グッズ

ティーメジャースプーンとは?使い方やおすすめの種類

リーフタイプの紅茶を使用する際、どのようにして茶葉を計測していますか?

美味しい紅茶を淹れるためにはお湯の量に合った茶葉の使用が欠かせませんが、いちいちスケールを用いて分量を測るのは面倒ですよね。

そこでおすすめするのが、今回ご紹介する「ティーメジャー」です。
ティーメジャーは1杯分の茶葉を簡単に計測することができる便利なツールとして、紅茶好きから注目を集めているアイテム。

ティーメジャーの特徴だけではなく、正しい使い方や他のスプーンとの違い、おすすめのティーメジャーについてもまとめていきたいと思います。

ティーメジャーとは?普通のスプーンとどう違う?


スプーンには「コーヒースプーン」「ティースプーン」「デミタススプーン」などさまざまな種類があり、どのスプーンがどのくらいの大きさなのかわかりにくいと感じている人も少なくありません。

ティーメジャーの定義はまちまちで明確な判断基準はありませんが、一般的に「ティーメジャー1杯分で3〜4gの茶葉をすくうことができる」といわれています。

ティーメジャーを使用すると、300ccのお湯に対して最適な茶葉を1回で計量することができるため、とても便利ですよね。

ティーメジャーの形状は、一般的なスプーンに比べると「丸く大きな形」をしているのが特徴的で、大ぶりのリーフからCTCのような細かなものまでしっかりとすくうことができます。

また、ティーメジャーは紅茶の茶葉を計る専門の道具ですので、どこか特別感を感じさせてくれます。

「紅茶の専門道具を持っている」という満足感は、紅茶好きにとって優越感すら感じさせてくれるはずです。

ティーメジャーを使うことで毎回計量する茶葉の量が一定になれば、いつでも同じ飲み口の紅茶を楽しむことができるため、紅茶の淹れ方にこだわりを持っている人には特におすすめです。

ティーメジャーの使い方


さっとひとすくいするだけで2カップ分の紅茶を美味しく淹れることができるティーメジャーは、茶葉の種類によって使い方を分けるのが一般的です。

基本的にはすくうだけですが、山盛りかどうかによっても紅茶の味や風味が異なりますし、茶葉の種類によっては「適量3g」「適量4g」と異なる表記が記されている場合も。

多くのティーメジャーは「ひとすくいで2カップ分」とされていますが、茶葉の種類や飲み手の好みによっても最適な茶葉の量は異なります。

紅茶のパッケージには茶葉の適量が記載されているため、紅茶を淹れる前に「ティーメジャー1杯分で何gになるか」を計量し、自分のベストな量を考案してみてください。

また、ティーメジャーは取っ手が短くてコロンとした可愛らしい形のものが多く、茶葉が入っている缶にそのまま入れてもOK!

収納場所にも困りにくいので、ひとつ持っておくと何かと役立つはずです。

紅茶ブランドの大定番!ルピシアのおすすめティーメジャー


紅茶ブランドの大定番としても知られているルピシアからは、さまざまな種類の紅茶だけではなく、ティーストレーナーやティーポット、ティーメジャーも発売されています。

ここでは、紅茶好きにおすすめできる、上品な印象のルピシア製ティーメジャーをご紹介します。

ルピシア ティーメジャー オリジナル・ドザールスプーン型

ゴールドの輝きが美しいルピシアのティーメジャーは、伝統的なスプーンのシェイプに見惚れてしまうほど、気品たっぷりの雰囲気が魅力的です。

丸いフォルムは可愛らしさも兼ね備え、シンプルでどんなインテリアにも馴染みやすいでしょう。

詳細→https://www.lupicia.com/shop/g/g41001282/

ルピシア ティーメジャー オリジナル・ドザール スコップ型

スコップ型のティーメジャーは、少しクールな雰囲気で男性の紅茶好きにもぴったり!

スプーン型に比べるとたくさんの茶葉をすくいやすいので、濃いめに淹れたいときにも重宝するはずです。

詳細→https://www.lupicia.com/shop/g/g41001283/

ルピシア ティーキャディースプーン・リーフ

こちらは、葉っぱのシェイプが上品なティーメジャー。

一杯で約4gの茶葉をすくうことができます。ギフトとして贈っても喜ばれるでしょう。

詳細→https://www.lupicia.com/shop/g/g22920257/

ルピシア ティーメジャー ティーキャディースプーン・ポット

持ち手がポットの形をしているこちらのティーメジャーは、「Tea」の文字が紅茶好きにぴったりの一品。

一杯ですくえるのは約3gの茶葉と、リーフタイプに比べるとやや小ぶりのデザインが特徴的です。

詳細→https://www.lupicia.com/shop/g/g22920258/

100円均一でティーメジャーを購入?


先ほどご紹介したルシピアのティーメジャーは、価格帯としては全てワンコイン程度で購入することができるリーズナブルさが特徴でした。

しかし、中には「もっと求めやすいティーメジャーが欲しい!」という人もいるのではないでしょうか?

そこで注目したいのが、ダイソーやセリアといった「100均ショップ」の存在です。

100均には「金属製」「木製」などさまざまなタイプのティーメジャーが売られているため、好みに合わせて数種類揃えてみるのも面白そう。

ティーメジャーのおすすめ3選


ティーメジャーは紅茶の茶葉を計量する専門的な道具ということもあってか、紅茶好きから支持を集めそうなデザインが多いという特徴があります。

ここでは、ちょっと贅沢な、高品質のおすすめティーメジャーをご紹介してみたいと思います。

ロンネフェルト ティーメジャーリングスプーン

ロンネフェルト ティーメジャーリングスプーン

ドイツの老舗高級紅茶ブランドとしてその名が世界中に知れ渡っている「ロンネフェルト」からは、ステンレス製のティーメジャースプーンが発売されています。

スプーンの先端にはティーポットのイラストが印字されているだけではなく、柄の部分にはロンネフェルトのロゴがさりげなく光ります。

シンプルで丈夫な作りで、長く愛用することができるはず。

エレガント ティーキャディー

エレガント ティーキャディー

リーフのシェイプがなんともエレガントなこちらのティーメジャー。

ステンレスとシルバーの2色から選ぶことができるため、インテリアの雰囲気に合わせてテーブルコーディネートを楽しむのもいいでしょう。

早川シルバー ティーメジャー クリップセット

早川シルバー ティーメジャー クリップセット

こちらのティーメジャーは、なんとシルバー製!

新潟県燕市の銀器専門メーカーである「早川器物」の銀製品というブランド力だけではなく、熟練の職人によってひとつひとつ手作業にて制作されたというこだわりのティーメジャーです

強力マグネット効果でティーメジャーを缶に装着でき、使い勝手もバッチリ考えられていますね。

紅茶葉の計量には「ティーメジャー」がおすすめ


ティーメジャーでさっとひとすくいすれば、カップ2杯分の紅茶に必要な茶葉を簡単に計量することができます。

ティーメジャー1杯分で約3〜4gの茶葉をすくうことができるため、好みの淹れ方に合わせてすくい方を調節してみてくださいね!

Linkteaは紅茶情報を更新していきます!

Linkteaはネパール紅茶をベースにした紅茶を専門販売しております。
リアルタイムで情報の発信や質問にお答えしたいと思い、LINE@をオープンしました。

・最新情報やイベント出店情報
・LINE@限定で無料で商品プレゼント(不定期)
・Linkteaの紅茶で分からないことがある
・購入前に聞いてみたい方
・紅茶を取り扱いたい方

LINE@にてお気軽にお問い合わせください!

“buyer”
ABOUT ME
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎