グッズ

一人用の紅茶ポットなら断然「ガラス製」!おすすめ4選

リーフティーを使って紅茶を淹れる際、皆さんはどのような器具をお使いですか?

「茶葉を茶袋に入れている」「茶こしを利用して淹れている」という人も多いと思いますが、茶葉の旨味をより堪能したいときに便利なのが、ティーポットの存在。

一人用のティーポットにはさまざまな種類が存在していますが、使い勝手がよくてリーズナブルな「ガラス製のティーポット」に注目が集まっています。

今回はそんなガラス製のティーポットに注目し、特徴やおすすめ商品についてお伝えしていきたいと思います。

一人で紅茶を飲むときも「ポット」がおすすめ?

そもそもなぜ一人で紅茶を飲むときにティーポットが必要なのか…?

それはいうまでもなく、紅茶の香りや味わいをより楽しむためです!

ティーバッグでも美味しい紅茶を淹れることはできますが、やはりティーポットを使用して本格的に淹れると風味もよく感じられるもの。

それだけではなく、ティーポットで紅茶を淹れる際に感じる「生葉の草っぽい香り」「湯気に乗せて舞い上がる紅茶の香り」には癒し効果すら感じられ、紅茶を淹れるという工程自体に快感を覚える人も珍しくありません。

  • 今日は少し多めの茶葉で濃いめの味わいにしてみよう
  • 新しく買ったハーブとブレンドしてみよう

など、ティーポットを使用すれば、その日の気分に応じたアレンジティーを作るのも簡単!

ティーポットの中で優雅にジャンピングする茶葉を眺めながら待つ蒸らし時間は、なんともいえない幸福感に包まれます。

また、最近の一人用ティーポットには「茶こしが一体化されているデザイン」も多く、驚くほど簡単に本格的な紅茶を淹れられると評判に。

ティーバッグで手軽に紅茶を淹れるのもいいですが、ティーポットで本格的な紅茶を楽しんでみるのもおすすめです!

一人用紅茶ポットの種類

紅茶ポットには、大きく分けて4種類のポットが存在しています。

材質によって特徴や使いやすさがそれぞれあるため、自分に合ったものを使うといいですね。

ここでは、それぞれの種類のポットの特徴について詳しくご紹介します。

金属製のティーポット

光沢が美しい金属製のティーポットは、銅やステンレス製のものが目立ちます。

使えば使うほどティーポットに味が出てくるという金属製品の特徴は、革製品を愛用しているときの感覚に似ているかも。

保温力が高いという金属の特性を利用すれば、寒い時期のポットとしても活躍してくれるでしょう。

金属製のものは価格もそれなりにするため、ひとつのポットを長く使用していきたいという人にぴったりです!

陶器のティーポット

陶器のティーポットは温かみのあるデザインが印象的で、ツルっとした見た目が可愛らしさや和の雰囲気を演出してくれるよう。

陶器には味や匂いが移りにくいという特徴があるため、味のことなる紅茶や紅茶以外のお茶やハーブティーにも使用したいという人におすすめです。

磁器のティーポット

磁器は素材が白くて強度が強く、上品な印象と耐朽性を併せ持つ高級素材。

高級紅茶ブランドとしても知られている「ロイヤルコペンハーゲン」「ウェッジウッド」なども、磁器のティーポットを多く販売しています。

保温性にも優れている磁器を使用したティーポットは高級品として定着していて、ひとつ5万円以上もするティーポットも珍しくありません。

ガラス製のティーポット

ガラス製のティーポットは洗練されたデザインのものが多く、価格も比較的リーズナブルで初心者にもおすすめのティーポット。

他の素材と比べるとやや保温性能が劣るものの、味や匂いも移りにくく、茶葉による着色もしにくいのが特徴的です。

また、ガラス製のティーポットは中が透けて見えるので、茶葉のジャンピング風景を楽しむこともできます。

ガラス製ティーポットのメリットは?

上記でもお伝えしたように、ガラス製のティーポットにはさまざまなメリットが存在していました。

もう一度詳しくまとめてみましょう。

  • 手の届きやすい価格帯
  • 中が見えるから紅茶の抽出具合が一目でわかる
  • 茶葉のジャンピングを楽しむことができる
  • デザインがシンプルでインテリアの邪魔をしない
  • 紅茶の匂いや味が移りにくい
  • 茶葉による色移りもなく、いつまでもキレイな状態を保ちやすい
  • 洗剤で簡単に洗えるのでお手入れが楽
  • 食洗機対応のポットも多い

いかがでしょうか?

特に「中が透けて見える」というところが最大のメリットで、紅茶がどれくらい抽出されたかを水色の色で確認することができますよね。

ガラス製以外のポットでは、中身を確認するためには一旦蓋を開けないといけません。

それに、優雅な気分にさせてくれる「茶葉のジャンピング」も眺めることができないのが残念…。

陶器や磁器・金属製のティーポットにもそれぞれメリットがありますが、上記のような特徴を持つガラス製ティーポットの需要は止まることを知りません!

おすすめのガラス製ティーポット4選

ここでは、数あるガラス製ティーポットの中でも「特に手が届きやすい価格帯」のポットを厳選!

もちろんどれも一人用なので、日常使いしやすいですよ。

キントー One-touch ティーポット 280ml

ちょうどカップ1杯分の紅茶を淹れられるのは、蓋にメッシュの茶こしが付いている便利なミニティーポット!

蓋を360度傾けても紅茶を注ぐことができるので、反対の手で蓋を抑えておく必要がなく便利です。

広口で洗いやすさも兼ね備えているため、お手入れも簡単!

キントー UNITEA マグティーポット 350ml

おしゃれなカラーラインナップが魅力的なキントー「UNITEA」は、マグタイプのティーポットです。

通常のティーポットは抽出した紅茶をカップに注がなくてはいけませんが、こちらはティーポット兼マグ仕様!

紅茶を淹れたらそのまま飲むことができるので、時短にもつながって便利です。

created by Rinker
KINTO(キントー)
¥1,650
(2023/02/02 06:21:24時点 Amazon調べ-詳細)

スワン ティーポット 400ml

スワンのシンプルなガラス製のティーポットは、ぷっくりとした丸みが可愛らしい雰囲気を演出しています。

コップタイプの茶こしもセットになっているので、すぐに本格的なティーライフに挑戦することができますね。

created by Rinker
Dragonone
¥2,670
(2023/02/02 06:21:24時点 Amazon調べ-詳細)

ハリオ 2人用ティーポット 450ml

どことなく急須のような和の雰囲気を感じさせてくれるハリオのガラスティーポット。

大きな茶こしもセットされているので、茶葉がジャンピングしやすいという特徴があります。

また、少し大きめの容量は「1回に2杯くらいは飲みたい」なんて人にもおすすめです。

ガラス製の紅茶ポットでお一人様を楽しんで♡

ティーポットの種類には「金属」「陶器」「磁器」「ガラス」の4種類がありましたが、求めやすい価格帯のガラス製ポットなら、今すぐに本格的な淹れ方に挑戦できるでしょう。

ティーポットを使用するとより本格的な味や香りを楽しむこともできますが、茶葉のジャンピングを眺めるだけでも癒し効果を感じてもらえるはず。

「一人なんだからティーバッグでいいじゃない!」なんていわずに…ぜひティーポットを使用して、さまざまな角度から紅茶を楽しんでみてくださいね。

圧倒的リピーターが多い!linkteaの紅茶をご自宅に

linkteaはネパール紅茶からはじまった自然派ティーブランドです。

現地に訪れて厳選した茶園から、皆様にお届けいたします。

香料をできるだけ抑え、最後まで飲みやすいフレーバーティー、ハーブティーも作りました。

linkteaの紅茶を是非お試しください。

【公式】通販サイトはこちら→

【Amazon】から購入はこちら→
ABOUT ME
AYUMI SHIRANE
砂糖・小麦・卵・乳製品不使用!焼かずに作るロースイーツの魅力に取り憑かれ、講師として活動中。また、神が宿る靈草と呼ばれている「まこも」を使ったお茶を開発し、心身の浄化と波動を高めるお手伝いもおこなっております。Link teaのオータムナルの大ファン♡