フード

紅茶好きパティシエが教える!紅茶に合うシフォンケーキの作り方

紅茶とケーキは、ティータイムには欠かせない存在ですね。

特に、ふわふわして軽い食感のシフォンケーキは、若い方から年配の方まで年齢問わず人気のあるケーキの一つではないでしょうか。口に入れるとふわっと美味しさが広がって、紅茶ともとても相性が良いですね。

季節によってフレーバーが変わったり、お店の個性が光るシフォンケーキ。作るのは難しそうと思いがちですが、ポイントさえ気をつければご自宅でも美味しいシフォンケーキを焼くことができます。

今回は紅茶とシフォンケーキについてのお話です。シフォンケーキに合う紅茶の種類や、紅茶を使ったシフォンケーキの作り方もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

紅茶とシフォンケーキ


シフォンケーキはスポンジケーキの一種で、バターの代わりに低カロリーな植物油を使って作られるケーキです。

普通のスポンジケーキに比べて背が高く、真ん中に筒状の穴が空いているのが特徴です。これはシフォンケーキ専用の型で、生地に火が入りやすいように作られたものです。

ふわふわの生地は、焼いた後型ごと逆さにして冷まします。この時逆さにせずに放置していると生地がしぼんでしまい、潰れてしまうので気をつけましょう。

さてシフォンケーキはいつ、どのようにして誕生したのでしょうか?

シフォンケーキの誕生と名前の由来

シフォンケーキは、1927年にアメリカのハリー・ベーカーによって考案されました。当時ふわふわしたケーキは珍しく、その美味しさからたちまち評判になり、大人気となりました。

しかし、どんなにケーキのレシピを尋ねてもハリー・ベーカーは公表せず、20年余りもの間レシピは非公開になっていました。

時が経ち、レシピが一般公開されるとアメリカ全土でシフォンケーキブームが起こり、アメリカのホームメイドケーキの定番となりました。

名前の由来でもある「シフォン」とは絹や薄い織物のことで、ケーキの食感がきめ細かく柔らかいことから「シフォンケーキ」と名付けられました。

コーヒーよりも紅茶が合う理由

シフォンケーキは卵白に砂糖を入れて泡立てた「メレンゲ」によって、ふわふわに焼き上げられます。

また材料にバターではなく、ヘルシーな植物油を使うことで、より軽やかな口当たりのケーキに仕上がります。.

シフォンケーキは、ケーキの中でも甘すぎずあっさりとした味わいなので、味や香りが強いコーヒーよりも紅茶の方が相性が良くぴったりです。

ストレートティーやレモンティー、ミルクティーなど、どんな紅茶とも美味しく楽しむことができます。

シフォンケーキに合うおすすめ紅茶


シフォンケーキに合う紅茶は、軽やかであっさりとしたクセの少ないものがおすすめです。ケーキとの組み合わせに迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。

二ルギリ

南インドの紅茶二ルギリは、スリランカと気候が似通っているため紅茶もセイロンティーと近い特徴をもっています。

紅茶らしいオーソドックスな香りをもち、渋みはあるものの爽やかでクセが無く飲みやすい紅茶です。

紅茶のシフォンケーキや、フルーツを使ったシフォンケーキなどと相性か良くおすすです。

ダージリン

北インドのヒマラヤ山脈の山岳地帯で生産されているダージリン。標高が高く昼夜の寒暖差によって生まれる、華やかな香りとすっきした味わいが特徴です。

クオリティーシーズンによってもおすすめの組み合わせはありますが、ファーストフラッシュはシンプルなプレーンシフォンケーキ、セカンドフラッシュはレモンやオレンジなどの柑橘系シフォンケーキ、オータムナルはチョコレートシフォンケーキなどがおすすめです。

ヌワラエリヤ

ヌワラエリヤは、スリランカで最も標高が高い所で栽培されている、ハイグロウンティーです。心地よい刺激のある渋みと爽やかなキレ味が特徴で、青リンゴのような甘さがあります。

スリランカの紅茶の中でも緑茶に近い特徴があるので、和の素材を使ったシフォンケーキと合わせてはいかがでしょうか。

例えば、きな粉や黒ごま、あんこを使ったシフォンケーキなどと相性が良い紅茶です。

フレーバーティー

香料や花びら、果皮などで香りをつけたフレーバーティーは、色々な種類があり選ぶのも楽しい紅茶ですよね。

オールマイティーな紅茶なので、どのシフォンケーキとも相性が良いといえます。

定番のアールグレイや、お店やブランドのオリジナルフレーバーティーなどお好みのものをシフォンケーキに合わせてみてください。

レモンやミルクを入れても違った味わいが楽しめます。

パティシエ直伝!紅茶を使ったシフォンケーキレシピ


自分で作るにはちょっと難しそうなイメージがありますが、メレンゲさえきれいに泡立てられれば失敗は少ないケーキです。

今回は紅茶の茶葉を使った「紅茶のシフォンケーキ」のつくり方をご紹介します。
手軽にティーバッグを使って作るので、面倒な作業もありませんよ。

≪材料・17㎝シフォン型1台≫

  • 卵黄/3個分
  • グラニュー糖/30g
  • サラダ油/30g
  • 牛乳/40g

-A-

・薄力粉/80g
・ティーバッグ/3袋(6g)※茶葉の形状が細かいものを使う

-B-

・卵白/4個分
・グラニュー糖/40g

≪作り方≫

  1. -A-を合わせてふるっておく。卵白は使う直前まで冷蔵庫で冷やしておく。
  2. ボウルに卵黄、グラニュー糖を入れ、白っぽくなるまで泡だて器で混ぜる。
  3. ②にサラダ油を少しずつ加えながら混ぜ、牛乳も加えてさらに混ぜ合わせる。
  4. ふるっておいた-A-を加えて粉っぽさが無くなるまで混ぜる。
  5. 別のボウルに卵白を入れ、グラニュー糖を3~4回に分けて加えながら、しっかりツノが立つまで泡立てる。
  6. ④のボウルにメレンゲをひとすくい加え、泡だて器で混ぜ合わせる。残りのメレンゲを1/2ずつ加え、ゴムベラで下からすくい上げるようにさっくりと混ぜ合わせる。
  7. 型に流し入れ、表面を平らにする。170℃に予熱したオーブンに入れ30~35分焼成する。
  8. 焼き上がったらすぐにひっくり返して、そのまま完全に冷やす。冷めたら型から外し、好みの大きさにカットする。

シフォンケーキの失敗を防ぐには、メレンゲの泡立てをしっかりすることと、焼きあがったらすぐにひっくり返して冷ますことがポイントです。

このレシピにオレンジピールを入れても美味しいので、ぜひ一度試してみてください。

紅茶とシフォンケーキでおいしいティータイムを


いかがでしたでしょうか?

紅茶とシフォンケーキはまさに王道の組み合わせではないでしょうか。ふわふわ食感と優しい口どけで、紅茶がさらに美味しく感じますね。

ティーバッグを使った紅茶のシフォンケーキは、茶葉が細かいものを使いましょう。もしティーバッグが無い場合は、大きい茶葉をミルで砕いたりすりこぎで擦って使って下さい。

美味しいシフォンケーキが焼けたら、たっぷりの紅茶を用意して、ティータイムを始めましょう!

ABOUT ME
hana_sora
hana_sora
元パティシエのティーインストラクター。今までの知識と経験を活かし、皆様に紅茶の素晴らしさを伝えるため、webライターとして活躍中。美味しい紅茶は人生を豊かにしてくれます。好きな紅茶はダージリンオータムナル
今だけ!LinkTeaの最新情報を更新しています


LinkTeaではネパールのオーナーから直接仕入れた紅茶を販売しております。
出店やセール情報などLINE@の方限定情報を今後発信してまいります!

LinkTeaのLINE@はこちら