紅茶

ティーバッグで簡単に!ルイボスミルクティーの美味しい作り方

ノンカフェインで美容健康効果の高いルイボスティー。

ルイボスティーは独特の甘味があり病みつきになってしまう味わいが特徴的ですが、多くの人はストレートで楽しんでいるようです。

そこで今回ご紹介するのが、ティーバッグで作る「簡単ルイボスミルクティー」!

いつものルイボスティーに飽きたら、ぜひミルクを加えて味の変化を楽しんでみてくださいね。

ルイボスティーの特徴


ルイボスティーはノンカフェインのハーブティーとして知られていますが、どのような特徴があるのでしょうか?

詳しくご紹介いたします。

ルイボスティーとは


ルイボスティーとは、南アフリカの「セダルバーグ山脈」で育っているマメ科の植物。

紅茶などの茶葉とは異なり、タンニンが少ないので紅茶特有の渋みやえぐみが少なく、ほのかな甘味が感じられます。

ルイボスティーは世界的にも希少価値が高いハーブティーといわれていますが、それはルイボスティーが「南アフリカでのみ育つことができる植物」であるから。

過去に、アメリカやオーストラリアでの栽培が試みられましたが、なぜだか南アフリカの一部分以外では育たないのだとか…!

セダルバーグ山脈地域の現地住民からは「不老長寿のハーブティー」として、古くから親しまれてきたというルイボスティー。

強烈な日差しに寒暖の差が激しい山脈周辺で育つルイボスティーは、砂漠のように乾燥した地面から水分や栄養素を吸い込みます。

厳しい環境下においても自生することができるルイボスの木には、現在人に欠けているさまざまな栄養素がぎゅっと濃縮されているといっても大げさではありません。

ルイボスティーの種類


ルイボスティー特有の甘く熟されたような香りは、作られる際に「発酵させること」で得られているもの。

発酵度合いによって味や香りに違いが出るため、ルイボスティーの種類も大きく分けて「発酵しているレッドルイボスティー」と「発酵させていないグリーンルイボスティー」の2種類に分けられます。

一般的にルイボスティーと呼ばれているのは、実は「発酵させたレッドルイボスティー」の方。

レッドはグリーンよりも濃厚で深みがあり、ほのかな甘味がルイボスティー特有の味わいを演出しています。

レッドは流通量も多く価格も求めやすいため、気軽に購入することができるという特徴があります。

一方で、グリーンの方は発酵していないため香りや味わいがさっぱりとしていて、緑茶のような清々しい飲み口。

発酵しないように厳重に管理して作られているため、価格はレッドに比べると高価です。

また、グリーンは発酵していないことで抗酸化作用の高いフラボノイドがレッドよりも10倍近く含まれていて、より健康に気を使いたい人に最適です。

ルイボスティーの効果効能


さまざまな効果や効能が期待でき、不老長寿のハーブティーとしても知られているルイボスティー!

ここでは、ルイボスティーの主な働きについて詳しくご紹介します。

美容効果


ルイボスティーには優れた抗酸化作用(細胞の老化を抑止する作用)を持つフラボノイドが配合されているため、美肌効果やエイジングケアにおすすめです。

フラボノイドには、体の老化を促進させてしまう「活性酵素」を取り除く働きがあります。

肌荒れやシミしわなどの肌トラブルにはもちろんのこと、フラボノイドによる代謝UPも期待できるため、体の中から健康的に!

ダイエット効果


ルイボスティーに含まれているフラボノイドには、ダイエット中の人に嬉しい「脂質や糖質の代謝を高める」という効果もあります。

いつもの食事にルイボスティーを取り入れるだけでスリムを目指せるため、ダイエット中にはぜひ取り入れてほしい飲み物!

また、フラボノイドには調整作用があり便秘の改善も期待できるため、より効率よくダイエットに取り組むことができるでしょう。

冷え性改善


フラボノイドの働きによって代謝がUPすると、血流が促進され冷え性の改善にもつながりやすくなります。

冷え性が改善されると「寝つきがよくなる」「基礎代謝が上がって痩せやすい体質になる」など、多くのメリットも現れるでしょう。

アレルギー緩和


ルイボスティーには、アレルギー症状発症の原因になる「ヒスタミン」を減らす作用も持ち合わせていると考えられています。

花粉症をはじめ、気管支喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状によってかゆみ等の症状がある人、または予防としても取り入れる人も見られます。

ティーバッグで簡単に!ルイボスミルクティーの作り方


自然な甘味があるルイボスティーは、実はミルクとの相性が抜群!

普段は「ストレートで飲んでいる」という人でも、ぜひここでご紹介するルイボスミルクティーをぜひ試してみてください。

ティーバッグで簡単に作ることができるため、忙しい朝でも挑戦しやすいですよ。

基本のルイボスミルクティー

材料
  • お湯200ml
  • ルイボスティーティーバッグ1袋
  • 牛乳10〜20ml
  • はちみつ
作り方
  1. お湯を沸かしてルイボスティーのティーバッグを浸し、数分蒸らす。
  2. レンジで少し温めた牛乳を蒸らしたルイボスティーの中に入れる。
  3. お好みではちみつを加えて完成!

ティーバッグを使用することで、驚くほど簡単にルイボスミルクティーが完成します。

作る際のポイントは、蒸らし時間を気持ち長めにすることで「濃く淹れる」こと!

ミルクの風味に負けてしまわないように、しっかりと蒸らしてルイボスの成分を抽出させてください。

また、より濃厚なミルクティーを楽しみたい場合は、牛乳の代わりに生クリームを使用してみるのもおすすめです。

寒い冬におすすめ!スパイシールイボスミルクティー

材料
  • お湯200ml
  • ルイボスティーティーバッグ1袋
  • 牛乳10ml
  • シナモンパウダーひと振り
  • ジンジャーパウダーひと振り
  • はちみつ
作り方
  1. お湯を沸かしてルイボスティーのティーバッグを浸し、数分蒸らす。
  2. レンジで少し温めた牛乳と、ジンジャー・シナモンパウダー・はちみつを加えてよく混ぜる。

ジンジャーとシナモンパウダーを加えることで、ほんのりスパイシーな味わいの「チャイ風ルイボスミルクティー」が完成です。

ジンジャーが体を温めてくれるため、寒い日にぴったりの飲み物です。

より個性的な味わいや香りを楽しみたい人は、上記のレシピにオレンジピールを加えてみるのもおすすめ!

ティーバッグで簡単に!ルイボスミルクティーを楽しもう


ルイボスティーには「美肌効果」「ダイエット効果」「冷え性改善」などさまざまな効果があるだけではなく、妊活中の女性からも注目を集めています。

妊活・妊娠中におすすめの「ルイボスティー」とは?効能や種類まとめカフェインが入っていないことから、妊娠中・妊活中の女性から絶大な支持を得ている「ルイボスティー」! 今回はルイボスティーの効能や効...

濃いめに淹れることでミルクとの相性が高まるため、ルイボスティーの楽しみ方がより広がります。

はちみつをたっぷりと入れて甘い飲み口を楽しむのもよし、スパイスを入れてちょっと刺激的なルイボスティーにしてみるのもおすすめ!

ぜひ、思い思いのルイボスミルクティーを作ってみてくださいね。

Linkteaのお試し飲み比べセットを《送料無料》でお届け!

Linkteaはネパール紅茶をベースにした紅茶を専門販売しております。

  

今回、LINE@に登録していただいた《紅茶好きの方》に、
好評であるネパールの春夏秋の紅茶を送料無料でご提供させていただきます!

珍しいネパールの紅茶の違いをぜひ感じてください

下記通販サイトより、詳細をご覧くださいませ。

お試し紅茶はこちら→
ABOUT ME
hana_sora
元パティシエのティーインストラクター。今までの知識と経験を活かし、皆様に紅茶の素晴らしさを伝えるため、webライターとして活躍中。美味しい紅茶は人生を豊かにしてくれます。好きな紅茶はダージリンオータムナル