紅茶

紅茶でダイエット?紅茶を飲んで痩せる方法とその理由とは

よく「ダイエット中は水を1日に2L以上飲むといい」なんていわれますが、そんなに水を飲まなくてもダイエットに成功している人はいますよね。

人それぞれに体質が異なるように、個々に合ったダイエット方法も存在しているのは確かです。

そこで今回は、ダイエットに効果的な紅茶の飲み方や、紅茶の驚くべきダイエット効果についてまとめてみたいと思います。

「紅茶でダイエットができるって本当?」「なんで紅茶を飲むと痩せるの?」「紅茶のダイエット方法が知りたい!」という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

なぜ紅茶を飲むと痩せるのか


「紅茶ダイエット」という言葉があるほど、紅茶を飲む習慣をつけると痩せやすい体質につながるといわれています。

では、それはなぜなのでしょうか?

紅茶にはカフェインが含まれていますが、実はそのカフェインに「脂肪燃焼効果」が期待できるというのです。

さらには紅茶に含まれる「紅茶ポリフェノール」には脂肪分が体内に吸収されるのを抑制する働きもあることから、糖が脂肪になるのを効率よく防いでくれるというわけ!

また、紅茶には利尿作用や新陳代謝を活発にしてくれる働きもあるため、むくみの解消や基礎代謝UPも期待でき、痩せやすい体質作りに役立ってくれるでしょう。

紅茶には「脂肪の吸収を抑制」する成分も!

紅茶に含まれている「テアフラビン」という成分は紅茶ポリフェノールで、紅茶の水色(主に赤色)に関わっています。

テアフラビンの含有量が多ければ多いほど紅茶の水色が赤く発色する傾向にあり、脂肪の吸収を抑制する働きがあるとして注目されている成分です。

脂っぽい食事をしたり脂肪の吸収をできるだけ最小限に抑えたりしたい場合は、食中や食後にテアフラビンがたっぷりと含まれている紅茶を飲むといいでしょう。

また、テアフラビンには脂肪の吸収を抑えるだけではなく、血糖値の上昇を防ぐことも報告されています。

炭水化物や糖質の摂取が多いと、どうしても血糖値が急上昇してしまいがちですよね。

テアフラビンの働きを上手く取り入れることで血糖値コントロールが可能になると、抗メタボリックシンドローム効果も期待できるように!

紅茶に含まれるテアフラビンには、体の内側から健康的なスリム体型を目指せる働きがあるといえるでしょう。

ダイエット効果が期待できるハーブティーを知りたい人は、以下の記事もチェック!

ハーブティーで美味しくシェイプアップ!ダイエットにおすすめの種類はこれリラクゼーションサロンや美容院でもお客様に提供されることの多いハーブティーは、自然界に存在しているナチュラルな植物やハーブを乾燥させて飲...
まとめ
  • カフェインが「今ある脂肪」に働きかける!
  • 紅茶ポリフェノールが「これからつく脂肪」徹底的に予防!
  • カフェインとポリフェノールWの力で、効果的にスリムを目指せる!
  • 紅茶は「むくみが気になる」「便秘でぽっこりお腹が…」という人にもおすすめ!

紅茶ダイエットの方法は?


すでに蓄積されている脂肪の燃焼をサポートしながら、新たな脂肪が体につくのを防いでくれるという紅茶。

ここでは、紅茶を使用した具体的なダイエット方法をご紹介していきたいと思います。

脂肪燃焼のための紅茶ダイエット方法

「今ついている脂肪を落としたい!」という場合は、紅茶に含まれるカフェインの働きを利用します。

カフェインが脂肪燃焼効果を発揮するのは「摂取後30分程度経ってから」なので、運動する少し前に紅茶を飲むようにしてみましょう。

カロリーを増してしまうお砂糖やミルクは加えずに、ストレートで飲んでくださいね。

脂肪をつきにくくするための紅茶ダイエット方法

「ついつい糖を取りすぎてしまう」「脂っこい食事や炭水化物が大好き」という場合は、食事から摂取した大量の糖が脂肪へと変わり、体に「贅肉」として蓄えられていきます。

これを予防するためには、食事中〜食後30分以内に紅茶を飲むこと!食中から食後すぐに紅茶を飲むことで、食事から摂取した糖や脂肪が体へ吸収されるのを防ぎます。

最近ではあっさりとした飲み口で食事に合う紅茶も数多く存在しているため、食事のお供には「紅茶」と決めておくのもいいでしょう。

デトックス効果を発揮したいときの紅茶ダイエット方法

紅茶には新陳代謝を促進させる働きがありますが、よりデトックス効果を求めるのであればハーブティーとブレンドしてみましょう。

ブレンドするハーブは、お腹の調子を整えて安眠作用もある「カモミールティー」、利尿作用が高く食欲を抑える働きがある「フェンネル」、リンパの流れをよくしてくれる「レモングラス」などがおすすめ。

また、ダイエット中で食事制限を行っている場合は栄養が偏りやすくなるため、ビタミンやミネラルの豊富な「ルイボスティー」とブレンドするのもいいですね!

紅茶ダイエットの注意点


脂肪燃焼効果やデトックス効果が高い紅茶は、ダイエット中の人におすすめの飲み物でした。

しかし、紅茶ダイエットを行う際には注意点もいくつかあるため、ここでまとめてみたいと思います。

必ず「ストレート」で飲む

紅茶好きの人の中には、紅茶の中にお砂糖を入れたりミルクを加えたりして味の変化を楽しむ人も少なくありません。

お砂糖やミルクを加えると紅茶の味わいが広がるようで素敵ではありますが、ダイエット目的で飲むのであれば、できるだけ「ストレート」で飲んでいただきたいのです。

なぜなら、紅茶にお砂糖やミルクを入れてしまうとそのぶんカロリーが増えてしまうから。

ダイエット目的で紅茶を飲んでいるのに、わざわざカロリーを増やすような飲み方をしてしまうとなんだかもったいないですよね。

どうしても甘味が欲しいときは、ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富で美容効果も期待できる「はちみつ」「きび砂糖」などと選んでみてはどうでしょうか?

また、カロリーも糖質もゼロの「ラカント」「ラカンカ」は、罪悪感なしでお砂糖代わりになってくれる嬉しいアイテムです。

100%天然素材で無添加のラカンカは、お砂糖と同じ甘さなのになんと「カロリーゼロ」!

ウリ科の植物「羅漢果」と発酵ブドウ糖「エリスリトール」から作られたこちらの商品は、加熱にも強いのでホットの紅茶に入れてもしっかりと甘みを感じることができます。

紅茶を飲む量は「1日8杯程度まで」

紅茶は脂肪燃焼効果などがあってダイエットに効果的な飲み物ですが、やみくもに飲めばいいというわけではありません。

紅茶にはカフェインが含まれていることから、飲みすぎると「カフェイン中毒症」を発症させてしまう可能性もあることを頭に入れておきましょう。

では、1日に何杯くらいなら紅茶を安全に飲めるのでしょうか?

個人の体質などにもよりますが、世界保健機関(WHO)ではカフェインの過剰摂取に注意を促しており、健康な成人で1日に400mgまでのカフェイン摂取が望ましいと発表しています。

400mgのカフェインは紅茶のティーカップおおよそ8杯分なので、目安として覚えておきましょう。

できるだけ「ホットで」飲むこと

紅茶を飲む際は、できるだけホットで飲むようにしてください。

アイスティーも美味しいですが、やはりホットの方が体を温める作用が高く、新陳代謝や基礎代謝のUPから痩せやすい体質を目指すことができます。

紅茶にはもともと体を温める作用がありますが、さらに「ジンジャー」「シナモン」などのスパイスを加えることで、発汗作用やデトックス効果も高まるのでおすすめですよ!

created by Rinker
linktea
¥980
(2022/10/03 22:46:27時点 Amazon調べ-詳細)

紅茶ダイエットにおすすめのレシピやドリンクは?

ここでは、これから紅茶ダイエットを始めようと考えている人に向けて、おすすめの紅茶ダイエットレシピやドリンクを紹介します。

「紅茶ダイエットに興味があるけどどの茶葉を選べばいいかわからない」「紅茶ダイエットの具体的なやり方が知りたい」という人は、ぜひ参考にしてくださいね!

紅茶ダイエットのおすすめレシピ!

紅茶ダイエットはただ紅茶を飲むだけではなく、紅茶を使用した料理でもOK!

ここでは、家族も一緒に楽しめる紅茶を使用したメイン料理「紅茶豚」のレシピを紹介します。

紅茶豚の作り方

材料/

  • 豚肩ロース塊500g(モモ肉でもOK)
  • 紅茶ティーバッグ2〜3袋
  • 醤油1/2カップ
  • 酒1/4カップ
  • みりん1/4カップ
  • 酢1/4カップ

作り方/

  1. 深い鍋に肉が浸かる程度のお湯を沸かし、沸騰したら紅茶を濃いめに出してティーバッグを取り出す
  2. 鍋の中に豚肉の塊を入れ、強火で煮立たせる。煮立ったら弱火にして落し蓋をし、40分程度煮込む
  3. 煮込んでいる間に、調味料を混ぜて漬けタレを作る
  4. 豚肉が煮上がったら漬けタレに入れ、粗熱を取って冷蔵庫で数時間寝かせる

紅茶豚は、水ではなく「紅茶液」で豚肉を煮詰めて作るおもてなし料理です。

紅茶の殺菌効果によって豚肉の臭みが緩和されるだけではなく、お肉もジューシーに柔らかく、そして紅茶の脂肪吸収抑制効果も期待できるおすすめレシピ!

パーティーメニューにぴったりの見栄えレシピなのに、意外と簡単に作れてしまうところも嬉しいですよね。

紅茶ダイエットにおすすめの茶葉は?

紅茶ダイエットを始める際に意識して欲しいのが「茶葉の種類」です。

一口に紅茶といっても、産地や農園によって栄養素や味わいはかなり異なります。

そのため、できるだけ紅茶の効果を期待しやすい茶葉=「テアフラビンが豊富な茶葉」を選定するのがポイントです。

ここでは、紅茶ダイエットにおすすめの茶葉とともに、ダイエット効果が期待できるハーブティーについても紹介していきたいと思います。

茶葉は「アッサム」or「キームン 」がおすすめ!

紅茶の中で最もテアフラビンの含有量が多いのは、ミルクティーに合う「アッサムティー」といわれています。

アッサムティーは他の茶葉に比べると水色が濃く、赤ワインのような赤味があることからも、ダイエット効果につながるテアフラビンが多く含有されているとわかりますよね。

アッサムティーの次にテアフラビン量が多いのは、中国の高級茶葉で世界3大紅茶のひとつとしても称される「キームン 」。

どちらもコク深くてパンチある味わいなので紅茶初心者にはハードルが高いですが、初めは量や濃さを調節して慣らしていきましょう。

ハーブティーなら「linkteaのジンジャーティー」!

紅茶もダイエットにおすすめですが、ハーブティーの中にもダイエット効果のあるものがたくさん!

その中でも特におすすめなのが「linkteaのジンジャーティー」です。

こちらのハーブティーはヒマラヤ山脈を臨むネパールの「イラム紅茶」をベースに、新陳代謝をかっパスにしてくれるジンジャーや唐辛子をたっぷり配合!

代謝促進・抗菌・抗酸化作用などがあり、飲んだあとは体の内側からポカポカになるのが特徴的です。

「冷えは万病の元」といわれていますが、ダイエット中の人にとっても冷えは大敵です。

冷えすことによってダイエット効果が発揮されにくくなるので、食事制限やキツイ運動の成果も十二分に発揮されにくいでしょう。

まずは体の中から温めて、ダイエット効果を出せる体作りを始めてみてください。

ジンジャーティーの効果効能について詳しく知りたい人は、以下の記事もおすすめです。

紅茶に生姜をプラスで体ぽっかぽか!美味しいジンジャーティーの作り方港には様々な種類のハーブティーがありますが、寒い季節におすすめしたいのは「ジンジャーティー」です。 ジンジャー=生姜には体を温める...
created by Rinker
linktea
¥980
(2022/10/04 09:44:14時点 Amazon調べ-詳細)

紅茶には美容健康効果もたっぷり!ダイエットのお供にいかが?


紅茶でダイエットができる理由は、紅茶に含まれている「カフェイン」「紅茶ポリフェノール」が大きく関係していました。

今ある脂肪とこれからつく脂肪の両方に働きかけてくれる紅茶ですが、実はその他にも「血圧を下げる」「発がんリスクを抑える」「肌の老化を抑制する」「インフルエンザウィルスの働きを弱める」などといった幅広い効果も!

また、ハーブティーとの相性も抜群の紅茶は美容健康効果も高く、ブレンドして楽しむこともできます。

さまざまな効果があるだけではなく、自分好みに飲み方をアレンジしやすい紅茶!ぜひダイエット中のお供として、日々の生活に取り入れてみましょう。

【linktea公式】珍しいネパール紅茶ブランド始めました!

ダージリンに引けを取らないネパール紅茶。

現地に訪れ、厳選した茶園から皆様にお届けさせていただきます。

茶葉はもちろん、フレーバーティー、ハーブティーも作りました。

linkteaの紅茶をお試しで是非お試しください。

公式サイト限定で、LINE@に無料登録していただいた方に5%OFFのクーポンをご提供させていただきます。

【5%OFFクーポン】LINE@の登録はこちら→
ABOUT ME
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎