紅茶

「紅茶の抗酸化作用」ってなに?身体を老化させる「酸化」を徹底解説

紅茶には高い抗酸化作用があるといわれています。

抗酸化作用と聞くとなんだか身体にいい作用であることはわかりますが、具体的にどのような働きをしてくれるのでしょうか。

今回は、私たちの身体を老化させる原因である「酸化現象」について詳しく紹介しつつ、それを防いでくれる「抗酸化作用」の働きにも注目してみたいと思います。

老化の原因は「酸化」だった!

身体が老化していくと「体調不良」「肌荒れ」「病気」「体力低下」など、様々な症状が現れますよね。

では、なぜ私たちの身体は老化していくのでしょうか?ここでは、老化の原因について詳しく解説します。

老化=身体の酸化

身体が酸化すると、上記で挙げた様々な体調不良や病気につながりやすくなります。これが慢性化してくると「老化現象だ」と捉え始める人も多いのではないでしょうか?

身体の酸化を加速させる原因のひとつは、体内に過剰発生する「活性酸素」。活性酸素は細胞にダメージを与え、細胞の老化を加速させてしまいます。

加齢とともに細胞が老化していくことは自然の摂理ではありますが、人によって老化スピードが早い人もいれば遅い人もいます。

では、なぜ老化スピードは人によって異なるのでしょうか。詳しく考えていきたいと思います。

酸化スピードの違いは「活性酸素」が関係している

活性酸素は「ストレス」「紫外線の刺激」「不規則な生活」などによって大量に生産されるため、活性酸素を大量に発生してしまう生活環境下にいる人はそうではない人に比べて「老化しやすい」といえます。

活性酸素が体内に大量発生しているということは、それだけ「身体が酸化している」ということ!

活性酸素の大量発生は健康的な細胞を攻撃してしまうため、身体の機能が円滑に運ばなくなり、体調不良や病気など「老化現象」として現れやすくなります。

紅茶には身体の酸化を防ぐ「抗酸化作用」がある!

細胞を攻撃して身体を酸化させてしまう活性酸素。若々しい身体やお肌を保つためには「活性酸素の除去」が欠かせません。

紅茶に含まれている紅茶ポリフェノールには活性酸素を除去してくれる働き(抗酸化作用)があるため、身体の中から若々しい健康美を目指せる成分として注目されています。

ここでは、紅茶の抗酸化作用について、具体的にどのような働きがあるのかを紹介していきたいと思います。

緑茶よりもポリフェノールが多い

緑茶に含まれている成分「カテキン」にも抗酸化作用は期待できますが、紅茶には発酵を経て発生する「紅茶ポリフェノール」が含まれています。

紅茶ポリフェノールは緑茶のカテキンよりも分子量が多く、より優れた抗酸化作用が期待できると考えられていますよ!

ちなみに、紅茶に含まれるポリフェノールの量は100ml中40〜200mgと幅が大きく、紅茶の種類や製茶環境によっても異なります。

できるだけ良質の茶葉を選ぶと、ポリフェノールも多く配合されているかもしれませんね。

「糖化」を抑制

紅茶ポリフェノールは、肌の老化を促進させる「糖化」を抑制する働きがあります。

そもそも糖化とは、身体の中でたんぱく質と余分な糖分が結合すること。結合して生成された物質は分解されにくく、細胞や髪・骨などに蓄積します。

蓄積した物質は全身の老化を促進させてしまうことから、糖化は老化につながる厄介な物質として位置付けられています。

紅茶ポリフェノールはそんな糖化現象を抑制させてくれるため、身体の中から健康美をサポート!

美肌効果

抗酸化作用が高い紅茶を取り入れることで、美肌効果が期待できます。

先ほど、紅茶には「糖化を抑制する働きがある」とお伝えしましたが、糖化を抑制すると美肌につながりやすくなります。

なぜなら、お肌のコラーゲンは、糖化してしまうと構造が壊れてしまうから!

コラーゲンの構造が壊れてしまうと皮膚のハリが低下したりたるみやシワにもつながりやすくなったりしてしまいます。

糖化を抑制してコラーゲンの構造をしっかりと守ることができれば、若々しい美肌のサポートにも効果的です。

抗酸化作用が高い紅茶の種類は?

抗酸化作用の高い紅茶の見分け方は、ずばり「紅茶ポリフェノールが多く含まれている」紅茶です。

しかし、販売されているほとんどの紅茶には、ポリフェノールの含有量など記載されていません。

そこでここでは、誰でも簡単にできる「抗酸化作用が高い紅茶の見分け方」を紹介します。

紅茶ポリフェノールの含有量を調べる方法は?

紅茶と一口にいっても、栽培された国や環境・製茶状況によっては、同じ種類でも味わいや香りが異なるものです。

味わいや香りが異なれば含有成分も異なるもので、そうなると「抗酸化作用の効果」にも差が出てくるのは当たり前ですよね。

抗酸化作用の働きの元になっている「紅茶ポリフェノール」ですが、ある研究では「茶葉を栽培している土地における1日の温度差」が大きければ大きいほど、紅茶ポリフェノールの量が増えたという結果が出ているそうです。

抗酸化作用を狙うなら「ハイグロウン」

紅茶ポリフェノールが多く含まれている紅茶は、標高が高く寒暖差のある土地で栽培されている傾向があります。

紅茶ポリフェノールの抗酸化作用を期待したいのであれば、紅茶ポリフェノールが多く含まれている「ハイグロウン産」の茶葉を選んでみましょう。

標高 特徴
ローグロウン
(標高600m以下)
ローグロウンで栽培される茶葉の味はとても濃く、重厚感を感じさせる味わい。渋みが少なくミルクティーとして向く種類も多い。「ルフナ」が有名。
ミディアムグロウン
(標高600〜1200m)
ミディアムグロウンで栽培される茶葉はクセが少なく、飲みやすさが抜群!ブレンドベースとしても相性がいい。優しい味わいの「キャンディ」が有名。
ハイグロウン
(標高1200以上)
標高が高く気温の寒暖差が激しい。茶葉を育てるのに最も適した環境で、最高級の茶葉が多く栽培されている。紅茶ポリフェノールの含有量が多い。「ウバ」「ディンブラ」がおすすめ!

茶園の標高によって「ローグロウン」「ミディアムグロウン」「ハイグロウン」という3つの種類に分けられているため、得たい効果に合わせて茶葉を選んでみるのもおすすめです。

紅茶の抗酸化作用で美しく!酸化を防いで若々しい健康美を目指そう

紅茶には、酸化や老化を抑制してくれる「紅茶ポリフェノール」が含まれています。

緑茶に含まれるカテキンよりも優れた抗酸化作用を発揮してくれるため、エイジングケアを取り入れたい人にはぴったりの飲み物といえますよね!

茶葉の種類によって紅茶ポリフェノールの含有量は異なるため、意識的にハイグロウンの紅茶を選んでみるのもいいでしょう。

【送料無料】linkteaオリジナル飲み比べセット

Linkteaはネパール紅茶をベースにした自然派ブランドになります。

  

今だけ!ネパール産の最高級紅茶を3つ(春夏秋)摘みの紅茶(1,080円)を公式サイトの方限定でご提供いたします!

ダージリンに負けない茶葉で皆さん驚かれております。

ご購入はこちら→
ABOUT ME
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎