーマンのほうが高いメディカル作用を持ち、体に与える影響が大きいと考えられています。

カモミールティーは妊娠中に飲める?飲めない?

カモミールの穏やかな香りはリラックス効果が高く、寝付けない夜や気分が沈んでしまいやすいときにも、そっと寄り添ってくれるように包み込んでくれるイメージです。

そんなカモミールですが、カモミールティーに使用されているカモミールの種類によって、妊娠中に飲めるか飲めないかが決まると考えられます。

先ほどご紹介した「カモミールジャーマン」はメディカル要素が強く、女性ホルモン様作用があったり子宮収縮につながったりする可能性があるハーブです。

一方で「カモミールローマン」は作用の穏やかさに定評があるハーブなので、妊娠中に控えるような指摘もほとんどされていません。

「では、カモミールローマンティーなら飲めるのでは!」と期待してしまいますが、実は市販のカモミールティーのなかには、ジャーマンかローマンか、使用原料についての記載がない商品も目立ちます。

今までカモミールティーを妊娠中に飲んでも、流産などの問題につながった記録はありませんし、実際に妊娠中でもカモミールティーを飲んでいる女性もいます。

一方で、カモミールティーを飲むことで子宮収縮につながる可能性があるといわれていることは、妊娠中の女性に大きな不安を与えてしまうことも事実です。

妊娠中にカモミールティーを飲んでしまったら?

カモミールティーには子宮を収縮させてしまう作用があるといわれていますが、もしも知らずにカモミールティーを飲んでしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

「カモミールティーを飲むと子宮が収縮してしまい流産につながる」という恐ろしいイメージを持つ人も少なくないかもしれませんが、基本的にカモミールティーは安心して使えるハーブの代表格です。

薬用植物の生産や保全だけではなく、品質や安全性・適切な使用についての研究や調査を行なっている「トラディショナルメディシン社研究開発管理者」の著書「メディカルハーブ安全性ハンドブック」によると、カモミールジャーマンは安全性や相互作用が安定しているハーブだと記されています。

通常の使用の範囲内であれば安心して使用できるハーブと位置付けられていますが、妊娠中や授乳中の使用に関しては「問題は確認されていないものの、最終的な安全性は確立されていない」状況だそうです。

さまざまなサイトを見てみると、あたかも「カモミールティーを飲むと子宮収縮につながる」ことを連想させるようなものもありますが、数杯飲んだ程度で流産につながる可能性は低いといえるのではないでしょうか。

とはいえ、カモミールティーを飲むことで流産が心配になったりストレスが溜まったりしてしまう場合は、お腹の中の赤ちゃんにもよくありません。

他のお茶やハーブティーに変えるなど、カモミールティー以外で好きになれる飲み物を探してみてください。

担当医に相談してみるのもアリ!

カモミールティーは安全性の高いハーブですが、そのメディカル要素の強さから「子宮収縮につながる」「妊娠中は控えるべき」といわれることもあります。

カモミールティーを飲んで陣痛が始まったり流産につながったりという医学的証拠はありませんが、お腹の中の赤ちゃんに少しでも悪い影響を及ぼすのであれば摂取も控えたいですよね。

いろいろなサイトを参考にしてみるのもいいですが、できればかかりつけの産婦人科などで担当医に相談してみることをおすすめします。

産婦人科の医師はハーブや漢方分野に精通している人も多く、妊娠中のハーブティー飲用についてアドバイスをもらえるかもしれません。

【結論!】妊娠中のカモミールティーは控えておいたほうが安心

カモミールティーを飲んで流産することはほぼないと思いますが、少しでも子宮収縮につながる可能性があるのなら、念のために妊娠中の飲用は控えておいたほうが安心です。

ちなみに、私は現在3人の子どもを育てています。1人目のときは飲み物にも気を使っていましたが、2人目3人目となるといい加減になるものです。

カモミールティーやカフェイン入りの紅茶もたまに楽しんでいましたが、特に問題もなく出産できました。

もしもカモミールティーが飲みたくて仕方なくなった場合は、まずは担当医に相談してみましょう。

【送料無料】linkteaオリジナル飲み比べセット

Linkteaはネパール紅茶をベースにした自然派ブランドになります。

  

今だけ!ネパール産の最高級紅茶を3つ(春夏秋)摘みの紅茶(1,080円)を公式サイトの方限定でご提供いたします!

ダージリンに負けない茶葉で皆さん驚かれております。

ご購入はこちら→
ABOUT ME
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎