紅茶

妊娠中におすすめ!【ノンカフェイン紅茶】5選

妊娠中に摂取を控えたい代表格といえば、ビールや焼酎などのアルコール類や、紅茶やコーヒーなどに含まれる「カフェイン」ではないでしょうか?

妊娠を機に「ノンカフェイン飲料に切り替えた」「アルコール断ちをした」という女性はとても多く、ノンカフェインでも美味しく飲めるデカフェ飲料に注目が集まっています。

そこで今回は、胎児の成長に悪影響を及ぼすといわれているカフェインについて詳しくご紹介!

ノンカフェインのおすすめ紅茶もご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

妊娠中に紅茶がNGの理由は…

そもそも、なぜ妊娠中には紅茶やコーヒーの摂取が制限されているのでしょうか?

それは、紅茶やコーヒーに含まれている「カフェイン」という成分が、胎児の成長に悪影響を与えるといわれているから!

カフェインを摂取することでどのような悪影響があるのか、カフェインの摂取量に目安はあるのか、についてまとめています。

カフェインの1日平均摂取量

欧州連合(EU)の「欧州食品安全機関(EFSA)」は、健康を維持するために望ましいカフェイン摂取量について以下のように発表しています。

成人では「1日400mg未満、かつ1回の摂取量が200mgを超えないように」

妊娠中の女性は「1日200mg未満」

紅茶1杯に含まれるカフェイン量は約30mgなので、妊娠中であれば「1日に6〜7杯」程度の紅茶を飲める計算になります。

ちなみに、コーヒーのカフェイン量は1杯辺り約80mgと、紅茶よりもかなり多くカフェインを含んでいます。

カフェインが及ぼす胎児への影響

妊娠中でも1日に200mg程度ならカフェインを摂取してもいいといわれていますが、カフェインは胎盤を通過するため、妊婦が摂取したカフェインはそのまま胎児にも移行してしまいます。

胎児は肝臓の機能が未熟なのでカフェインをうまく排出することができず、最悪の場合は流産や死産につながるリスクを高めると指摘されることも!

しかし、実際は「カフェインの摂取によって胎児の発達に悪影響が及ぼされる」と報告する専門家もいれば「胎児の発達とカフェインは無関係だ」と報告する専門家の両者が存在し、はっきりとしたエビデンスが示されていません。

とはいえ、カフェインは胎盤の血液量を低下させることがわかっているため、胎児の成長に何らかの影響を与えると考えられますよね。

妊娠中にカフェインを摂取したくなったら?

カフェインと胎児の発達については未だ解明されていないことも多く、妊娠中の女性からは「どのくらいなら飲んでもいいの?」「全く飲まない方がいいの?」など、様々な不安や疑問が聞こえてきます。

1日200mg未満の量であればカフェインの摂取は問題ないといわれているものの、赤ちゃんのことを考えるとカフェインの摂取を控えた方がいいのは明確ですよね!

そこでここでは、妊娠中にカフェインを摂取したくなった場合の対策方法についてご紹介します。

ノンカフェイン紅茶がおすすめ!

妊娠中に紅茶が飲みたくなったら、ぜひ「カフェインレス紅茶」に挑戦してみましょう。

カフェインレス紅茶とは、特殊な抽出方法を採用してカフェイン成分を除去した紅茶のことです。

各メーカーから様々なカフェインレス紅茶が発売されていますが、種類によって「カフェインゼロの紅茶」「少量のカフェインを含む紅茶」「カフェインレスのハーブとブレンドさせた紅茶」など、様々なものがあります。

一般的に、カフェインを除去してしまうと「紅茶の旨味が損なわれやすい」といわれています。

ノンカフェイン紅茶でもしっかりと紅茶のコクや味わいを感じたい場合は、紅茶の風味を損ないにくい方法といわれている「二酸化炭素を使用した超臨界抽出法」が採用された紅茶を選んでみましょう。

ハーブティーもおすすめ!

カフェインが気になるときは、思い切って紅茶以外の飲み物に目を向けてみるのもおすすめです。

妊婦さんから注目を集めているのは、様々な効果効能が期待できるハーブティー!

特に「ローズヒップティー」「ハイビスカスティー」といったハーブは女性に嬉しいビタミン群が多く含まれ、妊娠中でも安心して飲むことができると大人気ですよ。

ただし、ハーブティーの中には子宮に刺激を与える作用のあるものも多く、妊娠中に使用できない種類もあるので注意しましょう。

コーヒー派にはタンポポコーヒーがおすすめ!

「コーヒーが好き!」という人から人気があるのは、やっぱりカフェインレスコーヒーですよね。

カフェインレスコーヒーにも美味しいものがたくさん発売されていますが、個人的におすすめするのは「タンポポコーヒー」です。

タンポポにはビタミンやミネラルが豊富で、虚弱体質の人にもおすすめされるほど強い生命力があります。

タンポポの根を乾燥させて焙煎するだけで、誰にでも簡単にタンポポコーヒーを作ることができるので、妊娠中で時間がたっぷりある場合はタンポポの根を採集してみても面白そう!

妊娠中におすすめのノンカフェイン紅茶5選

ここでは、妊娠中にもおすすめのカフェインレス紅茶を5つご紹介します。

ティーブティック やさしいデカフェ 紅茶

セイロンティーをベースにして、アップルやマスカットなどのフレーバーをつけた紅茶です。旨味と香りがムラなく広がる三角ティーバッグタイプなので、マグカップでも本格的な味わいに!

Amazon楽天市場

AHMAD TEA デカフェ アールグレイ ティーバッグ

世界80カ国で愛される英国ブランド「AHMAD TEA」は、紅茶の風味を残したデカフェのラインナップが豊富です。

中でも柑橘系の香りが引き立つアールグレイは、清々しい香りでリフレッシュタイムにもぴったりでしょう。

楽天市場

フォートナム&メイソン アールグレイクラシック

ロンドンを拠点とする高級老舗百貨店「フォートナム&メイソン」からは、アールグレイの爽やかな香りが印象的なデカフェ紅茶が発売されています。

日本ではなかなか手に入れることができない商品なので、手に入れられたらラッキー!?

Amazon

デカフェ ダージリン(ティーパック10P)

キリリと透明感のある味わいが特徴的!こちらの紅茶は、香り高いローカフェインダージリンティーです。

現在の技術として最も紅茶の風味を残すことができるといわれている「超臨界二酸化炭素抽出法」を採用してカフェインを除去。デカフェでも本格的な味わいを求める人におすすめです。

楽天市場

カフェインレスセイロンティー(OP100%)

こちらのデカフェ紅茶には、スリランカ産の良質な茶葉が使用されています。

オレンジペコ100%で本格的な味わいを再現し、超臨界二酸化炭素抽出法によりカフェインを97%除去することに成功!苦味や渋みが穏やかなので、紅茶が苦手な人でも飲みやすいでしょう。

楽天市場

妊娠中は「カフェインレス紅茶」で決まり!

いかがでしたか?

妊娠中のカフェイン摂取は、大なり小なり胎児に影響を与えてしまうといわれています。

大切な命を健やかに育むためにも、ぜひカフェイン含有量の少ない「デカフェ紅茶」に挑戦してみてくださいね。

《限定》Linkteaのお試し秋摘み紅茶をプレゼント!

Linkteaはネパール紅茶をベースにした紅茶を専門販売しております。

  

今回、LINE@に登録していただいた《紅茶好きの方》に、
好評である秋摘み紅茶を無料プレゼントさせていただきます!

・最新情報やイベント出店情報
・LINE@限定で無料で商品プレゼント(不定期)
・Linkteaの紅茶で分からないことがある
・購入前に聞いてみたい方
・紅茶を取り扱いたい方

LINE@にて気軽にお問い合わせください!

“buyer”

ABOUT ME
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎