紅茶

カフェインレスの紅茶でインフルエンザ予防をする方法とは?

肌寒い季節になってくると流行り出す「インフルエンザ」!

感染してしまうと高熱や身体中の悪寒・咳鼻水といった様々な症状が強く現れ、何日も寝たきりの状態が続いてしまうものですよね。

そこで今回注目したのが、紅茶に含まれるある成分が持つ「インフルエンザ撃退効果」です。

紅茶に含まれる成分がインフルエンザウィルスを無力化させてくれるというのですが、いったいどのような理由があるのでしょうか?カフェインレスの紅茶でも効き目は変わらないのでしょうか?

ここでは「紅茶とインフルエンザの関係性」に併せて、インフルエンザに効果的と言われている紅茶やカフェインレス飲料などをご紹介していきたいと思います。

カフェインレス紅茶でインフルエンザ予防!


ウィルスが流行り出す時期になると心配なのが、何と言っても「インフルエンザ」ではないでしょうか?

インフルエンザ対策として様々な飲料類やタブレットなどが発売されている中で、バイオメディカル研究所にて行われた試験では「紅茶の成分はインフルエンザウィルスを無力化する力が高い」ということが分かりました。

ウィルス対策や風邪予防として「乳酸菌が入っているドリンク」「免疫力を高めるビタミンC」などもありますが、紅茶はインフルエンザ対策にいいとされている他の飲料類や食品成分よりもずっとインフルエンザに対する働きが高いというのです!

インフルエンザワクチンを接種しなかった人を対象にして「紅茶の飲用頻度とインフルエンザの発症率の関係性」を比較しました。

すると、紅茶の飲用頻度が高い人ほどインフルエンザの発症率が低くなるという傾向が見られるという結果に。

このことから、インフルエンザが流行る季節には、紅茶を積極的に飲んで体の中からウィルス対策を行いましょう!

また、カフェインレスの紅茶でもインフルエンザウィルスを無力化させる効果に変わりはないので、子どもや妊婦さん・授乳中のママなどはカフェインレスの紅茶を飲用されることをおすすめします。

カフェインレス紅茶でインフルエンザウィルスが予防できるのはなぜ?


上記でもお伝えした通り、紅茶やカフェインレス紅茶にはインフルエンザウィルスを無力化させる効果が確認されていましたね。

その理由は、紅茶に含まれている「ポリフェノール」がインフルエンザウィルスの「スパイク」という部分の働きを鈍らせる力があるためです。

インフルエンザウィルスの「スパイク」とは、ウィルスの表面に出ている突起物。

この突起が鼻や喉などの呼吸器粘膜に付着することでウィルスが人間の体内に侵入して行きますが、紅茶ポリフェノールはこのスパイクの働きを鈍らせるので「呼吸器粘膜にインフルエンザウィルスが付着しにくい」状態になっていきます。

紅茶に含まれているポリフェノールは紅茶を赤橙色に色付けるので、しっかりと色が出るまで煮出しや水出しを行うことがポイントですよ!

インフルエンザ予防に飲みたい◎カフェインレス紅茶の種類


カフェインレス紅茶とは、その名の通り「カフェインが入っていない紅茶」。

紅茶は種類や産地によっても味や香りが異なるものですので、ここではインフルエンザ対策に利用できるカフェインレス紅茶を種類別にご紹介していきます!

ノンカフェイン ダージリン

世界3台紅茶のひとつであるダージリンはインド北東部などで採取される紅茶の総称で、「紅茶のシャンパン」とも呼ばれている有名な紅茶です。

そんなダージリンにはカフェインが含まれていますが、現在の技術で最も優れた抽出法といわれる「超臨界二酸化炭素抽出法」を採用してカフェインを取り除いています。

ダージリンの持つ風味や香りをしっかりと残しているので、ノンカフェインでも紅茶の味を豊かに感じることができるのでしょう。

ただ、メーカーによってはカフェインの残量料に差がある場合もあります。

購入の際には、ヨーロッパの基準値である「カフェイン量0.1%以下」のものを選んでみてください。

ノンカフェイン セイロン

セイロンティーはスリランカ産紅茶の総称で、世界の紅茶のうち10%を占めている紅茶の中でも知名度No.1の種類です。

セイロンの中でも、薔薇のような香りと爽やかな渋みがある「ウバ」「ディンブラ」「ヌワラ・エリヤ」、やや渋めの味わいである「キャンディー」、濃厚な香りと控えめな香りが特徴的な「ルフナ」といったように様々な種類が存在しています。

どの種類のセイロンでもノンカフェインのものが発売されているので、味や香りの特徴からお好みのものを選びましょう。

カフェインレス アールグレイ

アールグレイティーは正式には紅茶ではなく、ベルガモットなどの柑橘系の香りを紅茶の茶葉に付けた「フレーバーティー」の一種になります。

ただ、アールグレイのベースになる茶葉は「紅茶が使用されているもの」「緑茶が使用されているもの」などと種類があります。

インフルエンザ対策として紅茶を引用したいのであれば、ベースとなる茶葉が「セイロン」や「ダージリン」といった紅茶の茶葉になっているものをチョイスしてくださいね。

その他フレーバーティー

インフルエンザウィルスを無力化させるには、紅茶に含まれている「紅茶ポリフェノール」を接種することが肝心です!

そのため、「アップルティー」「ピーチティー」といったようなフレーバーティーであっても、ベースとなる茶葉が紅茶の場合はインフルエンザ対策として利用することができると言えますよね。

フレーバーティーの中には「果実の香りや味を付けたもの」や「バニラやチョコレートなどをブレンドしたもの」など豊富な種類が発売されているので、飽きずに飲用を続けることができると思います。

カフェインレス紅茶で風邪予防を!


いかがでしたか?

紅茶の中に含まれている「紅茶ポリフェノール」は、カフェインを除去してあるノンカフェイン紅茶にもしっかりと含まれている成分ですので、安心してインフルエンザ対策に活用できますね。

もちろん通常の紅茶でもいいのですが、小さな子どもや妊娠中・授乳中の女性を始め、就寝前に飲むことを考えると「カフェインレスの紅茶」が飲用しやすいのは一目瞭然。

最近のカフェインレスは紅茶の風味をしっかりと残すことができているものも多く、紅茶ファンからも高い評価を得ていますよ!

ぜひお気に入りのカフェインレス紅茶を見付け、インフルエンザ対策として活用してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
Aさん
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎