レシピ

茶葉のやさしい味わい「紅茶のティラミス」【スイーツレシピ】

linkteaの紅茶を使ったスイーツレシピ第32回目は、濃い紅茶液をスポンジにたっぷり染み込ませた「紅茶のティラミス」をご紹介します。

コーヒー(エスプレッソ)の代わりに紅茶を使うため、優しい味わいと上品な風味が楽しめます。コーヒーが苦手な方や、お子様でも美味しく食べられるティラミスです。

市販のスポンジを使えばより手軽に作れるので、ぜひおやつに作ってみてくださいね。

ティラミスってどんなお菓子?

1980年頃、日本でもスイーツブームで一躍有名になったティラミス。その発祥は北イタリアの伝統デザートのひとつです。

エスプレッソを染み込ませたフィンガービスケットを適度な大きさの型に敷き詰め、その上からザバイオーネとマスカルポーネチーズを合わせたクリームを流し入れ交互に層を作って冷やし固めたデザートです。

仕上げにココアパウダーやチョコパウダーなどを表面にふりかけたら、おなじみのティラミスの出来上がりです。

ティラミスの歴史は諸説ありますが、1960年代に北イタリアにあるトレヴィーゾという町の老舗レストランのシェフが、「ズッパ・イングレーゼ」というお菓子を基に作ったレシピが原点という説が最も有力なようです。

特産物のマスカルポーネチーズを使ったデザートはまたたく間に人気となり、その後イタリア全土から海外にも広まっていきました。

ちなみに、ティラミスをイタリア語で直訳すると「私を引っ張りあげて」という意味になります。

これは「お菓子が気分を引き上げてくれる=元気づけてくれるお菓子」という意味合いに変換され、ティラミスを食べると誰もが元気になるという風に浸透しているようです。

イタリア人のネーミングセンスはとてもおしゃれですね。

紅茶ティラミスに合うおすすめ紅茶

紅茶ティラミスに合うおすすめlinktea紅茶をご紹介します。お菓子を作る時に、ぜひ参考にしてくださいね。

秋摘み紅茶 Autumnal

クオリティーシーズン最後の秋摘み紅茶には、タンニンやアミノ酸が豊富に含まれており茶葉自体の甘さや芳醇な香りが楽しめます。

味わいの深みも他のクオリティーシーズンに比べ厚みがあるので、軽い食感のマスカルポーネチーズとの相性も抜群です。

しっかり濃いめに紅茶液を作って、オータムナルの美味しさを充分に引き出しましょう。

ストロベリー

上質なイラム紅茶のセカンドフラッシュに、フリーズドライのストロベリー、ローズヒップ、ハイビスカスを合わせたブレンドティー。

お湯を注ぐとフレッシュなイチゴの甘い香りが漂い、ほのかに感じる酸味が紅茶にフルーティーさをプラスしています。

マスカルポーネチーズはベリーなどのフルーツとも相性が良いので、紅茶ティラミスにもおすすめです。

アールグレイ

ベルガモットの香りをつけたフレーバーティー「アールグレイ」は、紅茶の中でも人気の銘柄ですね。

linkteaのアールグレイは、ネパール産の上質なセカンドフラッシュに爽やかなベルガモットフレーバー、そしてレモングラスやレモンピールなどの柑橘系ハーブを加えています。

そのため、より爽やかで軽やかな味わいが特徴。すっきりした風味は、ティラミスのクリームにもマッチします。

甘さ控えめなお菓子が好きな方、柑橘系の香りが好きな方はアールグレイを使った紅茶ティラミスはいかがでしょうか。

マサラチャイ

新しく紅茶に仲間入りした「マサラチャイ」は、ネパール産CTC茶葉にオリジナルマサラ(スパイス)をブレンドした本格的な味わいが人気の紅茶です。

ジンジャー、シナモン、カルダモン、クローブのスパイシーで爽やかな風味が優しく香り、そのまま飲むのはもちろん、お菓子作りにもおすすめです。

スパイスが紅茶ティラミスの程よいアクセントになって、大人の味わいが楽しめます。

簡単なのに本格的!紅茶ティラミスレシピ

このティラミスはメレンゲを加えないレシピなので、マスカルポーネチーズと生クリームを合わせるだけで簡単に作ることができます。

濃厚なマスカルポーネクリームと紅茶シロップがたっぷりと染み込んだスポンジとの相性は抜群!おもてなしにもぴったりなデザートです。

材料

[カップ6個分またはスクエア型1台分]
<スポンジケーキ>※市販のスポンジケーキやカステラを使ってもOK

  • 全卵/2個
  • グラニュー糖/50g
  • 薄力粉/60g
  • 無塩バター/10g
  • 牛乳/10㏄

<ティラミスクリーム>

  • マスカルポーネチーズ/200g
  • グラニュー糖/40g
  • 卵黄/2個分
  • 生クリーム/150㏄

<紅茶シロップ>

  • linktea紅茶/ティーバッグ3袋分
  • 水/180㏄
  • グラニュー糖/10g

<仕上げ>

  • ココアパウダー/適宜
作り方

<スポンジシートを焼く>

耐熱容器にバターと牛乳を入れて、レンジで温めておく。

ボウルに卵を割りほぐし、グラニュー糖を加えて混ぜなじませる。ハンドミキサーの高速で全体が白っぽくなるまで泡立てる。

薄力粉をふるいながら加えて、ゴムベラで底からすくい上げるように混ぜる。約60℃に温めた①を加え、生地全体につやが出るまで混ぜる。

25×25の天板にオーブンシートを敷き、生地を流す。端まで均一にならす。170℃に予熱したオーブンで約10分焼成する。焼きあがったら天板から取り出し、オーブンシートをつけたまま粗熱を取り冷ます。

<紅茶シロップを作る>

  1. お好みの紅茶を使って濃い紅茶液を作る。小鍋に水を入れて沸騰させる。
  2. 茶葉を加えて弱火で5分ほど煮出す。
  3. 火を止めてグラニュー糖を加えてそのまま蓋をしてさらに5分ほど蒸らす。
  4. 茶葉を取り出し、冷ましておく。

<ティラミスクリームを作る>

  1. ボウルに生クリームを入れ、ハンドミキサーで8分立てになるまで泡立てる。
  2. 別のボウルに卵黄、グラニュー糖を入れ、ハンドミキサーでもったりとするまで泡立てる。マスカルポーネチーズを2~3回に分けて加え、しっかりと全体を混ぜ合わせる。①の生クリームを加えて、ゴムベラでしっかりと混ぜる。

<組み立て&仕上げ>

  1. 容器に合わせてくり抜いたスポンジを底に敷き、紅茶シロップをたっぷりと染み込ませる。その上にティラミスクリームを入れて、またその上にスポンジをのせ、紅茶シロップを含ませてからティラミスクリームをのせる。
  2. 冷蔵庫で3~4時間ほど冷やす。
  3. 冷えたら表面にココアパウダーをふりかけて完成。
  • チーズは加熱しなくても食べられるものを用意してください。
  • このレシピは卵を加熱していないので、作ったその日に召し上がってください。
  • 表面にふりかけるココアパウダーを紅茶パウダーに替えると、より紅茶の味わいが楽しめます。
  • 市販のスポンジケーキを使用する場合は、厚さを1㎝位にスライスして使いましょう。
  • 型はカップ、スクエア型、ホーローバットなど、何でも代用可能です。

イタリアの有名スイーツを紅茶でアレンジ♪

本格的なティラミスは、卵黄を加熱して泡立てるザバイオ―ネクリームや、メレンゲを作る工程もあり手間がかかりますが、このレシピはそれらを省略した簡単なレシピです。

コーヒーの代わりに紅茶を使うことで、紅茶の美味しさとマスカルポーネチーズの軽やかさを味わうことができます。

簡単なのに本格的な仕上がりの紅茶ティラミス、ぜひ作ってみてください。

【linktea公式】line@はじめました!

ネパール紅茶をベースにした自然派ブランドになります。

linkteaのLINE@ではお得な情報を配信いたします!

・新茶の先取り&早割り販売

・ネパールの紅茶について

・linktea紅茶の最新情報&出店情報

・割引クーポンの配布

無料ですので、是非ともご登録してください。

LINE@ご登録はこちら→
ABOUT ME
hana_sora
元パティシエのティーインストラクター。今までの知識と経験を活かし、皆様に紅茶の素晴らしさを伝えるため、webライターとして活躍中。美味しい紅茶は人生を豊かにしてくれます。好きな紅茶はダージリンオータムナル