フード

【パティシエ直伝】贅沢な美味しさ!なめらか紅茶プリンの作り方

おやつの定番と言えば、何を思い浮かべますか?

クッキーやゼリー、お団子など美味しいものはたくさんありますが、やはり一番人気は「プリン」ではないでしょうか。

プルプルとした食感と濃厚なカスタードの味わいが美味しいプリンは、老若男女問わず誰もが大好きな味です。

そんなプリンに、今回は紅茶を合わせてちょっぴり大人な味わいに仕上げました。

上品な紅茶の味がふわっと広がる、贅沢な紅茶プリンを作りましょう!

プリンとプディング


日本でプリンと言えば、カスタードプリンを思い浮かべると思いますが、その語源はイギリスの伝統料理「プディング」に由来しています。

プディングの歴史は古く、始めはパン屑や小麦粉にラード、卵、ドライフルーツなど有り合わせの材料を混ぜ、蒸し焼きにした料理のようなものでした。

そして時代と共にプディングの形も変化し、18~19世紀頃のフランスで具を入れず甘い卵液で固める、現在のカスタードプリンの原型が作られました。

世界の様々なプリン

日本ではプリン=カスタードプリンが主流ですが、世界の国々には様々なプリンがあります。

プリン発祥の地と呼ばれているイギリスでは、ナッツやドライフルーツをぎっしり詰めたケーキのようなプディングをクリスマスに食べる習慣があります。

またお菓子の歴史があるフランスでは、カスタードの表面を焦がしたクレーム・ブリュレが有名です。昔フランス映画の主人公が食べていて、日本でも話題になった事がありましたね。

どちらも日本のカスタードプリンとは少し違いますが、甘い卵液を蒸し焼きにして作る所ぜは同じです。

ちなみにプリンという呼び方は日本独特のもので、日本のカスタードプリンのようなものは、海外では「クレームカラメル」や「フラン」と呼ばれることが多いです。

日本初のプリンはいつ?

日本にプリンが初めて伝わったのは、江戸時代の後期から明治初期と言われています。当時は、高級レストランでしか食べることができないほど希少なものでした。

そして時代が過ぎると共に、プリンは庶民にまで浸透し、現在ではおやつの定番として多くの人に愛されるお菓子となりました。

卵、牛乳、砂糖で作るシンプルなプリンは、しっかり固めのタイプやなめらかな口どけタイプなど、食感や材料の違いで色々な種類のレシピが存在しています。

同じお菓子なのにこれだけ違うレシピがあるのも、みんなに愛されているプリンだからこそですね。あなたの好みのプリンは何タイプでしょうか?

プリン×紅茶のおすすめ組み合わせ


卵と牛乳の優しい味わいのプリンに合わせるなら、紅茶も優しい香りのものがおすすめです。

様々なプリンに合う紅茶との組み合わせをご紹介します。

カスタードプリン×ディンブラ

シンプルなカスタードプリンにおすすめの紅茶は、スリランカのディンブラです。適度な渋みとコクがあり、カスタードプリンのカラメルのほろ苦さとも良く合います。

固めのタイプのプリンにはスリランカのキャンディ、濃厚でなめらかなタイプのプリンには南インドの二ルギリもおすすめです。

チョコレートプリン×アッサム

濃厚なコクとなめらかな舌触りが楽しめるチョコレートプリンには、アッサムのようなどっしりした味わいの紅茶が良く合います。

また、チョコレートは柑橘系とも相性が良いので、アールグレイもおすすめです。ビターで大人なチョコレートプリンには、スモーキーな香りの中国紅茶キーモンを合わせても。

かぼちゃプリン×ウバ

ほっくりとしたかぼちゃの甘さと濃厚な口当たりが美味しいかぼちゃのプリン。食べた時のバランスを考えるなら、爽やかな渋みがあるウバが一押しです。

スリランカの高地で栽培されたウバは、メンソールのような香りが特徴です。まったりとした口の中を爽やかにしてくれる紅茶です。

抹茶プリン×ヌワラエリヤ

渋みとお茶の香りが立つ抹茶プリンは、大人にも人気のプリンですね。あんこやきな粉など和の食材を合わせても美味しい抹茶プリンには、緑茶に似た味わいの紅茶を合わせましょう。

スリランカのヌワラエリヤ、インドのダージリンなど、発酵が浅く緑っぽい味わいが抹茶とも相性が良いです。

ふわっと香る!なめらか紅茶プリンの作り方


お気に入りの紅茶で作る、大人も嬉しい紅茶プリンの作り方をご紹介します。

今回は蒸しプリンではなく、ゼラチンを使って冷蔵庫で冷やし固める紅茶プリンです。オーブンや火を使わないので、暑い季節にもおすすめです。

紅茶のカフェインが気になる方やお子様には、デカフェの茶葉を使いましょう。

なめらか紅茶プリン

[材料/プリンカップ5個分]

  • 牛乳/200㏄
  • 茶葉/9g(もしくはティーバッグ2袋)
  • 卵黄/2個
  • グラニュー糖/40g
  • 板ゼラチン/3g
  • 生クリーム/70㏄
  • 仕上げ用生クリーム/適宜
  • 仕上げ用ミント/適宜

[作り方]

  1. 板ゼラチンはたっぷりの氷水に浸けてふやかしておく。
  2. 手鍋に牛乳を入れ、沸騰直前まで温める。茶葉を入れて5分ほど蓋をして蒸らし、武ルクティーを作る。
  3. 茶こしで濾し、茶葉をスプーンの背などでぎゅっと押さえ最後の一滴までしっかり絞る。
  4. 抽出ミルクティーから180㏄計量し、熱いうちにふやかしたゼラチンを加えてしっかり溶かす。
  5. ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れ、泡だて器で白っぽくなるまですり合わせる。
  6. ⑤に④のミルクティー液を少しずつ加えて混ぜる。
  7. 生クリームを加えてさらに混ぜる。
  8. プリンカップに等分して注ぎ、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて2時間以上冷やし固める。
  9. 固まったら表面にゆるく泡立てた生クリームをのせ、ミントを飾って出来上がり。

※茶葉はお好みのものを使ってください。おすすめはアッサムやケニアなどミルクティーに合う紅茶です。メープルやバニラ、ナッツ系のフレーバーティーも美味しいです。

生クリームと卵黄を使うことで、なめらかで濃厚な紅茶のプリンが出来上がります。また、牛乳の代わりに豆乳を使ってもコクが出て美味しいですよ。

大人のおやつに紅茶プリンいかがですか?


いかがでしたでしょうか?

プリンは子供のおやつのイメージがありますが、紅茶を合わせると上品で香り高く、大人にもぴったりのプリンが楽しめます。

プルプル食感とふわっと香る紅茶がたまらない紅茶のプリン。フルーツや生クリームを添えれば、おもてなしにも喜ばれますね。

あなたもぜひ、お好きな茶葉を使って紅茶プリンに挑戦してみて下さい。

“buyer”

“pack”

ABOUT ME
hana_sora
hana_sora
元パティシエのティーインストラクター。今までの知識と経験を活かし、皆様に紅茶の素晴らしさを伝えるため、webライターとして活躍中。美味しい紅茶は人生を豊かにしてくれます。好きな紅茶はダージリンオータムナル

Linkteaの紅茶が気になる方へ

Linkteaはネパール紅茶をベースにした紅茶を専門販売しております。
リアルタイムで情報の発信や質問にお答えしたいと思い、LINE@をオープンしました。

・最新情報やイベント出店情報
・LINE@限定で無料で商品プレゼント(不定期)
・Linkteaの紅茶で分からないことがある
・購入前に聞いてみたい方
・紅茶を取り扱いたい方

LINE@にてお気軽にお問い合わせください!

“buyer”
人気のLinkTeaの紅茶を皆さまへ

LinkTeaではネパールのお知り合いのオーナーから直接仕入れた紅茶を販売しております。
ネパールの紅茶を美味しさを皆さんにも是非。
\\2019年の茶葉も入荷しました//

▶︎LinkTeaの紅茶とは?