レシピ

紅茶の香りと味わい広がる「紅茶フレンチトースト」の絶品レシピ

パンに甘い卵液をたっぷり染み込ませて焼き上げたフレンチトーストは、ホテルの朝食やブランチでも定番の人気料理ですよね。

材料や作り方もシンプルなので、おうちで作ったことがある方も多いのではないでしょうか?

そんなフレンチトーストに紅茶をプラスして、今回はちょっと大人向けにアレンジしたレシピをご紹介したいと思います。

甘いものからお食事にも合う「紅茶のフレンチトースト」で、優雅な時間を紅茶と共にお楽しみください。

フレンチトーストはフランス生まれ?


フレンチトーストは「フレンチ」という名前から、フランスで生まれた食べ物のように思いますが、実はアメリカが由来といわれています。

18世紀に、ニューヨーク州にある酒屋の店主ジョセフ・フレンチが命名したといわれているフレンチトーストですが、実際には違った説もあるようです。

もともとアメリカにはフレンチトーストのような食べ物があり、「ジャーマントースト」
と呼ばれていました。しかし第一次世界大戦でアメリカとドイツが敵対したため、ジャーマンをフレンチに変えて「フレンチトースト」と呼ばれるようになったともいわれています。

他にも諸説あり実際の所は定かではありませんが、歴史からみてもこのフレンチトーストに似た食べ物は、アメリカ以外でも色々な国で古くから食べられていることが記録に残っています。

国によって違う“世界のフレンチトースト”

フレンチトーストは様々な作り方がありますが、基本的にはパンに卵と牛乳を混ぜた調味液をしみこませてフライパンで両面を焼いて作ります。

国によって呼び方も作り方も違いますが、世界中の様々な国でフレンチトーストのような食べ物が食べられています。

  • 香港「西多士(サイトーシー)」・・溶き卵をつけて少しの油で揚げ焼きする。バターをのせて、シロップやはちみつをかけて食べる。
  • スペイン「トリハス」・・牛乳に砂糖を加えた調味液をしみこませたパンに、溶き卵をつけてオリーブオイルで揚げる。シナモンシュガーをまぶして食べる。
  • フランス「パンペルデュ」・・固くなったバゲットを卵と牛乳の調味液に浸して、生き返らせて食べることからこの名前が付けられた。フランス語でパンペルデュは、失われたパン=捨てるはずのパンという意味。
  • インド「ブレッドバコラ」・・刻み玉ねぎと青唐辛子を混ぜた調味液をパンにからめて、マスタードオイルで焼いた塩味の軽食。主にベンガル地方で食べられている。甘いものや食事のようなものまで、国によってこんなにも多様な食べ方があるなんてフレンチトーストは奥が深いですね。

フレンチトーストに合うおすすめ紅茶


フレンチトーストと一緒に飲むならやっぱり紅茶!甘いフレンチトーストに合うおすすめの紅茶をいくつかご紹介します。

イングリッシュブレックファースト

イギリスの朝食に欠かせない紅茶といえば、イングリッシュブレックファーストですよね。大きなマグカップにたっぷりの紅茶とミルクを入れて飲む英国スタイルは、朝食のフレンチトーストとも相性は抜群です。

しっかりした茶葉のコクと深い味わいが特徴のイングリッシュブレックファーストは、ミルクティーにすることでまろやかさが加わり、バランスよく楽しむことができます。

本場イギリスの朝食を再現するなら、ぜひイングリッシュブレックファーストを選んでみてはいかがでしょうか。

ヌワラエリヤ

スリランカの山岳地帯の中で、最も高地で生産されているのがヌワラエリヤです。緑茶に似た爽快な渋みとコク、優雅でデリケートな花香が特徴のヌワラエリヤは別名「セイロン紅茶のシャンパン」ともいわれています。

すっきりとした後味のヌワラエリヤは、一緒に食べることでフレンチトーストに爽やかな香気をプラスしてくれます。ふわふわのフレンチトーストの食感と紅茶の香りが贅沢なひとときを楽しませてくれます。

キームン

中国の代表的な紅茶といえばキームンです。世界三大銘茶にも数えられているキームンは、独特のスモーキーフレーバーと蘭やバラに似た芳香が特徴の紅茶です。

渋みが少なくさっぱりとした味わいのキームンは、フレンチトーストの油分を洗い流し口の中をすっきりさせてくれます。

甘いフレンチトーストはもちろん、お食事のフレンチトーストにもぴったりの紅茶です。

スパイスティー

シナモンやクローブなどのスパイスを紅茶と共に加えたスパイスティーは、大人の味わいのアレンジティーです。

紅茶のオリジナルブレンドでもよく見かける銘柄ですが、自分で好みのスパイスをブレンドして作っても良いですね。

甘味のあるフレンチトーストにスパイスの香りが加わり、味わいに奥行きを感じさせてくれます。お好みでチャイ風ミルクティーにしても美味しいです。

紅茶香る絶品フレンチトーストレシピ


紅茶のフレンチトーストは、まず濃いめのロイヤルミルクティーを作り、卵液と合わせます。作り方は基本的なものと変わらないので、ぜひ試してみてください。

材料/2人分
  • 食パン/2枚
  • 茶葉(お好みのもの)/ティースプーン3杯
  • 水/80㏄
  • 牛乳/120㏄
  • 卵/1個
  • 砂糖/10g
  • 塩/一つまみ
  • バター/適宜
  • メープルシロップ/適宜
作り方
  1. 手鍋に水をいれて沸騰させる。火を止めてお好みの茶葉を入れ、蓋をして2~3分蒸らす。
  2. 牛乳を加え火にかけ温める。鍋のふちがふつふつしてきたら火を止め、茶こしで漉しておく。
  3. ボウルに卵、砂糖、塩を入れて泡立て器でよく混ぜる。冷めた①を加えさらに混ぜる。
  4. 食パンを4等分にカットし、バットなどに並べる。②の調味液をまんべんなくかけ、途中裏返しにして4~5分おき、しっかり染み込ませる。
  5. フライパンにバターを溶かし、弱火にして③を並べる。焼き色がついたらひっくり返し、反対側にも焼き色をつける。
  6. お皿に盛り付け、お好みでメープルシロップやはちみつをかける。

紅茶フレンチトーストの美味しい食べ方


紅茶のフレンチトーストは、濃いめのロイヤルミルクティーをたっぷり染み込ませて焼き上げるので風味がとっても芳醇です。

シンプルに味わうのがお好きな方は、粉糖をかけてあつあつを召し上がってみてください。紅茶とミルク、バターの香りがしっかり感じられる大人のフレンチトーストが楽しめます。

またティーシロップを作ったり、焼き立てに冷たいアイスクリームをのせたりとひと手間加えれば、贅沢なデザートが楽しめます。

もちろん、お食事としてスクランブルエッグやベーコンを合わせても美味しいです。その場合は、調味液の砂糖は入れずに作るのがおすすめです。

あなたのお好きな食べ方で、紅茶のフレンチトーストを楽しんでください。

Linkteaは紅茶情報を更新していきます!

Linkteaはネパール紅茶をベースにした紅茶を専門販売しております。
リアルタイムで情報の発信や質問にお答えしたいと思い、LINE@をオープンしました。

・最新情報やイベント出店情報
・LINE@限定で無料で商品プレゼント(不定期)
・Linkteaの紅茶で分からないことがある
・購入前に聞いてみたい方
・紅茶を取り扱いたい方

LINE@にてお気軽にお問い合わせください!

“buyer”
ABOUT ME
hana_sora
元パティシエのティーインストラクター。今までの知識と経験を活かし、皆様に紅茶の素晴らしさを伝えるため、webライターとして活躍中。美味しい紅茶は人生を豊かにしてくれます。好きな紅茶はダージリンオータムナル