ハーブティー

紅茶に生姜をプラスで体ぽっかぽか!美味しいジンジャーティーの作り方

港には様々な種類のハーブティーがありますが、寒い季節におすすめしたいのは「ジンジャーティー」です。

ジンジャー=生姜には体を温める効果があることは有名ですが、ここでは生姜が持っている様々な効果についてスポットを当てていきたいと思います。

また、美味しいジンジャーティーの作り方もご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

そもそもジンジャーティーとは?

生姜の粉末や乾燥した生姜を使用しているジンジャーティーには、メーカーによって様々な種類のものがあります。

  • 生姜の粉末のみを使用しているもの
  • カモミールなどのハーブティーに生姜を混ぜているもの
  • 紅茶の茶葉に生姜を混ぜているもの
  • 葛湯になっているもの

上記のように、ベースがハーブティーなのか紅茶なのか・それとも生姜エキスだけで作られているのかによって味や香りにも大きな差が生まれるでしょう。

ただ、どのような種類のジンジャーティーであっても生姜特有の「体を温める」という働きに変わりはありません。

ジンジャーティーの嬉しい効果効能


ジンジャーティーに入っている生姜ですが、ここでは生姜の効果や効能について詳しくまとめています。

冷えが気になる人は、ぜひ生姜のパワーを活用してみてはいかがでしょうか?

血行促進

生姜の代表的な効果効能といえば、何と言っても「冷え性の改善」です。

生姜の薬効成分である「ショウガオール」「ジンゲロール」といった成分が血管を拡張させ、滞った血流を促進させてくれます。

生姜によって血流が促進された体はポカポカと温かく、人によっては発汗する場合も少なくありません。

生姜の効果は3〜4時間は持続するので、朝昼晩と1日3回に分けて飲むと効果的です。

消化器官系の不調を整える

血行が促進された体内では、消化器官系周辺の血流も良くなることから、胃腸の働きを活性化させます。

消化吸収が良くなるのはもちろんのこと、胃潰瘍などの原因にもなるピロリ菌への殺菌効果も認められているんですよ。

肩こりや痛みの緩和

生姜の持つ優れた血流促進効果は、冷え性予防や改善だけではなく「痛みの緩和」にもつながっています。

「冷えは万病の元」とも言われるほど、体が冷えると様々な体調不良が生じてくるものです。

生姜を利用して血流促進を促せば、肩こりや腰痛・頭痛・生理痛といった様々な痛みの緩和が期待できると言えます。

免疫力を高める

生姜に含まれている「ジンゲロール」という成分は、人間の免疫細胞を活性化させて白血球を増加させることが分かっています。

免疫力がUPすれば、体内に侵入した細菌やウィルスの繁も防いでくれるでしょう。
風邪が流行り出す時期や風邪のひき始めには、ぜひ生姜で免疫力を高めたいものです。

生活習慣病を予防

生姜には血流促進効果があるとお伝えしましたが、血液への働きはその他にもあります。
その中でも特に注目したいのは、生姜の「血液をサラサラにする」という力。

血液がサラサラになることで高血圧・動脈硬化などの生活習慣病の予防につながるばかりではなく、血糖値を下げて糖尿病予防にもなると言われています。

チューブで簡単!ジンジャーティーの作り方


市販のジンジャーティーなどには、生姜を粉末化したパウダーや乾燥させた生姜などが使用されています。

また、家庭でジンジャーティーを作る場合は「生生姜をスライスして利用する」なんて人も珍しくありません。

ただ、毎回生生姜をスライスするのも手間がかかってしまうものですよね…。

そこでおすすめの方法は「生姜チューブ」を使用して、簡単にジンジャーティーを作るという時短テクニック!

ここでは生姜チューブで簡単に作ることができるジンジャーティーのレシピをご紹介するので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

ハニージンジャーティー

材料&作り方

材料/
紅茶ティーパック・お湯・生の生姜チューブ・はちみつ

作り方/
1. お湯を沸かす
2. マグカップに生姜チューブを2cm程度入れる
3. そこへ熱湯を注ぎ、よくかき混ぜる
4. 紅茶のティーパックを入れて数分待つ
5. お好みではちみつを入れる

生姜のスパイシーさとはちみつの甘みがベストマッチ!

はちみつは美容と健康のためにもいい食材なので、ぜひジンジャーティーの中に入れて取り入れたいですね。

ジンジャーミルクティー

材料&作り方

材料/
紅茶ティーパック・牛乳・生姜チューブ・砂糖

作り方/
1. 小鍋に牛乳を入れて沸騰直前まで加熱する
2. 火を止めた鍋の中に紅茶のティーパックを入れて5分くらい放置する
3. 紅茶のティーパックを取り出し、生姜と砂糖を入れる

ミルクの濃厚な香りと紅茶の深い味わいの中、生姜のピリリとした刺激が大人な雰囲気を演出します。

紅茶の味を強く出すために、ティーパックの放置時間はやや長めにするのがポイントです。
飲む前にミルクフォーマーで泡立てれば、ジンジャーラテとしても楽しめますよ。

ジンジャー葛湯

材料&作り方

材料/
お水・紅茶ティーパック・生姜チューブ・砂糖・片栗粉

作り方/
1. マグカップにお水150ccを入れてレンジで1分加熱する
2. マグカップの中に紅茶ティーパックを入れ紅茶を作り、生姜と砂糖を入れる
3. 紅茶が熱いうちに片栗粉大さじ1杯を入れてよく混ぜる

トロみのある飲み口がほっこり美味しい葛湯は、小腹が減っている時にも最適です。混ぜてもトロトロになりにくい時は、レンジで再度加熱しましょう。

レモンジンジャー

材料&作り方

材料/
レモン果汁・生姜チューブ・お湯・はちみつ

作り方/
1. マグカップに熱湯を注ぐ
2. その中にレモン果汁・生姜チューブ・お好みではちみつを入れる

白湯に入れるだけというとっても簡単なジンジャーティーなので、忙しい朝の飲み物としてもぴったりです。

レモンと生姜はとても相性が良いのですが、さらにはちみつを加えるとコクと風味がUPして飲みやすくなるのでおすすめですよ。

カモミールジンジャーティー

材料&作り方

材料/
カモミールティーのティーパック・生姜チューブ・お湯

作り方/
1. お湯の中にカモミールのティーパックを入れ、濃いめに抽出する
2. その中に生姜チューブをお好みの量入れてよく混ぜる

リラックス効果の高いカモミールティーは青リンゴのようなフルーティーな香りが特徴的なハーブティーですが、意外なことにスパイシーな生姜との相性が抜群なんです。

カモミールの風味を引き立たせるように、ティーパックを利用する際は5〜6分長めに放置してみましょう。

ジンジャーティーには種類がたくさん!お気に入りを見つけよう


いかがでしたか?

ジンジャーティーには「紅茶ベースのもの」「ハーブティーベースのもの」などがあり、種類も豊富です。
どのジンジャーティーを選んでもそこには生姜の効果効能が詰まっているので、飲むだけで体がポカポカしてくること間違いなし!

「冷え性だ」「風邪をひきやすい」という人は、積極的にジンジャーティーを飲んで体の中から対策を心がけていきましょう。

ABOUT ME
Aさん
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎
人気のLinkTeaの紅茶を皆さまへ

LinkTeaではネパールのお知り合いのオーナーから直接仕入れた紅茶を販売しております。
ネパールの紅茶を美味しさを皆さんにも是非。
\\2019年の茶葉も入荷しました//

▶︎LinkTeaの紅茶はこちら