フード

紅茶好きのパティシエ直伝・紅茶に合うスコーンのレシピをご紹介!

紅茶に合う食べ物と言えばスコーンですよね。紅茶にスコーンは欠かせない相棒ですが、お気に入りの食感や味を見つけるのは意外と難しかったりします。

サクサク食感が好きな方や、しっとり食感が好きな方と好みは様々ですが、今回は紅茶に合うとっておきのスコーンレシピをご紹介します。手作りの焼き立てスコーンにたっぷりの紅茶を用意して、さあティータイムを始めましょう!

スコーンとは


スコーンは、イギリスのスコットランド地方で生まれたパン菓子です。

元々はバノックという大きくて平らに焼かれたお菓子に由来していて、後にオーブンの発達やベーキングパウダーが普及したことにより、現在のふっくらと食べやすい形に変化していきました。

スコーンの名前の由来

スコーンの名前の由来は、スコットランドのバースにある”スコーン城”の歴代国王の戴冠式に使われていた、椅子の土台の石の呼び名「The Stone of Scone」から由来していると言われています。この石は”運命の石”とも呼ばれている神聖な物です。

そんな神聖な石が由来のスコーンは、食べ方にもマナーがあるのを知っていますか?スコーンは王の玉座を連想させるような、石に似た形に焼き上げられます。

そんな神聖な石をイメージするスコーンはナイフを使わず、手で横半分に割って食べることがマナーとされています。

美味しいスコーンはオオカミの口?

スコーンには側面に亀裂が入っているものがあり、これを「オオカミの口」と言います。

このオオカミの口がきれいに入っていることで、ナイフを使わなくてもきれいに手で割ることができます。歴史あるスコーンは、時代によって形を変えて受け継がれています。

スコーンを楽しむならクリームティー!


イギリスの喫茶習慣にクリームティーというものがあります。

これは紅茶とスコーン、クロテッドクリームとジャム(イチゴジャムが正式)が添えられたセットのことを言い、アフタヌーンティーよりも日常的に楽しまれているティータイムの一つです。

このクリームティーのスコーンに無くてはならないものが、先程ご紹介したクロテッドクリームです!

クロテッドクリームは、牛乳を素材とする脂肪分55~60%の濃厚なクリームで、ジャムと合わせてスコーンに付けて食べると相性抜群、最高の味わいになります。

クロテッドクリームは日本ではまだあまり流通量が少ないので、代わりに生クリームやバターを代役にすることもあります。

もちろんそれも美味しいですが、ぜひ一度はクロテッドクリームでスコーンを味わってみてください。イギリスのデヴォン地方やコーンウォール地方で作られているものが秀逸でおすすめです。

スコーンの正しい食べ方

スコーンの食べ方は、手で横に半分に割ってジャム・クロテッドクリームを乗せて食べます。

このジャムとクロテッドクリームどちらを先に乗せるかという議論もあるようですが、私がイギリスの友人から聞いたのはジャムが先でクロテッドクリームは後の順番でした。

これなら、熱々のスコーンにクロテッドクリームを乗せても溶けてしまうことはないので最高の状態で美味しく食べられるのだとか。確かに私もこちらの方が好みです。

しかし、このクロテッドクリームを先に乗せるか、後に乗せるかはイギリスの地方によってスタイルが分かれていて、ジャムが先はコーンウォール地方の食べ方、クロテッドクリームが先はデヴォン地方の食べ方と言われています。

確かに乗せる順番が違うだけで、スコーンの味わいが変わってくるので面白いですよね。あなたはどちらが好みでしょうか?

パティシエが作る・紅茶に合う最高のスコーンレシピ

≪材料≫

  • 薄力粉 200g
  • ベーキングパウダー 7g
  • 砂糖 25g
  • 無塩バター 50g
  • 塩 ひとつまみ
  • 牛乳 90g

≪作り方≫

  1. バターは1㎝角に切り、くっつき合わないように分量内の薄力粉を少し混ぜて冷蔵庫で冷やしておく。牛乳も直前まで冷蔵庫で冷やしておく。
  2. ボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩を入れ泡だて器でよく混ぜる。
  3. 冷蔵庫で冷やしたバターをいれ、スケッパーでバターを細かく切るようにして、粉類とバターを合わせていく。バターの大きな塊が無くなったら、手のひらをすり合わせるような感じでさらに合わせていく。全体が混ざり、粉チーズのような状態になったらOK。
  4. 冷たい牛乳を加えて、ゴムベラでさっくり合わせる。粉っぽさが少し残る位で止める。次に生地を手で押すようにしてひとまとめにする。(捏ねたり強く押したりしないこと)
  5. 打ち粉をした台にのせて、めん棒で伸ばす。生地を半分に折り畳み、さらに伸ばす。これを3回繰り返す。ラップに包み、冷凍庫で10分ほど冷やす。
  6. 厚さ2.5㎝に伸ばして、お好みの形に型抜きする。(型が無ければ四角く切ってもOK)
    クッキングシートを敷いた天板に並べ、牛乳を表面に塗る。(分量外)
  7. 200℃に温めたオーブンで15分ほど焼成する。

保存方法・リベイク方法

焼き上がったスコーンは、食べきれない場合は一つずつラップに包んで密閉できる袋やタッパーに保存するのがおすすめです。すぐに食べきれないようなら冷凍保存しましょう。

リベイク方法は、軽く霧吹きをしてオーブンで温めると焼き立ての美味しさが味わえます。冷凍したものは、一度解凍してから同じようにリベイクしましょう。

 

午後のティータイムを楽しみましょう


いかがでしたでしょうか?

美味しいスコーンと出会えると、紅茶の時間がさらに楽しく充実しますよね。お店で食べるスコーンもいいけれど、手作りの焼き立てスコーンの美味しさは格別です。

美味しい紅茶をたっぷり用意して、あなたも贅沢なティータイムを楽しんでください。

ABOUT ME
hana_sora
hana_sora
元パティシエのティーインストラクター。今までの知識と経験を活かし、皆様に紅茶の素晴らしさを伝えるため、webライターとして活躍中。美味しい紅茶は人生を豊かにしてくれます。好きな紅茶はダージリンオータムナル