紅茶

夏場の水分補給には「紅茶」がおすすめ!メリットや注意点も

だんだん気温が高くなってきましたね。汗ばむ日が増えてくると、どうしても喉が渇きやすくなってしまいます。

皆さんは、日頃からどんな水分補給されていますか?

「水を飲むようにしている」「スポーツドリンクやノンカフェインのハーブティーなどを飲む」という人も多いですが、私のおすすめは「紅茶」で水分補給することです。

今回は、夏場に紅茶で水分補給することのメリットや注意点について詳しく紹介していきたいと思います。

夏場の水分補給に「紅茶」がおすすめなのはなぜ?

水分をしっかり補給したい夏場は、水やスポーツドリンクもいいですが「紅茶」もおすすめです。
ここでは、夏場の水分補給に紅茶がおすすめの理由について考えてみましょう。

日焼けによるシミそばかすにアプローチ!

紅茶に含まれる「紅茶ポリフェノール」には、私たちの身体を老化させてしまう原因となる「活性酵素」を除去する働きがあります。

特に夏場は、紫外線の刺激によって体内に活性酵素が溜まってしまいやすく、日焼けによるシミやそばかすだけではなく、乾燥によるシワも引き起こしやすくなります。

紅茶に含まれるポリフェノールには優れた抗酸化作用があり、日焼けによるシミ・シワ・そばかす対策にうってつけ!

おいしく飲みながら紫外線対策ができるなんて、夢のような話ですよね。

夏バテ予防にも!

紅茶に含まれるカフェインは胃液の分泌をサポートしてくれるため、胃腸の働きが弱くなりがちな夏場にぴったりの飲み物です。

胃腸の働きが低下してしまうと消化不良にもつながりやすく、夏バテを助長してしまったり、食事からの十分な栄養摂取もしにくくなったりしてしまいます。

紅茶は内臓を温めて消化を促してくれるため、夏になると食欲がなくなる人や胃腸の調子が悪くなるという人におすすめ!

冷たいアイスティーをゴクゴク飲むのもおいしいですが、胃腸が弱っているときはできるだけ「常温〜ホット」の紅茶を飲むようにするといいでしょう。

デトックス効果

紅茶は利尿作用やデトックス効果が高いことから、身体の中に溜まった老廃物や毒素を排出してくれる働きも期待できます。

日本の夏はとても蒸し暑く、どうしても食が細くなってしまい栄養バランスが偏りがちになってしまいますよね…。

すると、必然的に「甘いもの」「塩分が多いもの」を手に取る機会も増え、体内の栄養バランスが乱れがちになってしまいます。

すると、身体に偏った栄養素や水分が溜まりやすくなり、手足や顔がむくみやすくなってしまうでしょう。

紅茶のデトックス効果を上手く取り入れれば、偏った食事や季節的な不調にも対応しやすくなるはずです。

ウイルス感染予防に

紅茶に含まれている「テアフラビン」という成分は抗菌・抗ウィルス作用が高く、インフルエンザウィルスの感染力を99%以上無力化させるという研究結果も発表されています。

夏場はエアコンの中で過ごす時間も増えやすく、人によっては自律神経が乱れてしまうことから、体調不良を引き起こしてしまう場合も少なくありません。

身体の免疫力が低下すると様々なウィルスに負けてしまいやすくなるため、紅茶のパワーを借りて感染症対策してみるのもおすすめです!

夏場の水分補給に紅茶を取り入れる際の「注意点」は?

水分補給に紅茶を取り入れることで様々なメリットがありますが、飲み方に気をつけないと逆効果となってしまう場合もあります。

ここでは、夏場に紅茶で水分補給する際の注意点を紹介します。

飲みすぎないこと!

紅茶を水分補給にする場合、気をつけたいのは「カフェイン」です。一般的な紅茶に含まれているカフェインは、100mlあたり30mg(コーヒーの約半分)。

健康な成人の1日のカフェイン摂取推奨上限量は「400mg/日」ですので、紅茶13杯程度となりますね。

妊活中・妊娠中・授乳婦などはこれよりも低く、1日の上限量が200〜300mgを超えないように指摘される場合も少なくありません。

カフェインの過剰摂取は「カフェイン中毒症」を引き起こす要因となってしまうため、摂取量に気をつけたいところ!

水分補給に紅茶を取り入れる際は、「カフェイン摂取量を守る」「ノンカフェイン紅茶を利用する」などの工夫をしてみましょう。

昼以降は飲まない!

カフェインは脳を覚醒する働きがあります。眠け覚ましとしても利用されることが多く、脳への高い作用も確認されています。

そして、カフェインが体内へ入ると、分解されて体外へ排出されるまでに「平均8時間」かかるといわれています。

例えば、ブレイクタイムの15:00頃にカフェインを摂取した場合、身体の中からカフェインが抜け切るのは「23:00頃」となるわけです。

22:00頃に就寝したい場合は、昼以降のカフェイン摂取は睡眠の質を悪化させることもあると考えられるでしょう。

紅茶を摂取する時間帯によっては睡眠障害につながってしまう可能性もあるため、睡眠障害がある人などは「午前中〜昼食後」までの時間帯に紅茶を楽しむようにしてください。

できれば「ノンカフェイン紅茶」を!

紅茶にはカフェインが含まれているため、どうしても「カフェイン中毒症」「睡眠トラブル」などが懸念されます。

そのため、できるなら「ノンカフェインの紅茶」を取り入れてみましょう。カフェインが含まれていない紅茶であれば、カフェイン中毒症や飲む時間帯の心配をしなくても大丈夫!

ひと昔前までは「ノンカフェインの紅茶はおいしくない」といわれていましたが、現在は画期的なカフェイン抽出方法も確立され、ノンカフェインでも紅茶の風味をしっかりと感じられる商品が増えています。

ノンカフェイン紅茶を選ぶ際は、できるだけ「老舗紅茶メーカー」「高級紅茶ブランド」のものをチョイスしてみると、豊かな味わいを楽しめるでしょう。

アイスティーばかり飲みすぎない

暑い夏場の水分補給は、どうしても冷たく冷やしたアイスティーを飲みたくなってしまいますよね。

しかし、冷たい飲み物を日常的に摂取してしまうと胃腸の調子も狂ってしまいやすく、夏バテを助長させてしまう可能性もあります。

そのため、可能な限り「常温にして飲む」「たまにはホットティーにして飲む」などの工夫を加えてみてくださいね。

夏場の水分補給は紅茶で!ノンカフェインならなおよし!

紅茶に含まれているポリフェノールには、紫外線によって発生する活性酵素を除去する働きがあるだけではなく、紫外線によるシミそばかすの予防にもおすすめです。

夏場は汗によって身体の水分は発散されやすいため、こまめな水分補給を心がけていきましょう。

【linktea公式】line@はじめました!

ネパール紅茶をベースにした自然派ブランドになります。

linkteaのLINE@ではお得な情報を配信いたします!

・新茶の先取り&早割り販売

・ネパールの紅茶について

・linktea紅茶の最新情報&出店情報

・割引クーポンの配布

無料ですので、是非ともご登録してください。

LINE@ご登録はこちら→
ABOUT ME
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎