紅茶

アイルランド紅茶の文化とおすすめブランド4選

紅茶の生産量世界トップはインドですが、紅茶の「消費量」が世界トップであるのはアイルランド!

紅茶といえばイギリスのイメージがありますが、アイルランド人はイギリス人よりも1日に飲む紅茶の量が多いことでも知られています。

朝の紅茶はもちろん、ブレイクタイムや夕食時・就寝前と、アイルランド人の生活の中には紅茶が深く浸透しています。

そんな「紅茶が大好きアイルランド人」は、日々どのような紅茶を飲んでいるのでしょうか?

今回はアイルランドの紅茶文化に加えて、アイルランドの紅茶ブランドをご紹介してみたいと思います。

アイルランドの紅茶文化と歴史


ここでは、アイルランドの紅茶の文化や歴史についてご紹介してみたいと思います。

「上質な紅茶が多い」といわれるアイルランドの紅茶ですが、それにはある歴史的大戦争が関係していたのです…!

アイルランドの紅茶は「庶民の飲み物」

アイルランドで紅茶が飲まれるようになったのは、18世紀にイギリスから紅茶が持ち込まれたのが始まりでした。

当時のイギリスでは「紅茶は身分の高い貴族の飲み物」として位置付けられていましたが、イギリスから比較的安値で仕入れることができていたアイルランドでは、庶民を中心に紅茶の普及が進んだといわれています。

第二次世界大戦が始まるまで、アイルランドには上質な紅茶が安定的に輸入されていました。

しかし大戦中にアイルランドが中立宣言をしたことでイギリスは激怒。

報復として、今までアイルランドに輸出していた紅茶の配給量を急激に減らすという作戦に出ます。

アイルランド人にとって欠かすことのできない紅茶が、この中立宣言をきっかけに入手困難になってしまうのです!

アイルランド独自の紅茶文化はこうして誕生した

アイルランド国民にとって紅茶は「庶民の憩いの飲み物」として定着していたため、アイルランド側はなんとか紅茶を確保しようと考えます。

それまではイギリスを仲介して紅茶の輸入を行っていたアイルランドですが、それ以降は紅茶を生産している産地から直接買い付けるために「TEA IMPORTERS株式会社」という会社を設立し、イギリスを頼ることなく紅茶を輸入するルートを開拓することに成功したのです!

イギリスを介さず紅茶を仕入れられるようになったのは喜ばしいことですが、この条約には「生産国からの輸入のみ」に限られるという取り決めがありました。

イギリスや周辺のヨーロッパ諸国にはさまざまな紅茶がすでに流通しているのですが、条約によりそれらを購入することはできません。

しかし裏を返して考えてみると、生産国からしか購入することができないということは「上質な茶葉を輸入しやすい」という結果にもつながっていきました。

アイルランドが主に輸入をしていた紅茶はインドのアッサムですが、アイルランドの水質(軟水)がケニア紅茶に最適だとわかり、1963年頃にはケニアの紅茶の需要が急激に上昇しました。

アイルランドの紅茶輸入が自由化

これまでは「生産国からの輸入のみ」とされていたアイルランドですが、1973年にアイルランドがヨーロッパ共同体(EC)に参加したことをきっかけに条約は廃止に。

イギリスからでもヨーロッパ諸国からでも自由に輸入を行うことができるようになったアイルランドでは、量り売りのリーフティーからティーバッグ紅茶・フレーバードティーなどと、さまざまな紅茶が普及していきました。

その中にはリーズナブルに購入することのできる紅茶などもありましたが、これまで上質なケニア紅茶を飲む習慣があったアイルランド人は下が肥えていて、品質の低い紅茶の売れ行きは低迷していくことに。

現在もアイルランドで人気がある紅茶には、ケニアで栽培された上質な紅茶がブレンドされているという特徴があります。

アイルランド紅茶のおすすめブランド4選


アイルランドでは、紅茶はストレートではなく「たっぷりのミルクを入れて」飲むスタイルが一般的です。

ミルクティーに合うコク深い味わいの紅茶が多いアイルランドでは、どのような紅茶ブランドが展開されているのでしょうか?

ここでは、アイルランドで人気の高いおすすめの紅茶ブランドをご紹介していきたいと思います。

BARRY’S TEA

アイルランドのスーパーで見かけないことはないバリーズティー。

高品質なCTC製法のケニア紅茶を使用しているため、味はマイルドなのにしっかりとしたコク深さがミルクと相性抜群です。

「アイリッシュブレックファスト」はケニア紅茶をベースにルワンダ茶とインド茶をブレンドし、ミルクティーに合うコク深さの中にも朝の目覚めにつながる爽快感ある仕上がりに。

「ゴールドブレンド」は雑味がないのはもちろんですが、濃く抽出しても苦味が出にくいのが特徴的です。

バリーズティーのティーバッグはポット用の大きなティーバッグなので、カップではなく大きめのマグカップやティーポットで淹れるのが美味しく飲む秘訣です。

LYONS

ライオンズは1902年に誕生したアイルランドでも歴史深い紅茶ブランドですが、1996年からはイギリスの会社に引き継がれています。

「緑のオリジナルブレンド」「赤のゴールドブレンド」「青のケニアブレンド」など箱の色でブレンドを見分けることができ、現在ラインナップしているのは9つのブレンドやフレーバーです。

ライオンズティーは日本に輸入されていないので、なかなかお目にかかることが少ないアイルランドの紅茶ブランド。

ライオンズティーはその他のブランドに比べて「地元民が日常的に飲んでいるブランド」なのですが、その理由はアイルランドの水道水に秘密が隠されています。

アイルランドの水道水は石灰が混ざった軟水なのですが、ライオンズはこの石灰混じりの軟水でも紅茶が美味しく抽出できるブレンドの考案に力を入れていたから。

緑のオリジナルブレンドは特にアイルランドの水質に合っていることから、現地の人々の定番紅茶として重宝されています。

BEWLEY’S

ビューリーズはアイルランドの老舗紅茶ブランドとして有名ですが、実は元々「アイルランドで最も古いカフェ」として1840年に開店。

現在でもカフェがダブリンにあり、観光客や地元民の憩いの場所として紅茶を提供しています。

そんなビューリーズ紅茶の特徴は、なんといっても「ブレンドセンスがいいこと」です。

茶葉はCTCのものよりもさらに細かく、茶こしのタイプによっては茶葉がカップに混ざってしまうほど細かいのです。

茶葉が細かいので抽出も効率がよく、お湯を注ぐと同時に紅茶のふんわりとした香りを感じることができます。

CAMPBELL’S perfect TEA

キャンベルズ・パーフェクト・ティー1797年にアイルランドの首都・ダブリンで誕生した紅茶の商品名です。

キャンベルズ・パーフェクト・ティーの紅茶に使用されている茶葉は、アフリカ・ケニアが原産国。

ケニア紅茶はアッサム種を改良して作られたケニア独特の品種で、しっかりとした強いコクとマイルドな飲みやすさが魅力的です。

コロコロと丸まった形状の「CTC製法」で作られているので短時間でしっかりと紅茶を抽出することができ、ミルクティーにも最適なんですよ。

アイルランドの紅茶ブランドはぜひ「ミルクティー」で!


紅茶消費量が世界一のアイルランド人は、1日に平均して4〜6杯もの紅茶を飲むといいます。

紅茶の飲み方はもっぱらミルクティーなので、アイルランドの紅茶にはミルクに合うコクが深くてまろやかな味わいのものがほとんどです。

「ミルクティーが好き!」「渋い紅茶が苦手…」という人は、ぜひアイルランドの紅茶を試してみてください。

“buyer”

“pack”

ABOUT ME
Aさん
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎

Linkteaの紅茶が気になる方へ

Linkteaはネパール紅茶をベースにした紅茶を専門販売しております。
リアルタイムで情報の発信や質問にお答えしたいと思い、LINE@をオープンしました。

・最新情報やイベント出店情報
・LINE@限定で無料で商品プレゼント(不定期)
・Linkteaの紅茶で分からないことがある
・購入前に聞いてみたい方
・紅茶を取り扱いたい方

LINE@にてお気軽にお問い合わせください!

“buyer”
人気のLinkTeaの紅茶を皆さまへ

LinkTeaではネパールのお知り合いのオーナーから直接仕入れた紅茶を販売しております。
ネパールの紅茶を美味しさを皆さんにも是非。
\\2019年の茶葉も入荷しました//

▶︎LinkTeaの紅茶とは?