紅茶

賞味期限切れの紅茶は【再利用】がおすすめ!使用アイデア特集

生ものに比べると紅茶の賞味期限は長いです。しかし、長いと安心していると、いざ飲もうとした時に「賞味期限が切れていた!」ということもありますよね。

そこで今回の記事では、賞味期限が切れてしまった紅茶の再利用方法を紹介します。

活用方法によっては、賞味期限が切れてしまった紅茶でもしっかりと活用できるので、ぜひ参考にしてください!

紅茶の賞味期限ってどのくらい?

一般的に、紅茶の賞味期限は「未開封で1〜3年」「開封後で2ヶ月が目安」となっています。

ただし、茶葉の種類や紅茶メーカーによって賞味期限はバラバラで、長いものだと「賞味期限が10年」近くあるものも!

紅茶の賞味期限については、紅茶パケージに記載されているので確認してみてくださいね。

賞味期限切れの紅茶は飲めない?

食あたりなどが懸念される食べ物に比べると、紅茶は少々の賞味期限切れでも飲めることがあります。

完全に「自己責任」になってしまいますが、私も賞味期限切れの紅茶を飲んだ経験は一度や二度ではありません。

紅茶の賞味期限にはアバウトな部分が多いため、賞味期限表示を過剰に信頼しすぎてしまうのも考えものです。

賞味期限を意識しつつも、茶葉の香りや手触りなどを毎回確かめ、少しでも「いつもと違うな」「湿気ってきたな」と感じたら飲用を中止することも必要かもしれませんね。

紅茶の賞味期限が切れちゃった!再利用方法は?

まだまだ飲めそうでも、紅茶の賞味期限が切れてしまったことに気がつくと、なんとなく気持ちよく飲めませんよね。

そこでここでは、賞味期限が切れてしまった紅茶の再利用方法について詳しく紹介します。

消臭剤に

紅茶の茶葉には「匂いを吸収する」という特性があるため、布などに賞味期限切れの茶葉を入れ、下駄箱の中や洋服棚の中に入れておくのもおすすめです。

また、消臭剤の使用期限は約2週間になりますが、茶葉の状態によっては2週間も持たないこともあります。

茶葉の状態をこまめに確認しつつ、香りの吸収性をチェックしてみましょう!

うがい液に

賞味期限の切れた紅茶は、ぜひ「うがい液」にして利用してみましょう。

紅茶成分の中には「テアフラビン」という成分が配合されています。

テアフラビンはインフルエンザウィルスをほぼ無力化させる働きが確認されているため、風邪が流行り始める季節にぴったり!

ほかにも、紅茶ポリフェノールには喉の粘膜を保護したり痛みを緩和させたりする働きがあるため、喉の不調を感じている人にもおすすめです。

ただし、茶葉の匂いに異変を感じたりカビなどが発生したりしてしまっている場合、衛生面を配慮してうがい液への再利用は控えるようにしましょう。

草木染めに

草木染めとは、植物の着色効果を利用して布を染めることです。

綿や麻の洋服をナチュラルな色合いに染められるだけではなく、洋服の色を手軽に変えられる楽しさもありますよね。

洋服だけではなく、ハンカチや手ぬぐいなど様々な素材を染められるので、好みに合わせて挑戦してみるのもおすすめ!

紅茶の淡いカラーは自然の温もりが感じられる雰囲気で、優しい印象を与えてくれます。

料理作りに

賞味期限が切れてしまっても、茶葉の状態がまだよさそうであれば、クッキーやケーキ作りに入れてみてもいいでしょう。

茶葉を細かく砕いて生地に混ぜたりするだけではなく、豚肉ブロックを紅茶で煮込めば「紅茶豚」の完成です。

豚肉を紅茶で煮込むことによって臭みが取れ、柔らかくてふっくらとした食感に仕上がりますよ。

家庭菜園の肥料に

うがいや料理に使えない場合は、家庭菜園などの肥料として再利用する方法もあります。

乾燥させた紅茶の茶葉を土の上にパラパラと撒くだけで、植物の成長をサポートしてくれるといわれています。

動物性の肥料はにおいがキツイため苦手な人も少なくありませんが、紅茶を肥料にするのであればにおいも気にならないでしょう。

オイルストーン代わりに

オイルストーンとは、アロマ精油を直接垂らして芳香浴を楽しむためのツールです。

賞味期限切れしてしまった紅茶を乾燥させて容器に移し、その上からお好みのアロマ精油を垂らして香りを楽しんでください。

「アロマの芳香浴を楽しみたいけどオイルストーンやディフューザーがない!」というときにとっても便利ですよ!

入浴剤代わりに

賞味期限の切れた紅茶は、茶葉用ネットなどに入れて入浴剤代わりに再利用することもできます。

紅茶の中には、美白化粧品にも配合されている美白成分「ハイドロキノン」、抗酸化作用の高い「紅茶ポリフェノール」、リラックス作用の高い「テアニン」などの成分が豊富。

そのため、紅茶を入浴剤代わりにすることで、全身の美肌効果が期待できるでしょう。

紅茶に含まれる成分はストレス時解消にもおすすめなので、紅茶風呂に入れば睡眠の質も高まりそうですよね!

賞味期限切れの紅茶を再利用する際の注意点

ここまでは、賞味期限切れの紅茶を再利用するアイデアについて紹介してきました。

紅茶の賞味期限はメーカーによってもバラバラであるため、実は「あってないようなもの」なんです。

紅茶の賞味期限が数日過ぎていたからといってお腹を壊したりすることは稀ですが、茶葉の保管状況によっては、賞味期限が切れていなくても品質が落ちているケースもあります。

紅茶パッケージに記載されてある賞味期限を意識するのはもちろん大切ですが、賞味期限と同じくらい「茶葉の状態」が大切です。

賞味期限が過ぎていない場合でも、茶葉から異臭がする場合やカビなどが発生している場合は、破棄することをおすすめします。

賞味期限切れの紅茶を再利用する際は、必ず茶葉の状態を確認してから取り入れるようにしましょう。

賞味期限が切れた紅茶は再利用しよう!

紅茶の賞味期限はだいたい1〜3年。ただし、メーカーによっては賞味期限の設定期間が大きく異なる場合もあるため、パッケージに記載されている日付を参考にしましょう。

未開封でも開封後でも、新鮮な紅茶の味わいを楽しむためには「できるだけ早く使用すること」をおすすめします。

万が一、賞味期限切れしてしまった場合は、今回紹介した再利用アイデアを取り入れてみてくださいね!

【送料無料】linkteaオリジナル飲み比べセット

Linkteaはネパール紅茶をベースにした自然派ブランドになります。

  

今だけ!ネパール産の最高級紅茶を3つ(春夏秋)摘みの紅茶(1,080円)を公式サイトの方限定でご提供いたします!

ダージリンに負けない茶葉で皆さん驚かれております。

ご購入はこちら→
ABOUT ME
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎