紅茶

中国の高級紅茶「キームン」の味や香りの特徴は?

祁門(キームン)という紅茶の種類は中国種の紅茶として世界的に有名ですが、ご存知でしょうか?

キームンはインドのダージリン・スリランカのウバに並び、世界三大紅茶のひとつとしても称されるほど高品質な仕上がりといわれています。

そこで今回は、世界的にも高級品として位置付けられているキームンの特徴についてまとめていきたいと思います。

キームンとは?


キームンとは、中国西部に位置している「安徽省祁門県」で栽培されている紅茶で、キーマンやキーモンなどと呼ばれることもあります。

キームンが栽培されている安徽省祁門県は江西省との境界近くにあり、黄山の南西麓・昌江上流の右岸に位置する広大な自然が広がる土地。

祁門県では1,000年以上も前から質の高い紅茶が採取されるとして有名で、驚くことには860年代・唐の時代に記された書物にも足跡を残しているほどです。

キームンが世界に知られるようになったきっかけは、アメリカで開催された万国博覧会で金賞を受賞してから。

それ以降キームンの高い評価は世界中に拡散され、20世紀初頭には3,000トン以上の輸出量を記録しています。

その後もベルギーで開催された世界食品コンクールで最優秀金賞を受賞するなど、時代が流れても変わらぬ品質の良さを守り続けているキームン。

ただ、世界的にも有名になったことで粗悪品の流通量も増え、巷ではとても賞を受賞したような味わいとはいえない商品も出回っているんだとか!

希少価値が高い上質のキームンは世界的に見ても流通量が少なく、価格も高価になりやすいという特徴を持っています。

キームンの特徴


世界三大紅茶としても有名なキームンですが、まだキームンを飲んだ経験がない人からすると「どんな味なの?」「香りは?」「美味しい飲み方は?」など疑問がたくさん。

そこでここでは、キームンの特徴について詳しくご紹介していきたいと思います。

キームンの味や香りは?

キームンは「紅茶のブルゴーニュ酒」と表現されることがあるほど、複雑な味わいを楽しむことができる紅茶です。

水色は鮮やかな赤色で、穏やかな渋みとほのかな甘みが特徴的。

キームンの香りはよく「スモーキーフレーバー」と表現されることもありますが、スモーキーとは煙で燻製したような香りのこと。

簡単にいえば「煙のような香りがする」という意味ですが、上級茶になればなるほどスモーキーな香りとはほど遠い印象を受けます。

グレードの高いキームンは「バラや蘭のような花の香りがする」「フルーティーな香りがする」といわれることが多く、品質の高さが香りから伺えるような飲み口。

農園が広がる祁門県の山脈では1年の中で約200日間も雨が降るといわれているのですが、雨量が多い影響で農園周辺には霧が発生しやすく、それがキームン独特の繊細な味わいや香りにつながっているんですね!

キームンの美味しい飲み方は?

上質のキームンはフルーティーな香りと渋みの少ない飲み口が特徴的なので、ストレートで楽しむ方法がおすすめです。

ストレートならキームンの味わいや香りをダイレクトに感じることができますし、ほのかな甘みがあるのでお砂糖なしでも飲みやすいはず。

また、濃く入れても渋くなりにくくコクのある飲み口なので、ミルクを入れて楽しむというのもいいでしょう。

比較的流通量の多い中級質のキームンには、独特のスモーキーフレーバーを感じることが多いといわれています。

スモーキーなフレーバーが苦手という場合は、他の茶葉とブレンドしたりミルクティーにしたりして飲むといいかもしれませんね!

キームンの製造工程

キームンはその他の紅茶よりも製造工程が多く、中国伝統の方法を用いて手間暇かけて作られています。

その工程はなんと「全17工程」もあり、中でも品質を決定付ける生葉の等級選別には多くの神経が使われています。

紅茶の味や香りを決定付ける「発酵程度」には最新の注意を払い、乾燥させる工程も「一次乾燥」「二次乾燥」と分けて行うことで、茶葉の香りを十二分に発揮することができる仕上がりに。

その後も「異物除去」「水分除去」「再火入れ」などさまざまな工程が加えられ、商品として完成!

以上の念入りな工程を経て作られることから、キームンは「工夫紅茶」と呼ばれているんですよ。(※工夫とは、漢語で時間と手間をかけるという意味。)

世界三大紅茶のキームンおすすめ3選


「上質なキームンを味わってみたい」と思っても、キームンの流通量は少なく、上質のキームンに出会える確率は低いものです。

そこでここでは、紅茶ブランドの中でも歴史と信頼のある老舗ブランドから発売されているキームン紅茶を厳選してご紹介!

実績のある紅茶ブランドが手がけているキームンは、欄や花の香りのする上質な味わいのものが多いと評判です。

マリアージュフレール T2032 ROI DU KEEMUN (ロワ・デ・キームン)

マリアージュフレールとは、1854年にフランス・パリにて創業された紅茶ブランドです。

高級茶葉のみを使用しているマリアージュフレールでは、約500種類以上の紅茶を揃えているというので驚きですよね!

マリアージュフレールが手がける「ロワ・デ・キームン」は、マリアージュフレールの中でも最高級の位置付けとして有名。

使用されているキームンの茶葉は一般的なキームンとは全く異なり、スモーキーの香りではなく「蘭の花」「果実」のような香りを楽しむことができます。

インターネットなどでは購入することが難しいため、マリアージュフレールの店舗にて購入するか、ホームページから電話にて問い合わせてみましょう。

ロンネフェルト キームン

ロンネフェルト キームン

画像の広告タグ

Amazon楽天市場

https://item.rakuten.co.jp/auc-ronnefeldt/keemun100/
https://store.shopping.yahoo.co.jp/toutouya/00308-5.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title

180年以上の歴史があるドイツの老舗紅茶メーカーであるロンネフェルトの紅茶ラインナップはとても豊富で、世界各国の高級ホテルでも利用されているほどの高い品質も特徴的です。

そんなロンネフェルト社から発売されているキームンのクオリティーも折り紙つきで、安心して上質な味わいを堪能することができるでしょう。

ロンネフェルトのキームンはスモーキーさも感じさせながら、上質茶葉の特徴である花の香りをしっかりと楽しむことができる逸品!

英国女王も愛したといわれるキームンを、心ゆくまで堪能してみてください。

フォートナム&メイソン キーマン

フォートナム&メイソン キーマン

画像の広告タグ

Amazon楽天市場

https://store.shopping.yahoo.co.jp/dansyakudou/das071dspc54.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_img

フォートナム&メイソンとは、紅茶専門メーカーではなく「イギリス・ロンドンを拠点とする老舗百貨店」の名称です。

超VIP級クラスの客層が目立つフォートナム&メイソンでは、置いてあるもの全てが高級かつ本物志向のものばかり!

そんな高級百貨店で販売されているキームンの紅茶も当然一流品で、小さく繊細な茶葉から作られる茶褐色の紅茶は滑らかな口当たりが特徴的です。

英国王室御用達の紅茶としても知られるフォートナム&メイソンが手がけるキームンは、より品質の高いキームンの味わいを堪能してみたいという人にぴったりでしょう。

欄や花の香りが美しい♡キームンは上質グレードを手に入れよう


いかがでしたか?

スモーキーフレーバーと称されることの多いキームンは、実はグレードが高くなればなるほどフローラルな印象を受ける紅茶でしたね。

キームンは世界三大紅茶としても知られている有名な種類ということもあり、中国ではとりあえず「キームンと名付けておこう」と考える生産者もいるようです。

花のような優雅な香りを楽しむためには、ぜひ信頼と実績のある紅茶メーカーが手がけているキームンをチョイスしてみてはいかがでしょうか?

“gift”

Linkteaは紅茶情報を更新していきます!

Linkteaはネパール紅茶をベースにした紅茶を専門販売しております。
リアルタイムで情報の発信や質問にお答えしたいと思い、LINE@をオープンしました。

・最新情報やイベント出店情報
・LINE@限定で無料で商品プレゼント(不定期)
・Linkteaの紅茶で分からないことがある
・購入前に聞いてみたい方
・紅茶を取り扱いたい方

LINE@にてお気軽にお問い合わせください!

“buyer”
ABOUT ME
Aさん
Aさん
アロマテラピー検定1級。 3人の子どもを育てながら、ウェブライターとして活動中! 香りが大好きで、暇さえあれば様々なアロマやハーブティーを楽しんでいます。 好きな紅茶はアールグレイ・ルイボス・フレーバーです◎
人気のLinkTeaの紅茶を皆さまへ

LinkTeaではネパールのお知り合いのオーナーから直接仕入れた紅茶を販売しております。
ネパールの紅茶を美味しさを皆さんにも是非。
\\2019年の茶葉も入荷しました//

▶︎LinkTeaの紅茶とは?