紅茶

妊娠中におすすめ!【ノンカフェイン紅茶】5選

妊娠中に摂取を控えたい代表格といえば、ビールや焼酎などのアルコール類や、紅茶やコーヒーなどに含まれる「カフェイン」ではないでしょうか?

妊娠を機に「ノンカフェイン飲料に切り替えた」「アルコール断ちをした」という女性はとても多く、ノンカフェインでも美味しく飲めるデカフェ飲料に注目が集まっています。

そこで今回は、胎児の成長に悪影響を及ぼすといわれているカフェインについて詳しくご紹介!

ノンカフェインのおすすめ紅茶もご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

妊娠中に紅茶がNGの理由は…

そもそも、なぜ妊娠中には紅茶やコーヒーの摂取が制限されているのでしょうか?

それは、紅茶やコーヒーに含まれている「カフェイン」という成分が、胎児の成長に悪影響を与えるといわれているから!

カフェインを摂取することでどのような悪影響があるのか、カフェインの摂取量に目安はあるのか、についてまとめています。

カフェインの1日平均摂取量

欧州連合(EU)の「欧州食品安全機関(EFSA)」は、健康を維持するために望ましいカフェイン摂取量について以下のように発表しています。

成人では「1日400mg未満、かつ1回の摂取量が200mgを超えないように」

妊娠中の女性は「1日200mg未満」

紅茶1杯に含まれるカフェイン量は約30mgなので、妊娠中であれば「1日に6〜7杯」程度の紅茶を飲める計算になります。

ちなみに、コーヒーのカフェイン量は1杯辺り約80mgと、紅茶よりもかなり多くカフェインを含んでいます。

カフェインが及ぼす胎児への影響

妊娠中でも1日に200mg程度ならカフェインを摂取してもいいといわれていますが、カフェインは胎盤を通過するため、妊婦が摂取したカフェインはそのまま胎児にも移行してしまいます。

胎児は肝臓の機能が未熟なのでカフェインをうまく排出することができず、最悪の場合は流産や死産につながるリスクを高めると指摘されることも!

しかし、実際は「カフェインの摂取によって胎児の発達に悪影響が及ぼされる」と報告する専門家もいれば「胎児の発達とカフェインは無関係だ」と報告する専門家の両者が存在し、はっきりとしたエビデンスが示されていません。

とはいえ、カフェインは胎盤の血液量を低下させることがわかっているため、胎児の成長に何らかの影響を与えると考えられますよね。

妊娠中にカフェインを摂取したくなったら?

カフェインと胎児の発達については未だ解明されていないことも多く、妊娠中の女性からは「どのくらいなら飲んでもいいの?」「全く飲まない方がいいの?」など、様々な不安や疑問が聞こえてきます。

1日200mg未満の量であればカフェインの摂取は問題ないといわれているものの、赤ちゃんのことを考えるとカフェインの摂取を控えた方がいいのは明確ですよね!

そこでここでは、妊娠中にカフェインを摂取したくなった場合の対策方法についてご紹介します。

カフェインレス紅茶がおすすめ!

妊娠中に紅茶が飲みたくなったら、ぜひ「カフェインレス紅茶」に挑戦してみましょう。

カフェインレス紅茶とは、特殊な抽出方法を採用してカフェイン成分を除去した紅茶のことです。

各メーカーから様々なカフェインレス紅茶が発売されていますが、種類によって「カフェインゼロの紅茶」「少量のカフェインを含む紅茶」「カフェインレスのハーブとブレンドさせた紅茶」など、様々なものがあります。

一般的に、カフェインを除去してしまうと「紅茶の旨味が損なわれやすい」といわれています。

カフェインレス紅茶でもしっかりと紅茶のコクや味わいを感じたい場合は、紅茶の風味を損ないにくい方法といわれている「二酸化炭素を使用した超臨界抽出法」が採用された紅茶を選んでみましょう。

ハーブティーもおすすめ!

カフェインが気になるときは、思い切って紅茶以外の飲み物に目を向けてみるのもおすすめです。

妊婦さんから注目を集めているのは、様々な効果効能が期待できるハーブティー!

特に「ローズヒップティー」「ハイビスカスティー」といったハーブは女性に嬉しいビタミン群が多く含まれ、妊娠中でも安心して飲むことができると大人気ですよ。

ただし、ハーブティーの中には子宮に刺激を与える作用のあるものも多く、妊娠中に使用できない種類もあるので注意しましょう。

コーヒー派にはタンポポコーヒーがおすすめ!

「コーヒーが好き!」という人から人気があるのは、やっぱりカフェインレスコーヒーですよね。

カフェインレスコーヒーにも美味しいものがたくさん発売されていますが、個人的におすすめするのは「タンポポコーヒー」です。

タンポポにはビタミンやミネラルが豊富で、虚弱体質の人にもおすすめされるほど強い生命力があります。

タンポポの根を乾燥させて焙煎するだけで、誰にでも簡単にタンポポコーヒーを作ることができるので、妊娠中で時間がたっぷりある場合はタンポポの根を採集してみても面白そう!

「ノンカフェイン」「カフェインレス」「デカフェ」の違いは?


巷では「ノンカフェイン」「カフェインレス」「デカフェ」など様々な表記がありますが、これらの違いはどこにあるのでしょうか?

ここでは、ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェの違いや特徴について詳しくまとめます。

ノンカフェイン 元々カフェインを全く含まない飲み物のことを指します。妊娠中やカフェインの影響が気になる場合は、ノンカフェイン飲料がおすすめです。
カフェインレス 「カフェインの含有量が少ない飲み物」のことを指します。カフェインが入っていないと勘違いされやすいですが、若干のカフェインは含まれている飲み物です。
デカフェ カフェインを含んでいる飲み物から特殊な方法を用いてカフェインを取り除いたもの。元々はカフェインを含んでいるため、全てのカフェインを取り除くことは難しいのが特徴的。「デカフェ=カフェインレス」と認識されています。

「ノンカフェイン」「カフェインレス」「デカフェ」には、このような違いがありました。

基本的に、ノンカフェイン飲料はカフェインが全く入っておらず、カフェインレスやデカフェは微量のカフェインが含まれているということになります。

妊娠中におすすめのカフェインレス紅茶5選

ここでは、妊娠中にもおすすめのカフェインレス紅茶やデカフェ紅茶を5つご紹介します。

ティーブティック やさしいデカフェ 紅茶

セイロンティーをベースにして、アップルやマスカットなどのフレーバーをつけた紅茶です。

旨味と香りがムラなく広がる三角ティーバッグタイプなので、マグカップでも本格的な味わいに!

created by Rinker
やさしいデカフェ紅茶
¥1,990
(2022/05/28 15:35:47時点 Amazon調べ-詳細)

AHMAD TEA デカフェ アールグレイ ティーバッグ

世界80カ国で愛される英国ブランド「AHMAD TEA」は、紅茶の風味を残したデカフェのラインナップが豊富です。

中でも柑橘系の香りが引き立つアールグレイは、清々しい香りでリフレッシュタイムにもぴったりでしょう。

フォートナム&メイソン アールグレイクラシック

ロンドンを拠点とする高級老舗百貨店「フォートナム&メイソン」からは、アールグレイの爽やかな香りが印象的なデカフェ紅茶が発売されています。

日本ではなかなか手に入れることができない商品なので、手に入れられたらラッキー!?

created by Rinker
フォートナム&メイソン
¥4,950
(2022/05/28 16:47:31時点 Amazon調べ-詳細)

デカフェ ダージリン(ティーパック10P)

キリリと透明感のある味わいが特徴的!こちらの紅茶は、香り高いローカフェインダージリンティーです。

現在の技術として最も紅茶の風味を残すことができるといわれている「超臨界二酸化炭素抽出法」を採用してカフェインを除去。デカフェでも本格的な味わいを求める人におすすめです。

カフェインレスセイロンティー

こちらのデカフェ紅茶には、スリランカ産の良質な茶葉が使用されています。

オレンジペコ100%で本格的な味わいを再現し、超臨界二酸化炭素抽出法によりカフェインを97%除去することに成功!

苦味や渋みが穏やかなので、紅茶が苦手な人でも飲みやすいでしょう。

おすすめのノンカフェインハーブティー3選


ここでは、カフェインが全く含まれていないハーブティーを紹介します。

影響を心配せずに紅茶を楽しめる「ノンカフェイン」のハーブティーなら、妊娠中も気兼ねなく取り入れられるでしょう。

エルダーフラワーティー

エルダーフラワーティーは、優しくて甘い香りが特徴的です。エルダーフラワーはとてもリラックス効果が高く、妊娠中に不安定となる精神を優しく包み込んでくれる感覚。

母親になる不安や自分への心配事など、普段は気にしないようなことが妊娠中は気になってしまうものです。

エルダーフラワーはそんな妊娠中の女性にそっと寄り添い、乱れた心を整えてくれるサポートしてくくれるでしょう。

精神面への働きだけではなく、美肌効果やアレルギー症状の緩和にも効果が期待されているため、多方面で役立ってくれそうなハーブティーです。

エルダーフラワーについて詳しく知りたい人は、以下の記事もチェック!

妊娠中におすすめのハーブティー!エルダーフラワーの効果効能妊娠中のカフェイン摂取は胎児に悪影響を及ぼす可能性があるとして、妊娠を機に「カフェイン絶ち」をする女性が多く見られます。 ノンカフ...

ルイボスティー

ルイボスティーは南アフリカのごく一部分にのみ育つ、不老長寿の飲み物とも言われています。栄養素がとても高いため、健康や美容のために取り入れる人が後を絶えません。

また、ルイボスティーは副作用が少なく安全性が高いのも人気の秘訣で、子どもからお年寄りまで様々な年代や体質の人におすすめできます。

妊娠中には「飲んではいけない」とされるハーブティーも少なくありませんが、ルイボスティーなら胎児への影響もなく安心して取り入れられるでしょう。

妊娠中に飲んではいけないハーブティーについて知りたい人は、以下の記事もチェック!

妊娠中にハーブティーはダメ?おすすめ?気になる【禁忌事項】様々な効果が期待できて人気の高いハーブティーは、ノンカフェインで妊娠中にもおすすめの飲み物です。 しかし、薬のように強い作用をもた...

タンポポ茶

タンポポ茶には非常に多くの栄養素が含まれているため滋養強壮効果がとても高く、妊娠中の女性にはぜひ取り入れていただきたいハーブティーです。

タンポポ茶には腸内環境を整えてくれる「イヌリン」という成分が含有されていることから、便秘になってしまいやすい妊娠中期〜後期にもぴったりでしょう。

また、妊娠中は胎児へ血液が優先的に送られるため、どうしても母体は貧血気味になってしまいやすいのも特徴です。

タンポポ茶には鉄分も多く含まれているため、妊娠中の貧血防止にもおすすめです。

妊娠後もカフェインレス紅茶を飲み続けるメリット


「妊娠中は紅茶よりもハーブティーがいいのでは?」と感じる人も少なくありませんが、妊娠期間中だからこそ紅茶のパワーを活用して欲しいと思います。

紅茶には「インフルエンザウィルスの感染力を99.99%無効化させる」「ポリフェノールの働きで美肌をサポートする」「腸の運動を促進させて便秘解消をサポート」など、妊娠期間中のトラブル解消につながる効果がたくさん!

ひと昔前のカフェインレス紅茶は「紅茶の華やかな味がしない」「香りが弱い」などの特徴が気になりましたが、最近のカフェインレス紅茶はとても香り高くて美味しいのが特徴的です。

「これ、本当にカフェインレス紅茶?」と感じさせてくれる仕上がりが多く、カフェインを気にせず紅茶を楽しめるでしょう。

妊娠期間中は心身ともに不安定になってしまいやすい時期。

だからこそ、紅茶好きなら「紅茶を我慢しない生活」を、カフェインレス紅茶で叶えてみてくださいね!

妊娠中は「カフェインレス紅茶」で決まり!

いかがでしたか?

妊娠中のカフェイン摂取は、大なり小なり胎児に影響を与えてしまうといわれています。

大切な命を健やかに育むためにも、ぜひカフェイン含有量の少ない「デカフェ紅茶」に挑戦してみてくださいね。

【linktea公式】珍しいネパール紅茶ブランド始めました!

ダージリンに引けを取らないネパール紅茶。

現地に訪れ、厳選した茶園から皆様にお届けさせていただきます。

茶葉はもちろん、フレーバーティー、ハーブティーも作りました。

linkteaの紅茶をお試しで是非お試しください。

公式サイト限定で、LINE@に無料登録していただいた方に5%OFFのクーポンをご提供させていただきます。

【5%OFFクーポン】LINE@の登録はこちら→
ABOUT ME
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎