ハーブティー

安らぎのハーブ・リンデンティーの効能やおすすめの飲み方を紹介

ハーブには色々な種類があり、それぞれに効果や効能がありますね。用途によって飲み分けることができれば、美味しく飲みながら美肌や健康の維持を手助けしてくれます。

「リンデン」というハーブをご存知でしょうか?

リンデンは紅茶のブレンドにもよく使われているハーブで、安らぎのハーブともいわれています。

今回はリンデンの特徴や効能・効果、おすすめの飲み方などについてご紹介します。

あなたもお気に入りの紅茶と組み合わせて、オリジナルブレンドティーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

リンデンとは?


リンデンはヨーロッパ原産のハーブで、和名はセイヨウボダイジュといいます。お釈迦様が悟りを開いたことで有名な「菩提樹」の仲間です。

リンデンという呼び名はドイツ語で、英語ではライム、フランス語ではティエールと呼ばれています。ちなみに英語の呼び名のライムは、柑橘系のライムとは別のもので関係はありません。

リンデンの木は高さ40ⅿにも成長する高木で、夏には小さいクリーム色の花を垂れ下がるように咲かせます。寒さに強く高温多湿が苦手な性質で、日本では北海道に多く分布しています。

リンデンのハーブには2種類あり、花や葉、苞を使用したものを「リンデンフラワー」、木の部分を使用したものを「リンデンウッド」と呼んでいます。

鎮静効果が高いハーブで、子供からお年寄りまで安心して使用することができ、昔から身近な薬草として親しまれてきました。

南フランスでは年に一度、薬草商が集まってティユール(リンデン)市が開催されていたり、ヨーロッパの多くの都市では街路樹にも使用されているなど、生活の中に寄り添っているハーブの一つです。

ちなみにリンデンの花言葉は「夫婦愛」です。

リンデンの効果・効能


リンデンフラワーとリンデンウッドの効能はそれぞれ異なりますが、どちらにもリラックス効果があり、クセの無い味わいで飲みやすいハーブです。

リンデンフラワー

リンデンフラワーには、ほのかに甘いマスカットのような香りがあり、リラックス効果や鎮静効果があります。心の鎮静だけではなく心臓の動悸を鎮める効果もあります。

また、ストレスの緩和や頭痛、高血圧、動脈硬化の予防にも良いと言われています。

発汗作用もあり、風邪で熱が出た時などに飲むと代謝を促してくれます。優しい味わいなので、不調の時でも飲みやすくやわらかな口当たりです。

リンデンフラワーは、不安で眠れない時、イライラしている時、落ち着かない時などに優しく癒してくれるハーブです。

クセのないハーブなのでハーブが苦手な方でも飲みやすく、また紅茶との相性も良いのでブレンドティーとしてもおすすめです。

砂糖やはちみつを入れるとより一層美味しく飲むことができます。

リンデンウッド

リンデンウッドは、利尿作用や脂肪を分解する効果があります。体内の老廃物を排出する働きがあるので、むくみ防止やダイエットにも有効です。

また消化促進を促してくれるので、食事と一緒に飲むと胃もたれや消化不良を改善する働きがあります。

香りはほぼ無く、味わいも薄めです。クセが無いのでこちらも紅茶にブレンドしたり、他のハーブと合わせても美味しく飲むことができます。

リンデンウッドは、飲む以外にもバスハーブやハーブチンキ、湿布代わりなど様々な利用方法で親しまれています。

バスハーブは肌をつややかにし収れん効果もあるので、ヨーロッパでは赤ちゃんの産湯にも使われていたようです。

また美白効果もあるので、手作りの化粧水に利用したり抽出液で洗顔したりするのもおすすめですよ。

リンデンを美味しく飲もう!おすすめの飲み方


リンデンはそのまま飲んでももちろん美味しいですが、クセのない味が特徴なので紅茶や他のハーブと合わせても邪魔をしません。

紅茶の茶葉はお好きなものを用意していただいて良いのですが、リンデンの優しい香りや味わいも楽しみたいのであればディンブラやキャンディ、二ルギリなどがおすすめです。

リンデンと合わせるハーブによって、さまざまな用途に合わせたブレンドティーが作れます。

リンデンの基本の淹れ方(2人分)

  1. ティーポットを用意します。
  2. 湯通ししたポットにリンデンをティースプーン2杯と、お湯(95~98℃)を300㏄注ぎます。
  3. 蒸らし時間は3分程度です。味をみてお好みで調節してください。
  4. 茶こしでこして、カップに注いで出来上がり。

シーン別のおすすめブレンド

紅茶や他のハーブと合わせて、シーン別におすすめするブレンドティをご紹介します。淹れ方はリンデンの基本の淹れ方でいれてください。

※紅茶とブレンドする場合は、熱湯を使用してしっかり紅茶の成分を抽出しましょう。

▼ティータイムやほっと一息つきたい時

  • リンデンフラワー/ティースプーン1杯
  • カモミール/ティースプーン1杯
  • ペパーミント/ひとつまみ
  • お湯/300㏄

▼こってりしたお食事と一緒に

  • リンデンウッド/ティースプーン1杯
  • レモングラス/ティースプーン1杯
  • オレンジピール/ティースプーン1/3杯
  • お湯/300㏄

▼おやすみ前のリラックス時に

  • リンデンフラワー/ティースプーン1杯
  • ラベンダー/ティースプーン1/2杯
  • ローズ/ティースプーン1/2杯
  • お湯300㏄

▼紅茶と一緒に

  • 二ルギリ/ティースプーン1杯
  • リンデンフラワー/ティースプーン1杯
  • 熱湯300㏄

リンデンは色々なハーブとの相性が良いので、組み合わせを楽しんでお好みのブレンドティーを作ることができます。

リンデンティーを飲んでリラックスしましょう


いかがでしたでしょうか?

リンデンには花や葉を主とした「リンデンフラワー」と木部分を使用した「リンデンウッド」の2種類があり、それぞれの効能や効果が異なります。

リンデンフラワーは主に、鎮静効果・ストレスからの頭痛、高血圧・動脈硬化の予防・発汗などに効果があります。

リンデンウッドは、利尿作用・脂肪分解・肝機能活性化・消化促進・収れんなどに効果的です。

どちらもほのかな香りと優しいクセのない味わいなので、ハーブティーが苦手な方にも飲みやすいハーブです。

そのまま飲んでももちろん美味しいですが、他のハーブや紅茶と合わせたブレンドティーがおすすめです。

リラックス効果のあるリンデンを飲んで、安らぎのティータイムをお楽しみください。

ABOUT ME
hana_sora
hana_sora
元パティシエのティーインストラクター。今までの知識と経験を活かし、皆様に紅茶の素晴らしさを伝えるため、webライターとして活躍中。美味しい紅茶は人生を豊かにしてくれます。好きな紅茶はダージリンオータムナル
今だけ!LinkTeaの最新情報を更新しています


LinkTeaではネパールのオーナーから直接仕入れた紅茶を販売しております。
出店やセール情報などLINE@の方限定情報を今後発信してまいります!

LinkTeaのLINE@はこちら