紅茶

紅茶のカフェインは母乳に悪影響?授乳中に気をつけたい3つのこと

リラックス作用やリフレッシュ作用の高い紅茶は、ほっと一息つきたいときにもおすすめの飲み物ですよね。

しかし、紅茶には赤ちゃんに影響を及ぼすと考えられている「カフェイン」が含まれているため、妊婦さんや母乳育児中の女性は紅茶の飲用になかなか前向きになれないようです。

そこで今回は、紅茶に含まれるカフェインが母乳や赤ちゃんにどのような影響を与えるのかについてお伝えします。

紅茶を飲むと母乳に影響するってほんと?

妊娠中や授乳中の女性の多くは、胎児や赤ちゃんの健やかな成長のために「カフェイン断ち」をする人も少なくありません。

「カフェイン中毒」という症状があるように、カフェインが様々な悪影響を及ぼすことはよく知られていますが、母乳や赤ちゃんにはどのような影響があるのでしょうか?

ここでは、紅茶が与える影響について詳しくご紹介します。

紅茶に含まれるカフェインがくせ者!

母乳育児に励んでいる女性の中には、紅茶に含まれるカフェインが「赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまうのではないか…」と考える人も少なくありません。

それはなぜかと言うと、母親がカフェインを摂取することで母乳にもカフェイン成分が移行し、母乳を飲んだ赤ちゃんにもカフェインの影響が加わるからです。

母乳育児中の女性だけではなく、妊娠中の女性や子どもにもカフェインの摂取は推奨されていませんが、カフェインとはそれほどまで人体に有害なのでしょうか?

カフェインが赤ちゃんに与える悪影響は?

カフェインが人体に与える影響の中で最も有名なのが「脳を覚醒させる作用」です。

カフェインは脳に働きかけることで自律神経の働きを高め、集中力を上げたり眠気を抑えたりする働きがありますよね。

そんなカフェインは、午後の眠気を抑えたいビジネスパーソンにはおすすめの成分と言えるでしょう。

しかし、各臓器機関が未熟な赤ちゃんの場合はカフェインを摂取してしまうことで「興奮しやすくなる」「寝つきが悪くなる」「よく泣くようになる」などの悪影響が懸念されています。

大人であれば摂取したカフェインは肝臓で代謝されますが、肝機能が低い1歳未満の赤ちゃんはカフェインの分解に時間を要してしまいます。

母親がどのくらいのカフェインを摂取するのかにもよりますが、母親が摂取したカフェイン量の約1割が母乳を通して赤ちゃんへと伝わってしまうんですよ!

母乳育児ママ必見!授乳中に気をつけたい紅茶の飲み方

「授乳中でも紅茶を飲みたい!」という人に向けて、授乳中に気をつけたい紅茶の飲み方をまとめてみたいと思います。

ここでご紹介する3つのポイントに気をつけて、引け目なく紅茶を楽しみましょう!

できるだけカフェインレスを選ぶ

「紅茶を飲みたいけどカフェインが気になる…」という人は、思い切ってカフェインレスの紅茶を試してみてください。

カフェインレスの紅茶とは、特殊な技法によって茶葉からカフェインを排出した紅茶で、授乳中や妊娠期にもおすすめです。

紅茶からカフェインを排出してしまうことで紅茶本来の味わい深さが低くなることもありますが、最近では「超臨界二酸化炭素抽出法」と言って、紅茶の旨味を残しつつカフェインだけを取り除くという技法も積極的に採用されています。

カフェインレスと感じさせないような本格的な味わいの紅茶も多く発売されているため、ぜひ試してみてくださいね!

飲みすぎないことが大切

どうしてもカフェイン入りの紅茶を飲みた場合は、飲む量に気をつけましょう。

カフェインに対する反応性は個人差が大きく、少しのカフェインに反応してしまう人もいればたくさん飲んでも影響を受けない人もいます。

そのため、授乳中の女性や赤ちゃんに及ぼす健康被害を正確に判断するのは難しく、食品安全委員会では「カフェインの一日摂取許容量(ADI)」は設定されていないそうです。
https://www.fsc.go.jp/factsheets/index.data/factsheets_caffeine.pdf

しかし、欧州食品安全機関(EFSA)では「授乳婦は1日200 mg以内」のカフェイン摂取であれば、健康リスクは生じないと発表されています。

紅茶1杯あたりに含まれるカフェイン量は約30mg。1日に2〜3杯の紅茶なら、赤ちゃんへの影響はほとんどないと考えられますよね!

紅茶以外にもカフェインの入っている食べ物や飲み物は周りに溢れているので、そもそも「カフェインを全く摂取しない」と言うのはなかなか難しいのではないでしょうか。

紅茶を飲むにしても、適量を守っていれば下手に怖がる必要もないため、飲み過ぎに注意してティータイムを楽しんでみては?

過度に心配しすぎないこと

「カフェインを摂取すると赤ちゃんが寝られなくなる」「絶対にカフェインは摂取したくない」「赤ちゃんが泣き止まないのは紅茶を飲んだせい?」など、カフェインに対して過剰に反応しすぎていませんか?

カフェインの過剰摂取は確かに健康被害を引き起こす可能性がありますが、それは1日に200mg以上のカフェインを摂取した場合や、一度に200mgのカフェインを摂取した場合です。

紅茶にすると「1日約7杯」の紅茶を飲む計算になりますが、そこまでたくさん飲まなければ授乳中でも紅茶を楽しめると言うことです。

ただし先ほどもお伝えしたように、カフェインの反応性は個人差が大きいため、1日200mgでもカフェインの影響を受けてしまう人もいるはずです。

どのくらいのカフェイン量なら確実に安全かは言いきれませんが、1日に2〜3杯の紅茶(総カフェイン量60〜90mg)であれば十分許容内ではないかと感じます。(体質には個人差があるため、できればかかりつけ医に相談されることをおすすめします!)

実際に、私も妊娠中や授乳中でも1日に1〜2杯の紅茶を飲んでいましたが、特に目立ったトラブル等はありませんでしたよ。

母乳育児中も適度に紅茶を楽しもう!

紅茶のカフェインは脳を覚醒させる働きがあるため、母乳を通して赤ちゃんに影響を与える可能性があります。

しかし、カフェインにはリフレッシュ作用もあるため気分転換にはぴったりの飲み物でもあります。

母乳育児中でも飲む量に気をつければ赤ちゃんへの影響は低いと考えられているため、たまには紅茶でティータイムを楽しむのもあり!

また、紅茶にはカフェイン以外にもポリフェノールなどの栄養素が含有されているため、美容や健康維持のためにもぴったりです。

お気に入りの紅茶で一息つく時間は、きっと育児で溜まった疲れをリフレッシュさせてくれるはずですよ。

【linktea公式】line@はじめました!

ネパール紅茶をベースにした自然派ブランドになります。

linkteaのLINE@ではお得な情報を配信いたします!

・新茶の先取り&早割り販売

・ネパールの紅茶について

・linktea紅茶の最新情報&出店情報

・割引クーポンの配布

無料ですので、是非ともご登録してください。

LINE@ご登録はこちら→
ABOUT ME
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎