健康茶

妊娠中の女性必見!便秘解消におすすめの杜仲茶の効果効能と副作用

妊娠中は腸の働きが低下してしまうため、どうしても便秘気味になってしまう人が目立ちます。

そこで今回は「妊娠中なので市販薬を飲むのも気がひけるし、でもなんとか便秘を解消させたい…」と感じている妊婦さんのために、妊娠中でも安心して飲むことができる「杜仲茶(とちゅうちゃ)」というお茶をご紹介したいと思います!

杜仲茶には便秘解消以外にもさまざまな効果効能があるため、副作用などの注意点とともに詳しくご紹介します。

杜仲茶(とちゅうちゃ)とは?

杜仲茶とは、中国で「不老長寿の薬」としても知られている健康茶です。

杜仲という木の若葉を乾燥させて作られるこのお茶は、恐竜さえも絶滅へ導いた氷河期を乗り越えたといわれているほど生命力が強い植物。

杜仲の樹皮は漢方薬としても有名で、中国最古の薬物書である「神農本草」においても記述されています。

日本では医薬品としても認定されていて、さまざまなトラブルに対する民間療法としても利用されているんです!

また、杜仲茶はノンカフェインでほのかな甘さがあり飲みやすく、幅広い年齢層に受け入れられやすい健康茶といえるでしょう。

杜仲茶の効果効能

子どもからお年寄りまで日常的に飲みやすい杜仲茶ですが、どのような効果効能があるのでしょうか?

ここでは、妊娠中の女性に嬉しい効果はもちろん、健康志向の人に耳寄りな杜仲茶の効果効能についてまとめています。

むくみ解消効果

杜仲茶には体内の余分な塩分を排出してくれるカリウムが豊富に含まれているため、利尿作用を高めてむくみ解消やデトックス効果が期待できます。

体の中に溜まってしまった毒素や老廃物などに対しても働きかけてくれるため、体の中からスッキリをサポート!

妊娠中は特に、普段むくみとは無縁という人でもむくんでしまうもの。ぜひ杜仲茶のデトックス効果を味方につけ、むくみ解消に役立ててみてください。

便秘解消効果

杜仲茶に含まれる「ゲニポシボ酸」という成分は、自律神経に働きかけて腸の活動を活性化してくれます。

また、血管拡張効果もあることから代謝もアップしやすく、消化器官の働きが円滑に行われるように!

妊娠中はお腹の中で胎児が成長していくことで腸の活動が低下しやすく、どうしても便秘気味になってしまうもの。

だからこそ、腸の動きを活性化させてくれる杜仲茶を飲んで、自然な排便を促していきましょう。

ダイエット効果

杜仲茶のダイエット効果はとても有名で、1時間のウォーキングに匹敵する脂肪燃焼効果があるといわれていることも。

そんな脂肪燃焼効果の元になっているのは「アスペルロシド」という成分で、この成分は肝臓や筋肉に働きかけて代謝を上げてくれる働きをします。

「蓄積された脂肪が気になる」「基礎代謝が低い」と悩んでいる場合には、杜仲茶を日常的に飲んで基礎代謝を底上げする方法も良いでしょう。

産後ダイエットにもおすすめです!

リラックス効果

杜仲茶には副交感神経を活性化させて緊張感を緩和し、リラックス効果を与えてくれる「ゲニポシド酸」という成分が含まれています。

この成分は自律神経に働きかけて神経系のバランスを整えてくれるため、自律神経失調症やイライラにも効果的!

妊娠中はホルモンバランスが急激に変化することで精神的にもダメージが加わりやすいので、優れたリラックス効果のある杜仲茶はおすすめです。

生活習慣病予防効果

杜仲茶に含まれる豊富なミネラルには、血中の中性脂肪濃度を降下させる働きがあります。

「油っぽい食べ物が好き」「食生活が不規則だ」などという人は中性脂肪が高くなってしまいがちなので、中性脂肪やコレステロール値を下げてくれる杜仲茶を飲んでみましょう。

滋養強壮効果

中国最古の薬物書「神農本草」には、杜仲茶の効果効能について「無害で長期間服用でき、内臓の機能を補ったり元気の源になる活力を与えたりする」と記載されています。

体の機能を体の内側から整えてくれる杜仲茶を飲み続けることで、滋養強壮効果や若返り効果も期待できると考えられるでしょう。

鎮痛効果

引き続き「神農本草」では、杜仲茶の効果効能について「足腰の痛みに効く」と記されています。

胎児がどんどんと大きくなってくる妊娠中期以降は足腰に負担がかかってしまうケースも多く、腰痛や足のむくみに悩まされる妊婦さんも珍しくありません。

足や腰の痛みの緩和に役立ってくれる杜仲茶は、まさに妊婦さんにぴったりのお茶といえるのではないでしょうか。

杜仲茶を飲む際の副作用と注意点

中国古代から使用されてきた万能薬ともいえる杜仲茶ですが、飲むときに気をつけたい注意点はあるのでしょうか?

ここでは、妊娠中の女性が安心して飲めるように、杜仲茶の副作用や飲み方についてまとめてみたいと思います。

下痢

杜仲茶は自律神経に働きかけて腸の活動を活性化する作用がありますが、飲む量やタイミング、個人の体調いよっては下痢を招いてしまう可能性もあります。

特に杜仲茶に含まれている豊富なカリウムには「過剰摂取をしてしまうと下痢を引き起こす場合がある」とされていますが、肝機能がしっかりとしていれば過剰摂取されたカリウムは尿とともに体外へ排出されるもの。

胃腸が弱くて心配だという場合は、飲む回数を少なくしたり薄めて飲むようにしたりしてみると良いでしょう。

また、妊娠中はただでさえちょっとした刺激や体調の変化で下痢になりやすいという特徴があります。

杜仲茶を飲むにあたって何か不安なことがあれば、かかりつけの産婦人科などで医師に確認してみるとさらに安心ですね。

腎臓に障害がある人は要注意!

お茶として適量を摂取する場合はそれほど気にすることはありませんが、先ほどもお伝えしたように、杜仲茶にはカリウムがたっぷりと含まれています。

したがって、カリウムの摂取制限を受けている人や腎臓病の人は、必ずかかりつけ医と相談をしてから飲み始めるようにしましょう。

杜仲茶は妊婦さんでも安心して飲むことができるお茶ではありますが、念のために医師等に確認を得てから飲み始めることをおすすめします!

妊娠中でも飲める!杜仲茶で健康的に体質改善を目指そう

氷河期をも乗り越えた杜仲という樹木には、リラックス効果・デトックス効果・ダイエット効果・鎮痛効果・滋養強壮作用・生活習慣予防作用など、さまざまな効果効能が期待できましたね。

中国最古の薬物書にも残されている歴史深いお茶なので、ぜひ健康維持のため・体質改善のために役立ててみてもらいたいと思います!

《限定》Linkteaのお試し秋摘み紅茶をプレゼント!

Linkteaはネパール紅茶をベースにした紅茶を専門販売しております。

  

今回、LINE@に登録していただいた《紅茶好きの方》に、
好評である秋摘み紅茶を無料プレゼントさせていただきます!

・最新情報やイベント出店情報
・LINE@限定で無料で商品プレゼント(不定期)
・Linkteaの紅茶で分からないことがある
・購入前に聞いてみたい方
・紅茶を取り扱いたい方

LINE@にて気軽にお問い合わせください!

“buyer”

ABOUT ME
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎