紅茶

紅茶の茶葉はティーポットに入れっぱなしでもいいの?美味しい紅茶の飲み方

紅茶とハーブティーを販売している、linkteaのwebマガジンです。

紅茶を飲む際、茶葉をティーポットやカップに入れっぱなしにしておいてもいいのでしょうか?

茶葉を入れっぱなしにしてしまうと渋くなってしまうかもしれませんが、ゆっくりと紅茶を飲みたい気分のときなどは、必然的に茶葉が入れっぱなしになってしまいますよね。

どのような飲み方をすれば、紅茶を美味しく楽しめるのでしょうか。今回は、そんな素朴な疑問点について多角的に考えていきたいと思います。

紅茶の茶葉は入れっぱなしにするのが正しい?

紅茶の本場イギリスでは、ほとんどの場合が「ティーポットに茶葉が入った状態」でゲストに提供されます。

ゲストは自分たちでティーポット内の茶葉を取り除けないため、必然的に茶葉がティーポットの中に入れっぱなしになった状態で紅茶を頂くことになるでしょう。

日本でも多くの場合、イギリスのようにティーポットに茶葉が入った状態で提供されますが、この方法が必ずしも正しいとは限りません。

紅茶を提供する店の考えによって、茶葉を入れっぱなしにする場合もあれば茶葉を抜いてからゲストへ提供する場合もあるからです。

茶葉を入れっぱなしにするメリット

茶葉を入れっぱなしにして提供する場合、以下のようなメリットが考えられます。

  • ゲストが濃さを自由に調節できる
  • 薄い紅茶と濃い紅茶、両方を味わえる
  • 濃くなった紅茶にはミルクを加えて味変を楽しめる

メリットがある一方で、デメリットもあります。それは、茶葉を入れっぱなしにすることで生じる「渋みや雑味」です。

長時間茶葉を入れっぱなしにしてしまうと、茶葉から余計な苦みやえぐみなどが抽出されてしまうこともあるでしょう。

ただし、紅茶の銘柄や発売メーカーによってかなり大きな差が出るので、一概に味が低下するとは言えません。

茶葉を入れっぱなしにしないメリット

ゲストに提供する前に、ティーポットの中から茶葉を抜く場合のメリットについて考えてみましょう。

  • 安定した味わいや香りを楽しめる
  • 紅茶ではなく会話に集中できる

茶葉を入れっぱなしにする場合、紅茶の抽出具合が気になっておしゃべりに集中できない…と感じる場合があるかもしれません。

しかし、はじめから茶葉を抜いていればそのような心配もなく会話に集中できるところがメリットと言えそうです。紅茶の味が変わらないので、安定した飲み口を求める人に最適でしょう。

美味しい紅茶を!茶葉を入れっぱなしでも渋くならない便利グッズ

一般的に、多くの人が「ティーポットに茶葉を入れっぱなしにする」という方法で紅茶を淹れていると思います。

しかし、どうしても淹れっぱなしによる味の変化や渋さが気になってしまう場合もありますよね。

そこでここでは、茶葉を淹れっぱなしにしても渋くなりにくい、便利なアイテムを紹介します。

Vitantonio ビタントニオ ツイスティー

こちらは、持ち運びができるコンパクトタイプのティーポットタンブラーです。ティーポットとタンブラーがひとつになった斬新なデザインが注目を集めています。

フィルター付きで、茶葉とお湯を入れれば完成。あとはボトルをひねるだけで、好みの濃さに調節可能という画期的なアイテムです。

ホット・アイス共に対応しているだけではなく、漏れにくい仕様になっていることから外出時の持ち歩きにもぴったり!

オフィス・学校・アウトドアやキャンプなど、様々なシーンで活躍してくれること間違いありません。

created by Rinker
¥2,860
(2024/04/13 19:06:06時点 楽天市場調べ-詳細)

キントー ティーポット 680ml

こちらは、茶葉をそのままティーポットへ入れるのではなく、大きな茶こしの中に茶葉を入れるタイプのティーポットです。

茶こしの中に茶葉を入れているため、好みの濃さになったらさっと茶こしごと取り出せばOK!簡単に茶葉を取り出せるので、紅茶が渋くなってしまうのが気になる人におすすめのティーポットです。

created by Rinker
¥2,890
(2024/04/14 09:42:03時点 楽天市場調べ-詳細)

ティーポットの選び方について詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてください。

今さら聞けない「ティーポットの選び方」!おすすめポット3選 紅茶とハーブティーを販売している、linkteaのwebマガジンです。 ティーポットは、紅茶(特にリーフティー)を使用...

上質な茶葉は入れっぱなしでも渋くならない!

紅茶の茶葉をティーポットに入れっぱなしにするかどうかは、自分が「何を楽しみたいのか」によって決めることをおすすめします。

紅茶の状態を気にしてしまうあまりその空間を楽しめないのであれば茶葉を取り除いた方がいいですが、あえて茶葉を入れっぱなしにして様々な紅茶の味わいを堪能してみる方法もありです。

どちらが「正しいのか」ではなく、その時々に応じて「どちらが心地いいのか」で選んでみるといいでしょう。

ちなみに、わたしは茶葉を入れっぱなしにする派です。安価な紅茶だと渋くなってしまいますが、品質のいい茶葉は入れっぱなしにしていてもさほど渋さが気にならないことがほとんど。

特に、Link teaのオータムナルは茶葉を入れっぱなしにした方が味に深みが出ることもあるので、わたしのティータイムの必需品です。

LINE@お友達登録で200円offプレゼント中!

inkteaはネパールから直接茶葉を輸入している紅茶専門店です。

渋みが少ない、芳醇な香りで甘みのある茶葉を使用。

フレーバーティーやハーブティーも作っています。

今ならlinktea公式LINE追加で、200円オフクーポンプレゼント中です!

【200円OFFクーポン】
linktea公式LINE追加でこちら→

Amazonからの
購入はこちら→